僕がどれだけ愚かな人生を生きて来たかは、

このブログ内で、

何度も語っているので繰り返しませんが、

端的に言うと、

その失敗の配当は、

実は、

晩年になってからこそ受け取れる、

ということ。


新宿のホテル勤務時代、

時々顔を出していた飯田橋の英会話カフェで、

リタイアした男性と話していた時のことです。


その人が言うには、

定年退職してみて、

いかに自分が、

会社という囲いの中で生息していたか、

ということが身に沁みてわかった、と。


会社内での出世こそが、

すべてだった人生を終えてみると、

何とも空しい、と。


どんなに出世したところで、

ひとたび会社から放り出されてみれば、

そんなものは、

何の価値もない、と。

IMG_6321

僕のように、

社会に出てから、

横歩きばかりしていた人間にとっては、

会社の束縛のない、

自由の身になってからこそが、

生き生きとした人生。


会社員人生としては、

失敗の多かった僕ですが、

その配当を、

シニア世代になってから、

受け取っています。





ブログランキング・にほんブログ村へ