介護離職からのおひとり様快適生活

定年まで数年を残して介護離職したのち、父を自宅で看取り、その二年後に母も天国へ。風の時代の上昇気流に乗りながら、日々の暮らしでの気づきと心象風景を綴っています。

天国は死後に行くものじゃない



天国は、

死んでから行くものだと思っている人がいますが、

それは間違い。


まあ、

間違ってもいいんですよ、

ノープロブレム。


人は、

何回も生まれ変わって、

魂修行していますからね。


今、

わからなくたって、

良いんです。


天国って、

今天国にいる人が行くもの。


わかりにくいですか? 


斎藤一人さん的に言うと、

今幸せな人が、

幸せな人。


天国も、同じ。

IMG20240620100519

今、

天国的に生きている人が、

死後、

天国に行くの。


きわめてシンプル。 


40代の頃、

本も出しているカトリックの神父と、

話したことがありますが、

この単純な真理が、

彼はわからなかったですね。


神学を勉強し過ぎて、

教条主義的になっていて、

素朴な信仰が、

わからなくなっている人でした。


聖書に、

善きサマリア人のたとえがありますが、

クリスチャンでない人のほうが、

主イエスに近かった例を、

僕は、

たくさん見てきました。



ブログランキング・にほんブログ村へ




消えた年金が返ってきて大いに助かった我が家



父の介護が必要になり、

介護離職する前ですが、

まだ新宿のホテル勤務時代、

一通の葉書が。


それは、

消えた年金に関するお尋ね。


何しろ古い話なのですが、

戦前戦中に、

父がまだ北海道の伊達市にいた頃の年金。


支払った期間もわずかだったらしいのですが、

父に訊くと、

確かに支払っていたとの返事。


そこで、

記憶にある範囲で、

必要事項を記入して返信。


そして後日、

220万円ほどのお金が、

振り込まれました。


これには、

当の本人も、

僕もびっくり。


消えた年金が発覚した時点で、

父はすでに80代。


つまり、

20年以上の不払い期間があったため、

支払った期間はわずかではあっても、

それだけの金額になったのでしょう。


そのお金は、

父を連れた旅行代や、

父の葬儀費用にもなりました。


IMG20240524121817

そのとき、

僕が思ったのは、

出エジプト後のマナの話。


モーセが、

エジプトを出てカナンの地を目指す中、

民はたびたび不平を言い、

飢え渇きますが、

神は天からマナを降らせるというもの。


僕の家にとって、

その消えた年金が、

まとまった金額でやってきた時、

僕は、

天からの恵み、

まさにマナだと思いました。


この時のマナは、

きわめて印象的でしたが、

僕の人生を振り返ると、

つらいときや大変な時、

天からマナが降ってくるように、

助けられたことが何度もあります。


で、

何が言いたいのかというと、

消えた年金の通知が来た時には、

かなりの確率で該当するので、

わかる範囲で記入して、

返信すると、

良いことがあるかもしれません。



ブログランキング・にほんブログ村へ




さっぱりと生きさっぱりと死んでいきたい



ときどき、

テレフォン人生相談というのを、

聞くことがあるのですが、

回答者の先生でいちばん好きなのが、

三石由起子先生。


この人は、

威勢がいいというか、

発破をかけるのが上手。


世の中には、

実に多くの悩みがあるものだと、

感心しつつも、

その大半は、

人間関係の悩み。


IMG20240522142204

自分以外の人間を、

どうこうすることは、

お釈迦様でもできません。


その代わり、

自分の人生の主導権は、

100%、

自分が持つことができます。


お釈迦様は、

毒キノコにあたって死にましたが、

その死に際も、

実にあっさりしたもの。


それは、

まさに、

自己決定権100%の人生を、

生きていたから。


さっぱりと生き、

さっぱりと、

死んでいきたいものです。





ブログランキング・にほんブログ村へ




最新記事
最新コメント
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
介護離職からのおひとり様ローコスト生活 - にほんブログ村
スポンサードリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • ライブドアブログ