介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

OY氏

悲しみが4つ重なって眠ることができず


昨日は、いろいろなことがありすぎた日でした。

一昨日の夜、介護中の従兄弟から泣きの電話が入り、相談に乗りました。その内容は介護と、自分自身の社会復帰について。

可能なかぎりのアドバイスはしましたが、電話を切ったときには、朝方近くになっていました。

で、その一昨日の昼間は、その親戚の従兄弟の家で介護の手伝いをしていたのですよ。

そのときには泣きを見せずに、夜、一人になって不安になったのでしょうね。

朝、少し寝てトイレに起きた時には天気も良かったので、友人Oにメール。

この友人Oも、もう4年余り90代の母親の介護をしていて、木曜日がその母親がデイサービスに行くので、彼にとっては貴重な自由時間のある日。

以前から、木曜日のいずれかの日に、一緒に飯能へ行こうと言い合っていたのですが、どうせなら天気がいい日がいいと思い、延び延びになっていました。 

飯能の行き先は、双極性障害で障害者年金をもらいながら暮らしているOY氏のアパート。

彼の母親もまた、介護が必要なのですが、彼が障害者であることがこの場合は幸いして、優先的に特養に入れたため、彼自身の介護の負担はゼロ。

ただ、自分自身が双極性障害であるため、その苦しみは本人にしかわからず、じつは、そのOY氏はブログを書いており、更新が9月14日で止まったままになっていることも、気になるところではありました。

で、友人Oにも、そのOY氏のブログを読んでもらったのですが、これは、暗にSOSを出しているのではないか、との彼の推理もあり、昨日、訪ねてみることにしたのです。

OY氏のアパートに着いたのは午前11時過ぎ頃で、普通の生活者ならば、もう起きていてもいい時間。

しかし、アパートの2階の彼の部屋はカーテンが閉ざされ、いない気配。

念のためにと、呼び鈴を押すと、しばらくしてから彼が姿を現しました。

まずは、生存確認ができて安心はしましたが、とても家の中に入れてもらえる状況ではないことが、玄関ドアの隙間から見て取れ、彼も、やっと話ができるような状態だったので、少しだけ立ち話をして引き上げました。

まずは生存確認ができただけでも良しとしようと、友人Oとも言い合い、少し散策。

帰りには、友人Oがまだ行ったことがないというので、どうせ帰り道の途中だからと、ムーミンバレーパークのあるメッツァビレッジへ。

 IMG_3963

つかの間の介護の合間の時間にくつろぐ友人Oを顔が映らないように配慮して背後からパチリ。

介護が日常の彼にとっては、つかの間の非日常。

友人Oも、母親がデイサービスから帰ってくる15時までには戻らないといけないので、滞在1時間ほどで帰宅。

友人Oの車は僕の家に停めてあるので、僕の家から、彼自身の車で帰っていきました。

その後、朝から何も食べていなかった僕は、米をといで炊飯器をオン。

ご飯が炊きあがるまで、一杯飲もうと思い、イカの塩辛と冷やっこを肴に焼酎をロックで飲みながら、前夜から朝方まで話し込んだいとこの介護のこと、また、今日訊ねたOY氏の母ももう認知症が進んでOY氏が特養を尋ねても彼が誰だか認識できないこと、そしてまた、友人Oがもう4年にもわたって一人で介護してきたこと(別に暮らす姉は家を訪ねてきても介護は一切手伝わないとのこと)など、僕自身は介護は終わっているとはいえ、そうした他者の介護状況に思いを馳せると、日本全国ではどのくらいの家族が介護にかかわっているのだろうと感傷的にもなりました。

なんだか少し気持ちが重くなり、焼酎のロックの2杯目を飲んでいるときに、タクシードライバーのMさんから電話がありました。

チワワのちなみちゃんが危篤らしく、今家に帰る途中なのだが、酸素ハウスを作るのを手伝ってほしいという内容のようでした。

英語での説明書なので、僕がいると助かるとのことだと理解しましたが、すでにアルコールが入っていて、さらには昨夜からの寝不足もあり、まずは車の運転はできない状態なので、行くとしたら自転車になるが、酔って自転車に乗るのもそれもまた危ないだろうと判断し、申し訳ないが今は行くことができません、と答えました。

実は、一昨日、親戚の家に行ったのも、本来はその日に行く予定ではなかったのですが、タクシードライバーのMさんから、パソコンのことで、わからないことがあるので手伝ってほしいと言われ、急遽、11月2日に、予定を入れたのです。

本来は、その日は、親戚の介護に行く日でしたが、親戚には予定を変更してもらっていたのです。

そうしたことまでは、説明しませんでしたが、僕もフラフラの状態であり、丸一日ご飯も食べていないので、食事をしたらすぐにでも寝ようと思っていたところだったのです。

そうした間の悪さもあって、Mさんの要請にはこたえることができませんでした。

わかりました、と言って電話を切ったタクシードライバーのMさんでしたが、そのおよそ2時間後、ちなみちゃんが亡くなりましたとのメールが。

以前ラッキーが急死した時のタクシードライバーのMさんの落胆ぶりを知っているだけに、その悲しみはいかばかりだろうと推測し、しかし、ラッキーの場合と違い、ちなみちゃんの場合は、高齢で目も見えなくなっており、それなりの覚悟はしていたのではないか、とも思え、ラッキーの時ほどの落ち込みがなければいいのだが、と、心配しつつも、たとえ酒を飲んでいたとしても、歩いてでも僕も駆け付けたほうが良かったのかとも悩みました。

レンタルでは費用がかさむからと、酸素ハウスを購入したのはだいぶ前の話で、当然のことながら組み立ては済んでいると、僕は思いこんでいました。

それに、酸素ハウス購入後に僕に何度も会っているのですから、組み立ての手伝いが必要であればそのときに言ってくれれば解決済みだったはずです。

何度か、タクシードライバーのMさんに酸素ハウスのことを聞いたこともあり、そのときは、今は使っていません、との話でしたが、使ってはいなくても、いつでも使える状態にしてあるのだろう、とは思っていたのです。

ところが、いきなりの電話でこれから組み立てるという話を聞き、意味がよくわからなかった僕は何度か聞き返したのですが、なぜ危篤状態になるまで組み立てていなかったのだろうという疑問は横において、まずは酒を飲むのをやめて、駆け付けるべきだったのかと、反省もしましたが、アルコールの入った心臓のどきどきする状態で歩いて訪ねていったとしても、僕に何ができただろうとも、思いました。

犬も、高齢になるといろいろな病気が顕在化してきて介護が必要になるし、人間と同じなのだなあ、とは、思いました。

一昨日からの従兄弟の泣きの電話も主に介護の話で、共にOY氏を尋ねた友人Oも4年にわたる介護で彼は淡々とはしていますが姉からの協力も得られず大変な思いをしているはずで、そしてOY氏は双極性障害があるために幸か不幸か認知症の母親が優先的に特養に入れて経済的にも労力的にも負担はなく、そしてまた、高齢犬であるちなみちゃんの死。

わずか一日でこれだけのことが重なると、前日からの寝不足もあり、体は疲れているのだとは思いますが、タクシードライバーのMさんの悲しみを思うと、僕も眠ることができず、一睡もしないうちに、結局この時間になってしまいました。

これから少し眠れるかどうか、わかりませんが、とりあえずは横になっておこうと思います。



初老男たちの集いは、今後何年続けられるのだろう


昨日は、ほぼ、恒例化しつつある、年初の集いが、我が家でありました。

今回は、鬱状態が回復できないでいる、OY氏は欠席し、昨年は用事で来ることのできなかったMK氏(皆野町)が、参加してくれました。

実は、MK氏(藤沢市)は、もう一人いて、こちらは去年も参加したほうのMK氏。

そして、いつも僕を歴史研究会に連れて行ってくれるKM氏は、川越から電車を乗り継いでの来場。

で、計4人での懇親会に。


この、恒例化しつつある年初の集いも、各メンバーの高齢化も進み、いつまでできるかはわかりませんが、そもそもこのメンバーのサークル母体は、高校時代からのものであり、しかも、クラスも、学年もバラバラで、あえて言えば、文芸部、もしくは、生徒会、が、その触媒とも考えられますが、それ以外のつながりもあり、わけがわかりません。

まあ、縁、なのでしょうねえ。


ということで、昨日の10時前後にゆるゆるとはじまった懇親会。

まったりと、寿司などをつまみながら、車で来た人はソフトドリンクを、電車で来た人と家主である僕は、ビールなどを飲みながら、ゆるゆると話しましたよ。

IMG_2977

まあ、話をしだすと、長いのでねえ。

寿司がだいぶなくなったころに、メインをピザに変えて、


IMG_2978

ビールがなくなったら、ソフトドリンクに変えて、ゆるゆると飲み、ゆるゆると話す。

話すは、放す、にも通じで、解放、にもなりますね。

だからみんな、話したがるのでしょうねえ。

そんな、ゆるゆる懇親会は、夕方まで続き、日が暮れるころに散会となりました。

その後は、僕も、まったりして何もする気が起こらず、まったくの、ぐうたらな一日でした。

まあ、今日は、少し、気持ちを引き締めないと、明日から、仕事ですからねえ。



3つの博物館をめぐって意外に疲れたという話


昨日、11月23日は、飯能市立博物館で、KM氏とOY氏と落ち合い、特別展へ。

IMG_2832

うーん、残念ながら、特別展の撮影は、NGだってよ。

IMG_2834

特別展を見終えて、ベランダから、飯能河原方面を見る。あいにくの曇天。

これから、どうするよ、と話し合い、入間市博物館に行くベエ、ということに。

で、その途中、うどん屋さんに立ち寄り、


IMG_2835

こちらは、春菊の天ぷらをのせた天ぷらうどん、500円、を食べ、博物館へ。

IMG_2840

うーん、今は海なし県の埼玉県も、昔は、海があったのねえ。

入間市と言えば、茶どころなので、お茶関係の展示もありましたよ。


IMG_2843

IMG_2845

IMG_2846

各国のお茶ルームの比較も、おもしろく、いちばん下のは、イギリスですが、イギリスで暮らしていたことのある僕にとっては、少し懐かしさがよみがえってきましたよ。

IMG_2855

紛らわしいのは、入間市博物館のほうで、狭山茶の歴史を紹介している点ね。

IMG_2849

一緒にまわった、KM氏とOY氏。

この後、さらに、ダメ押しの狭山市立博物館へ。


IMG_2856

狭山市は、新潟県の津南と友好的らしい。

そぼ降る雨の秋の一日、3つの博物館を回って、少々お疲れ。

美術館にしろ、博物館にしろ、あるいは、その他の見どころにしろ、一度に多くの情報を入れると、脳が処理しきれないのか、疲れることがあります。

まあ、僕の、寄る年波の体力と、脳のスペックの問題もありますが、何はともあれ、久し振りに、非日常を味わえた一日でした。


断捨離後の我が家に初老の男4人

昨日は、不定期ながら、だいたい年に1度くらい集まる、懇親会が我が家で催されました。

集合時間は10時。

歴史研究会で世話になっているKM氏が、まず10時前に到着。

その後、神奈川県から来てくれたMK氏が白い愛車で到着。

さらにその後、同じく去年、歴研にも、参加したOY氏が到着。

我が家の2階のほうが日当たりが良く暖かいのですが、大きなテーブルがあるのは一階、しかもキッチンが近いほうが都合が良いので、一階でゆっくりと会話が始まりました。

各自、乾きものの食べ物などを持参してくれたので、僕が用意した分と合わせ、テーブルには菓子類が並び、ソフトドリンクで会話。

僕だけは、発泡酒と、途中から焼酎のお湯割りを飲んでいました。


老後の話になり、県庁を退職し、今は歴史と聖書研究にいそしむKM氏が、経済的には安定しているようでした。

一方、MK氏は、僕と同じで転職が多く、さらには厚生年金の加入年数も少ないので、年金受け取り予想額は僕よりも少ないようでした。ただ彼は、現役で働いており、70歳くらいまでは継続雇用されるようで、老後は、仕事を続けることを基本に考えているようでした。

今は障害者年金をもらって暮らしているOY氏は、最後の定期預金を解約し、そのお金をソープで使い切ったあとは、生活保護に逃げ込む計画だとのことでした。彼は持ち家なのですが、今は持ち家でも生活保護が認められるようだとのことでした。

皆、それぞれに、老後のことを考えていることがわかりました。


それ以外には、健康の話、昔の話、などなど、まあ、それを書いていくときりがないのでこの辺にしますが、のたうち回って散会となったのは、外も暗くなる17時過ぎで、7時間以上も話をしているうちに、短い冬の日は暮れてしまいました。

そして断捨離後、困ったことが一つ。

昨日、とっておきのワインを開けようとしたら、コルクに突き刺すワインオープナーも断捨離していたことに気づき、開けられず。

これは、昨日電車で来たKM氏と飲もうと思っていたのですよ。円谷プロ好きのKM氏も喜ぶジャミラのラベル。フィールズの株主総会でもらった非売品です。

うーん、このワインを開けるのは、後日となりそうです。

今年2度目の歴史研究会は城跡めぐり

今年1度目の歴史研究会は、6月22日で、この日は板碑や古墳めぐりをして、古代への思いを深めました。

実は9月に、2度目の歴史研究会があったのですが、その日は日頃世話になっているAさんの不動産売買契約の付き添いをすることになり、やむなく不参加となりました。

そして昨日は、会としては今年3度目ですが、僕自身としては2度目になる歴史研究会となりました。

今回は、OY氏は体調不良で不参加となり、歴研主催者のKM氏と僕の2名での会となりました。

まずは、松山城跡へ。


IMG_1545

その後、菅谷館跡へ。

IMG_1562

IMG_1573

どこの城跡にも、こうした空堀が見られます。

そして、今回は、KM氏も初めて行くという小倉城跡へ。


IMG_1583

この小倉城跡は、急勾配を上ったため、息も絶え絶え。歴史通のKM氏も、この城跡はそれまで一度も来たことはなかったそうです。

その後、杉山城跡へ。


IMG_1588

IMG_1589

杉山城跡は造りが複雑で、敵から容易には攻め込まれないものになっていました。

この杉山城跡を立ち去ろうというときに、歴史好きのお爺さんにつかまってしまい、その講釈を聴くことに。いかにも、迷惑そうなKM氏も無下に断ることもできず、しばらくはその話に付き合っていましたが、秋の日の暮れるのは早いので、何とか話の腰を折らない程度にして、お暇し、最後の鉢形城跡へ。


IMG_1634

僕が二十代の頃に来たときとは、だいぶ様子が違って、整備されていた鉢形城跡でした。

IMG_1639

この日、歴史に疎い僕の専属ガイド役も兼ねてくれたKM氏の後ろ姿。

歴史研究会に参加して

昨日、21日は、かつて盛んに活動していたサークルの中の一つ、歴史研究会に参加しました。

これを主宰するのは、今年県庁を退職したKM氏。

歴史研究会の活動が最も活発だったのは、今から30年以上も前の二十代の頃でした。僕は、当時から、ただついていくだけでしたけどね。

そして、昨日、そのKM氏と、今は自宅で療養生活を送っているOY氏と僕の三人で、そのOY氏の車で、歴史的史跡巡りをしました。


IMG_1260
KM氏とOY氏の後ろ姿

OY氏は、3人分のホットコーヒーを自宅でつくって、それぞれのタンブラーに入れてくれていました。そのコーヒーを飲みながら、史跡をめぐりました。

IMG_1263
板碑が食い込んだ御神木

IMG_1272
神社前の茅の輪

河童の三平が出てきそうな風景の中を、車で、あるいは、徒歩で、巡りました。

IMG_1275
高さ2メートルを超える板碑

今回は、僕も、板碑について、新たに学びました。

KM氏は、歴史と聖書に造詣が深く、一緒に歩いて回っているだけで、知らずに教養が身につきます。

僕の住む埼玉県中西部は、古墳も数多くあり、また、新田義貞が、鎌倉に攻め上った鎌倉街道などもあり、かつての時空を感じました。


最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ