日々の暮らしに「楽しい」がないと、

人生から活気が失われていきます。


だから、

どんな状況にあっても、

その中から、

少しでも、

楽しい要素を見つけ出していくことが肝要かな、と。


昨日は、

近所のスーパー銭湯に免許証を見せ、

お風呂に入った後は、

誕生日サービスの生ビールで、

IMG20240313131345

一人でお祝い。


人間は、

究極、

一人で生まれてきて、

一人で死んでいくのですから、

一人でも楽しく生きる工夫が必要です。


四面楚歌、という言葉があります。

これは、

四方が敵だらけの状況を表しています。


孤独な状況というのは、

自分だけが、

一人ポツンと取り残されている感覚です。


大なり小なり、

人は、

孤独を感じるように、

できています。


理由は、分離、にあります。


分離とは、

大いなる源からの分離です。


平たく言えば、

神からの分離です。


敬虔なクリスチャンが、

どんなに過酷な状況にあっても心に平安があるのは、

神を求め、

統合に向かおうとするからです。


僕は、

キリスト教は好きではないので、

クリスチャンではありません。


平安を得るのに、

クリスチャンである必要はありません。


神への祈りや平安は、

クリスチャンだけの特権ではないからです。


一人が寂しいときは、

その周波数を手放します。


手放して手放して、

向かう先は、

源の意識、です。


それを、

神と呼びたい人は、

呼んでも構いません。


自分がしっくりくる呼び方でいいのです。


シルバーバーチは、大霊、と呼んでいます。


その大霊や源の意識に、

より近い存在が、

ハイヤーセルフ、です。


そして、

そのハイヤーセルフは、

自分自身でもあります。


その、

より源の意識、

大霊、

神に、

より近い存在であるハイヤーセルフ(霊界にいる自分自身)と、

繋がることが、

最高にして最適な統合であり、

分離(孤独)からの脱却法です。


この事実に気づいた人は、

神社や教会に行く必要はありません。


パワースポットだと思って行った神社で、

不成仏霊に憑依されて、

より不幸になっていく人も、

いますからね。


触らぬ神に祟りなしとは、

よく言ったものです。


わけのわからないパワースポットに行くよりも、

自分の中にこそ、

神への道があるよね、

という話でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ