吉高由里子さんが主演した、

「わたし、定時で帰ります」でも描かれていたように、

長らく、

日本社会は、

サービス残業が当たり前でした。


その結果、

体を壊し、

中には廃人になる人もいたほど。


僕が今、

何とか健康が保てているのも、

そうした過酷な会社からは、

速攻で逃げて
きたからだと思っています。

CIMG1425

僕が介護離職するまで働いていたホテルは、

一番長く勤務した職場でもあり、

僕でも勤まる程度の労働負荷だったのです。


新宿というロケーションもあり、

よく、

CMやドラマの撮影で使われていたのは、

過去記事でも何度も言及した通り。


僕自身、

仕事の合間に、

そうした撮影に何度も立ち合いましたが、

退職後、

あれ、

これは僕が勤めていたホテルの屋上じゃね、

というプロモーションビデオもあります。


それは、

バックナンバーのハッピーエンドという曲のそれ。


ドラマやCMの他に、

プロモーションビデオの撮影も、

結構やっていました。


で、話を戻すと、

2分58秒あたりから3分13秒までの短いカットですが、

これ、たぶん、

僕の勤めていたホテルの屋上。


唐田えりかさんが、

屋上で振り向く場面、ね。



ブログランキング・にほんブログ村へ