老後2000万円問題というのが、

独り歩きして、

それを基準に不安になる人もいれば、

貯金ゼロでも、

どこ吹く風で暮らしている人もいます。


事程左様に、

経済感覚というのは、

人それぞれ。


不安を感じる人は、

どこまで行っても不安がついて回るし、

太平楽な人は、

どこにいても、

のんびりしたもの。


以下は、今朝読んだあるじゃんからの一部抜粋。 

数年前にDV夫と離婚しました。元夫が放漫経営で借りた1億円近い借金の肩代わりをすることが離婚の条件でした。気に入らないことがあれば、どなりちらし家のものを壊す元夫と、離婚さえできればお金のことは後から考え自分で自己破産手続きをすればいいと思い、債務超過の会社を引き継いで借金を背負いました。当初は毎月の赤字と多額の借金に思い悩み鬱病を発症し、死ぬことばかり考えていました。子どものために生きなければと踏ん張り、新規事業を立ち上げたことが功を奏して、会社は大きく黒字転換しました。借金もほぼ完済し、ある程度の資産もできましたが、子どもたちの将来が気がかりで心が休まることがありません。子どもは2人とも発達障害があり、社会人として適応していけるのか、適応できない場合、子どもの老後まで含めて私が面倒を見なければと考えると、どれだけ稼いでも足りない気がしてくるのです。


ううーん、どれだけお金が必要かは、

人それぞれ、という、

見本のような相談。


この相談者は、

金融資産が8000万円以上あるだけでなく、

毎月の収入も高額ですが、

不安の種は尽きない、と。


ちなみに僕は、

この相談者の、

10分の1の貯金もありませんが、

自分一人を養えばいいだけなので、

お気楽な立場。


で、何が言いたいかというと、

単純に貯金がいくらあるかだけでは、

人の経済的な安心度は測れないよね、ということ。

IMG20240310144457

人には、

人それぞれの、

レッドラインがある、

ということでしょうね。



ブログランキング・にほんブログ村へ