介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

過労

挫折に強いこともスキルの一つ

電通の新入社員の過労自殺の記事を読んで、胸が痛みました。

以下は、ヤフーニュースからの引用です。

「仕事も人生も、とてもつらい。今までありがとう」--。昨年のクリスマスの早朝、東京で1人暮らしの高橋まつりさんから静岡県に住む母幸美さん(53)にメールが届いた。あわてて電話し「死んではだめよ」と話しかけると、「うん、うん」と力ない返事があった。数時間後、高橋さんは自ら命を絶った。

 高橋さんが中学生の時に両親が離婚。「お母さんを楽にしてあげたい」と猛勉強して東京大に入り、電通に入社した。だが高橋さんのSNSの書き込みは昨年10月以降、「体も心もズタズタ」「眠りたい以外の感情を失った」などと深刻になった。「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」などと上司からパワハラ発言を繰り返されていた様子も書かれていたという。

過労から鬱になり、自殺したのでしょう。過労が鬱を引き起こすことは、想像できます。僕も、疲労が蓄積していくると、精神的にも落ち込みます。そうしたことを周期的に繰り返してきました。

僕の場合、どうにもならなくなったら、最後は逃げました。それが、転職の数の多さとして履歴には残っています。

世の中には本当に理不尽なことが多いし、死ぬほど働かされることもあります。個人差はありますが、本人が死ぬほど苦しいのであれば、その人にとっては明らかに過労であり重圧なのです。

この彼女の場合は、「お母さんを楽にしてあげたい」と猛勉強して東京大に入り、電通に入社した、のですから、そうとうの努力家です。怠け者のはずがありません。

それまで順調に努力が報われてきた人生だったことが、逆に弱さになってしまったように、僕には思えます。会社を辞めるという選択肢を、彼女は最初から排除していたのかもしれません。そのような狭さを感じます。

人生のどこかの段階で、挫折というものに慣れるというか、耐性を持っておかないと、やばい局面というのがあります。できれば10代のうちに一度くらいは挫折をし、乗り越えた経験があるといいのです。

すでに自殺してしまっているので、残された母親の気持ちを考えると、やり切れません。

もし彼女がもう少し柔軟に考えることができ、会社を辞めて別の人生を歩み、「電通なんかクソだぜ」と言って、見返すようなこともできたらよかったのに、と思わずにはいられません。

しかし、過労の状態で、やめる選択も考えられず、過労と精神的苦痛が重なって鬱となった後では、柔軟な発想は無理というべきでしょうか。難しいです。

何日か前の記事でも書きましたが、本当に過労死ほど馬鹿らしいことはないので、死ぬくらいなら逃げましょうと、若い人たちには言いたいです。人生いたるところセイザンあり、ですよ、まじで。

過労が原因だったら、悲しすぎます

 山陽道での多重事故が報じられた時、真っ先に頭に浮かんだのが、過労、の二文字でした。

 運転していたのが、50代の女性とのことでした。
 この容疑者は逮捕前、警察に「ぼーっとして運転していた」と話していたようですが、このぼーっとしてしまうということは、僕も、仕事中、ときどき経験しています。
  
 僕の仕事は、ビジネスホテルの営繕及び設備管理でしたから、すぐに大きな事故につながるということではありませんでしたが、ボイラーを扱ったり、高いところに上ったり、また、地下ピットで作業したり、天井裏を這い回ったりするので、それなりに危険は伴いました。通常は、緊張が眠気を遠ざけますが、それでも、疲れがたまってきたり、寝不足であったりすると、集中力は途切れがちとなります。

 トラックドライバーの方は、疲労が蓄積しすぎると、運転中に、意識が飛ぶ、といったこともあるようです。

 まだ、この50代の女性ドライバーが、過労運転であったかどうかはわかりませんが、その可能性は高いように思います。トラック業界は、休みも少なく、長時間勤務が常態化していると聞きます。

 過労で働いている人は、もちろんトラック業界以外にも、大勢いるとは思いますが、過労が事故につながり、本人だけでなく、他者も巻き添えにしてしまうところに、ほかの業種以上に、悲劇性を感じてしまいます。

 この50代女性は、気丈な頑張り屋さんだったのかもしれません。生活を背負い、ストレスを背負って、頑張っていたのかもしれません。もしかしたら、借金も背負っていたかもしれません。過労でも、ハンドルを握らなければならない事情があったのかもしれません。

 すいません。少し、感情移入しすぎました。だけど、きっとまじめな人だったような気がしてなりません。

 トラックドライバーに限らず、過労から事故や病気を引き起こしてしまう人たちというのは、総じて、まじめです。

 僕は、もうこれ以上仕事を頑張れないという時は、可能な範囲で、手を抜いていました。それを、身を守るすべであると、自分を納得させてもいました。

 その考えは、今でも間違っていなかったと思っています。
 
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
  • ライブドアブログ