最近はよく、

投資詐欺の話を、

テレビなどでも報じていますが、

とりわけ深刻なのは、

老後資産を持っていかれるシニア層の被害。


シニア世代になってから、

有り金をすべて持っていかれると、

もはや再起は難しい、と。

IMG20240420123531


投資詐欺急増の陰で、

特殊詐欺も、

投資に絡めたものが、

増えているようです。


以下は、

埼玉県上尾市で起きた事件。


 20日、上尾市に住む91歳の女性が「株の投資で儲かったが税金を払えず捕まってしまう」などと長男を名乗る男からのうその電話を信じ、現金5100万円をだましとられたことがわかりました。警察によりますと、上尾市に住む91歳の女性は20日午前10時ごろ、長男を名乗る男から「友達と株の投資をやってもうかったが、税金を払わなかった。もうかったお金で払おうとしたがお金が下ろせない。払えないと捕まって刑務所に行く」などと電話を受けました。話を信じた女性は自宅を訪ねてきた法律事務所の職員を装う女に、自宅で保管していた現金4500万円を渡してしまいました。さらに長男を名乗る男から「友達がお金が足りず税金を払えない。俺も捕まるのであと500万円用意できないか」と再び電話があり、女性は自宅付近の路上で、法律事務所の職員を装う同じ女に現金600万円を渡しました。女性は自宅に戻ると長男本人に電話し、被害に気付いたということです。

うーん、 この91歳の女性、

4500万円もの現金を、

自宅で保管していたことにも、

驚きです。


だって、

昨今、

強盗事件が、

増えているじゃないですか。


現金を、

自宅に置いておくなど、

もってのほか。


持っていていいのは、

せいぜい10万円までで、

万が一強盗に入られたら、

その10万円を渡して、

命を守ることが肝要。


自分の命と財産は、

自分で守るということを、

徹底したいものです。




ブログランキング・にほんブログ村へ