前記事で、

新潟市の、

高層タワーの展望室からの眺めを、

IMG_7003

IMG_7006

お届けしたのですが、

高い建物の展望室に行くと、

その街の四方を、

俯瞰することができます。


これが、

全体を把握するのには、

とても大事。


そしてこれは、

人生にも、

あてはまると、

思っています。


主観どっぷりの人生だと、

疲れてしょうがない、と。


大波小波に翻弄され、

まさにその人生は、

浮草のごとき頼りなさと、

なってしまいます。


そうした周囲に翻弄される人生から、

脱するには、

高い視点を持つことが肝要。


自分の視点を、

はるか上空の高みに置き、

自分の場所、

立ち位置を眺めるのです。


そして、

諸々の事象を、

自由尊重、の3つの観点から俯瞰します。


他者との関係性も、

この3つの視点から点検します。


「愛があるか、自由があるか、尊重しているか」


これは、

他者にも向けるし、

自分自身にも向ける観点です。


愛と自由と尊重の3つの視点から、

自分の人生を、

照らすのです。


自分自身を真に愛するからこそ、

他者の重要性も見えてくるし、

自然発生的に、

同じ仏性を宿す相手に対しても、

尊敬や尊重する気持ちが、

生じてくるようになります。


このことを、

深く掘り下げて記述すると、

膨大な量になるので、

今回は、

簡潔に、

要点のみを話してみました。



ブログランキング・にほんブログ村へ