ひさしぶりにあるじゃんで、僕の経済事情と比較的近い人の相談を見つけました。

自分とあんまりかけ離れている人の相談は、

見ていてもしらけますからね。 
 0-07

で、以下が、その内容。


▼相談者

ととにゃんさん(仮名)
女性/会社員/53歳
関西/借家

▼家族構成

猫1匹

▼相談内容

諸般の事情と自身の怠慢で貯蓄ができておらず、この2年で老後資金を貯めだしました。この調子で貯めることができれば60歳時には640万円貯蓄できる予定です。60歳からは再雇用になり、65歳までは働くことは可能ですが、給与が下がりボーナスがなくなるので貯蓄は難しくなります。

65歳からの年金額は月額11万円の予定。できる限り働き続けて、貯蓄したお金は増やしたいと思います。健康状態に問題はなく、かなり丈夫な方だと思います。年に風邪を1度ひくかひかないか程度。老後の資金をさらに増やし、家族に負担をなるべくかけず、一人で老後の人生を生き抜くマネーアドバイスをお願いします。

20210406-00029919-argent-001-1-view
(1)住居について
相談者コメント「猫を飼育しているので、ペット飼育可能物件に居住していますが、飼育しなくなれば、府営市営住宅などに転居してもいいと考えています。ただ、可能な限り猫を飼育し続けたいと思っております。相続できる実家はありません」

(2)加入保険について
・本人/生命保険(終身タイプ。80歳まで更新可能。死亡保障200万円、医療特約・入院日額5000円)=毎月の保険料3760円
・火災保険=416円/月

(3)通信費の内訳について
・格安スマホ:2500円
・スマホ端末代:3300円
・ネットプロバイダ料:210円
・NHK受信料:2230円

(4)趣味娯楽費の内訳について
・猫飼育餌代、ワクチン代など:6670円、ペット保険:5330円

(5)年金について
年金額はねんきん定期便データによる
64歳から年額54万2369円
65歳から年額133万939円
66歳から年額139万8147円

64歳から一生涯、年金基金年額9万3000円

iDeCo(個人型確定拠出年金):72万円(元本確保型)

(6)ボーナスの主な使い道について
相談者コメント「全額48万円を貯蓄としているが、家電買い替えなど不測の事態には取り崩すことになります」

(7)お勤め先について
相談者コメント「退職金はありますが、寸志で15万円程度になります。再雇用制度限界年齢65歳までは働き、65歳以降も何かで働き続け、年金受給しながら月額3万~6万円程度は収入を得たいです」

(8)ご家族について
50代の兄弟がいる


うーん、これに対するFPのアドバイスは以下の3点。

アドバイス1:60歳までに、できるだけ貯蓄し、投資は控える
アドバイス2:年金受給までの期間は、年30万円程度を取り崩し
アドバイス3:65歳からは年金+バイトでOK。生活の楽しみも見つけて


うーん、ここからは、僕の感想。

年金をもらえるようになっても、

アルバイトは必要なのかなあ、ということ。

ニャンコを飼っているようですが、ペットは癒しになると同時に、

高齢になると医療費もかかり、家計を圧迫します。

僕自身は、今後もペットを飼う予定はなし。

自分の家計を見れば、

そんな余裕がないことは一目瞭然、ですからね。


あと、気になるのは、50代の兄弟がいるとのこと。

良い兄弟ならば問題はありませんが、

足を引っ張る兄弟であれば、それもリスクになりますからね。


ただ、この方は年金自体は僕より多いので、

節約力に磨きをかければ、やっていけるかと思います。

堅実に生きていれば、

生活が破綻することはありませんからね。




世の中には、才能がありながら、

20代で亡くなる人もいるのですからね。