介護離職からのおひとり様快適生活

定年まで数年を残して介護離職したのち、父を自宅で看取り、その二年後に母も天国へ。風の時代の上昇気流に乗りながら、日々の暮らしでの気づきと心象風景を綴っています。

旅行日和

風の散歩道分かれ道



初夏の日差しの気持ち良さと、

木々の間を吹き渡る風。

IMG_6946

理屈抜きに、

気持ち良いし、

IMG_6947

心地よい。


肉体感覚が、

IMG_6948

薄れていく感じ。



風の散歩道。


そして、

IMG_6949

分かれ道。


古民家を、

IMG_6944

遠くに眺めたり、

川沿いを、

IMG_6952

歩いたり。






ブログランキング・にほんブログ村へ





 

年を取ることは、いろんなものを失うこと



僕は、

若い頃の不摂生がたたり、

中年期から部分入れ歯なのですが、

反省後は、

口腔ケアは、

しっかり。


そうは言っても、

加齢とともに、

歯も、

さらに失われていくでしょうし、

失うのは、

歯だけでは、

ありません。


当然のことながら、

若い頃には難なくできたことも、

できなくなる、と。


4月に富山方面に行った、

3泊4日の旅行で思い知ったのは、

もはや、

その長さだと疲労がたまりすぎる、と。


今回、

1泊の新潟行きにしたのは、

IMG_6797

そんな理由もあってのこと。


いろいろな風景を見たとしても、

IMG_6873

IMG_6886

IMG_6891

結局は、

IMG_6899

IMG_6902

IMG_6900

自分と、

向き合うための旅。



ブログランキング・にほんブログ村へ




僕たちは誰もが独りぼっち



僕たちは本質的に、

誰もが、

一人ぼっちなのです。


このことに、

早く気付いた人ほど、

その後の人生は、

楽に生きられるようになります。


だって、

それが、

真実、

ですから。


さて、

新潟には、

タワーとも呼べる高層建物で、

しかも展望室があるものが、

僕の知る限り、

3つあります。


最初に行ったのは、

IMG_6804

朱鷺メッセのタワー。

IMG_6805

IMG_6807

佐渡汽船に一番近いのは、このタワーですね。



次に行ったのが、

IMG_6984

NEXT21。

IMG_6985

IMG_6986



そして最後に行ったのが、

IMG_7007

新潟日報社。 

ここの良いところは、

IMG_7008

椅子が楽ちんなところ。

IMG_7011

企業と、タイアップしているのかな。



高層タワーって、

その屹立ぶりが、

孤独っぽくて、

いいですよね。



ブログランキング・にほんブログ村へ




沼垂(ぬったり)テラスでまったり



初夏の日差しの中、

沼垂テラスへ。

IMG_6810

IMG_6811

沼垂テラスは、

若手起業家たちが、

リノベーションした、

レトロな長屋通り。


IMG_6812

IMG_6815

初夏の日差しが、

あまりに気持ち良いので、

沼垂テラスでまったりしようと、

思った次第。


沼垂テラスは、トイレもオサレ。

IMG_6816

この一番手前の建物がトイレですが、外観を調和させている感じ。


そして、

こちらのオサレなカフェで、

IMG_6817

珈琲を飲もうと思ったのですが、

休業日だったため、

IMG_6825

店の前のベンチに座り、

持ち歩いている凍らせた水で、

水分補給。

IMG_6820


珈琲は飲めなかったのですが、

こちらのお店で、

IMG_6827

ソフトクリームを買って、

食べました。

IMG_6828

あとは、

雑貨を眺めたりして、

のんびり、

まったり、

過ごしました。



ブログランキング・にほんブログ村へ




人生の終着駅



人は誰しも、

生まれた瞬間から、

死への旅路の途上にあります。


人はこの世にあらわれ、

いつしか、

この世からいなくなる、と。


誰もが知っていることですが、

そのことに、

深く向かい合う人は、

稀です。


6月5日と6日の二日間、

新潟に行っていました。


最寄り駅の始発に乗り、

大宮に着いたのは6時少し過ぎ。


4月に富山に行ったときには、

7時からしか店を開けていなかったマックが、

6時開店になっていたので、

IMG_6782

新幹線に乗る時間まで朝マック。


すでに早朝から、

パソコンをカタカタやっている人や、

資格試験の勉強なのか、

テキストを広げている人もいたりして、

それぞれが、

自分のやるべきことをやっている感じ。


マックを出て駅に向かうと、

IMG_6783

バスを待つ高校生の群れ。


そこにある日常。


新幹線に乗り、

IMG_6784

車窓を眺める。


最初の停車駅、

越後湯沢は、

二十代の一時期、

暮らしていたところ。


その後、浦佐、長岡、燕三条を経て、

終点の新潟へ。


上越新幹線の終着駅は新潟ですが、

僕の人生の終着駅についても、

思いを馳せました。

IMG_6831

新潟街歩きの途中に見かけた老夫婦。



ブログランキング・にほんブログ村へ



ライトレール天国と夜の街



昨日は、

友人のIさんと、

隣の市のコモディイイダの、

屋上駐車場で待ち合わせをし、

近くの公園で語り合い。


僕が今回の旅の、

新幹線内でのことを話したら、

Iさんも、

寝台車でのエピソードを披露。



さて、ライトレール天国の富山市ですが、

ライトレール沿線に住んでいれば、

ほぼ都内と変わらない利便性。


コンパクトシティ的には、

ほぼ完成形ではないかと、

思っています。

IMG_6608

以下は、

ライトレールを撮った写真の一部。


IMG_6617

IMG_6633

IMG_6634

IMG_6635

IMG_6678

IMG_6680

IMG_6739

IMG_6740

IMG_6741

IMG_6742

IMG_6743

IMG_6744

IMG_6745

IMG_6746

IMG_6747

IMG_6748

IMG_6749

IMG_6750

IMG_6751


夜の繁華街エリアも、

IMG_6681

コンパクトな感じ。





ブログランキング・にほんブログ村へ





美味しいものを適量だけ食べる



今回の富山旅行では、

食べている途中で、

写真を撮り忘れたことに気づいたりして、

まあ、いっか、みたいな。


それでも、

撮り残ったもだけでも、

アップしてみます。


まずは、

初日に行った氷見市での食事。

IMG_6433

どこで食べるとも決めていなかったのですが、

たまたまお昼過ぎ頃に、

漁港の近くを通りかかったので、

IMG_6432

IMG_6434

寄ってみた感じ。


あとこれは、

二日目の夜だったか、

IMG_6568

富山駅前ビルに入っているとんかつ屋さん。


同じビルの一階にあった、

魚料理店の刺身定食、

IMG_6636

これは三日目の昼だと記憶しています。


偶然立ち寄った店でも、

たいていどこもおいしいので、

最近はガイドブックで調べたりはしませんね。 



ブログランキング・にほんブログ村へ





海からの風



電鉄富山駅から上市経由で中滑川へ。

上市駅で、

IMG_6692

スイッチバック。


滑川市を入れて、

IMG_6695

今回巡ったのは、

氷見市、

高岡市、

射水市、

富山市の5市。


まずは、

海のほうへ。

IMG_6699

IMG_6701

IMG_6709

IMG_6711


そして、

海沿いを、

IMG_6716

歩く。


鳥も、

IMG_6717

パチリ。


IMG_6719

言葉よりも、

感覚。


感覚が研ぎ澄まされて、

拡大していく感じ。


ただ、

肉体は、

加齢もあり、

スローペースで歩く。


いずれは、

この肉体も、

脱ぎ捨てるときがくる、と。


海風が、

IMG_6720

気持ち良い。 




ブログランキング・にほんブログ村へ





スローペースで生きていれば心地良くいられる



高岡から富山に移動してからは、

ライトレールを活用。


去年も登った展望塔横には、

IMG_6579

IMG_6580

今回は大型タンカーが横付け。

IMG_6581


また、

去年はスキップして行かなかった、

IMG_6597

北前船廻船問屋森家に立ち寄ろうとしたら、

IMG_6598

それはならず。

IMG_6599

IMG_6601

IMG_6607

IMG_6604

ライトレールで市街地まで戻り、

今度はバスで、

街から離れた所へ。


なかなかすっきりとした形での、

IMG_6620

山並みを見ることはできず。


市街地に戻り、市役所の展望塔へ。

IMG_6658

ガラス越しですが、何とか見えるかな、と。


IMG_6675

1人旅は、スローペース。


スローペースで歩き、

生きていれば、

心地良く、

いられますからね。



ブログランキング・にほんブログ村へ





海王町と海竜町とシド・バレット



朝、ホテルを出ると、

IMG_6519

すぐに万葉線に乗り込む。


IMG_6520

終点の越ノ潟駅から、

船着き乗り場へ。


去年とは逆のコースをたどります。


去年は、

新湊大橋を渡って向こう側に行き、

船でこちら側に戻るというものでしたからね。


今回は、船で、

IMG_6521

IMG_6522

IMG_6523

IMG_6524

IMG_6526

向こう側へ。


せっかく、

向こう側に来たのですから、

IMG_6527

少し歩きます。

IMG_6531

IMG_6532

海竜町では、

ソーラー発電所を見たり、

IMG_6538

IMG_6539

公園でくつろいだり。


今度は渡し船ではなく、

IMG_6542

橋を歩いて渡ります。

エレベーターで、上の歩道まで。

IMG_6543

IMG_6544

IMG_6546

海王町に戻りました。


海王丸パークに向かいます。

IMG_6550

晴れていれば、海越しの立山連峰が見えるのですがね。


IMG_6554

IMG_6555

IMG_6556

海は、世界に、つながっていますね。


海を見ながら、

5月に公開されるドキュメンタリー映画

「シド・バレット 独りぼっちの狂気」

のことを考えていました。


以下は、映画を観た大槻ケンヂの弁。

どんなに若くて才気に溢れて美しくても、あんまり切那的に行き急いじゃよくないよ、とシドが教えてくれるから。で、そのシドが、やっぱり若くて才気に溢れてとても美しいんだよね。




ブログランキング・にほんブログ村へ





最新記事
最新コメント
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
介護離職からのおひとり様ローコスト生活 - にほんブログ村
スポンサードリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • ライブドアブログ