介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

自治会

正しいことより楽しいことを選ぶ



今日のタイトルは、

今年の僕のテーマでもあります。


今の世の中、

自分の中の正しさ、

自分流の正義感に酔っている人が多い、と。


マスク警察もそうですし、

レジなどでやたらと切れる老人もそう。

朝生でブチ切れた田原氏もそうかもしれず、

自分の枠の中の正義が、

あるのでしょうね。


実は、

これは僕の中にもあって、

人のことは言えません。


さて、2022年最後の日は、

今は亡き両親、

そして弟の、

墓参りに行ってきました。


天涯孤独の僕としては、

墓じまいも視野に入れつつ、

まだ動けるうちは墓参りをして、

今は亡き家族との語らい。


墓参りの後、

そのまま帰宅しても良かったのですが、

ふと、思い立って、

塩船観音に立ち寄りました。

山の頂上には、

塩船平和観音が立っています。


IMG20221231130752

塩船平和観音への道。 

IMG20221231130845

観音様の足元から来た道を振り返ると、

IMG20221231131236

こんな感じ。

IMG20221231131310

頂上からの風景。

IMG20221231125549

塩船観音の概観図。


大晦日は人も少なく、

内省には、うってつけ。


これが翌日の元旦ともなれば、

人があふれかえるのだろうなあ、と。

露天商の屋台も、

すでに5つほど並んで、

明日の賑わいに備えて、

待機している状態でした。


僕は新年の初詣は、

人がだいぶ少なくなった頃に、

ひっそりと行きます。


そしてこの新年は、

元旦も二日も、

家で内省し、

瞑想的に過ごしました。


つまり、

今年になってから、

まだ一歩も、

外に出ていません。


玄関のドアすら開けないつもりでしたが、

元旦にピンポンが。

ドアを開けると、

回覧板を持った近所の主婦が立っていました。

回覧板でケガをしたと、

血の付いた手の指を見せ、

仮補修しておいた、と。


見ると、

回覧板のホチキスで止めてあるところが、

わずかに鋭利化している部分があり、

そこに皮膚が引っかかった模様。


ああ、それは大変でしたね、

こちらが気づくべきでしたと言い、

すぐにさらにガムテープを張って補修しました。


あ、僕は、去年の4月から自治会の班長で、

今年の4月になれば班長は別の人になりますが、

自治会の役員は継続します。

2年間が、受け持ちなのですね。


ということで、

元旦に一度玄関ドアを開けたほかは、

外の空気すら吸っていない、

新年になってからの僕ですが、

今日はこれから、外出予定。


ただ、基本は、家にいることが多く、

静かな生活に浸っています。


静かな生活、

静かな暮らしが、



好きです。





月10万円以下の僕の年金からいくら天引きされるのか



昨日はブログをアップした後、

自治会の廃品回収の作業があり、

作業終了後、かつやへ。

ロースかつ定食を605円でいただき、

遅めの朝食兼早めの昼食。

かつやは、たまに、

安く食べられるキャンペーンをするので、

ローコスト生活を送るに際しては、

アンテナを張っておく必要があります。


さて、今日は、年金の話。


僕は今、経過措置にあたる、

特別支給の厚生年金を、

貰っています。


2か月に一度の支給で、9万円台後半。

人に話すときには面倒なので、

10万円だと話しています。


すると、月の年金額は5万円。

 来年3月に64に、

そしてその一年後には、念願の満額。


満額でも、月に10万円に届きませんが、

計算しやすいように10万円だと、

いくら引かれるかを調べてみました。


そうした中、

ちょうどタイムリーな記事を見つけました。

その人は、僕より多い月12万円の年金。

これを参考に、試算してみます。


「65歳からもらえる年金は、月12万円ほどになる予定です。税金や健康保険など、どんなお金が、いくら天引きされますか?」(64歳・独身・新宿区在住)

A:国民健康保険料(約1380円)と介護保険料(4160円)の合計約5540円が、年金から天引きされます

老齢年金を受け取ると、次のような税金や社会保険料が年金から天引きされることになります。年額18万円以上の年金を受け取れる人が対象です。

【1】所得税・復興特別所得税

【2】住民税

【3】国民健康保険料(75歳まで)

【4】後期高齢者医療保険料(75歳以降)

【5】介護保険料

老齢年金は、公的年金等控除額を控除することができます。令和4年度の公的年金等控除額は、65歳未満:60万円、65歳以上:110万円となります。その他に全員が一律で基礎控除(48万円)を受けることができます。相談者のように65歳以降、月額12万円(年間144万円)の年金のみを受け取る場合は、以下の通りです。

●144万円-110万円(公的年金等控除額)-48万円(基礎控除)=▲14万円

課税所得金額は0円のため、所得税はかかりません。

住民税は、住んでいる自治体によって異なります。例えば新宿区の住民税は、所得のある人が一律に負担する均等割と、その方の所得金額に応じて負担する所得割がありますが、住民税が課税されない一定の基準があります。

令和4年度現在では、単身者の場合、前年中の合計所得金額が45万円以下の方は住民税がかかりません。相談者が前年も年金月額12万円(年間144万円)のみを受け取っていたとすると、ここから所得控除などを引いた所得金額は45万円以下になるため、住民税はかからないということになります。

国民健康保険料も住んでいる自治体によって異なります。例としてですが、相談者が在住の新宿区の国民健康保険料は、基礎賦課額(医療分)と後期高齢者支援金等賦課額(支援金分)と介護納付金賦課額(介護分)があり、それぞれに均等割額と所得割額があります。これら全てを合わせて国民健康保険料としています。

令和4年度の保険料率は以下の通りです。年金が月額12万円の相談者は、課税所得額は0円となりますので、均等割額のみとなります。

●医療分4万2100円+支援金分1万3200円=5万5300円

新宿区の均等割額には、軽減措置があります。たとえば、均等割額が7割減になる条件は、総所得金額が【43万円+(給与または年金所得者の合計数-1)×10万円】以下の場合です。一人暮らしの場合は、

43万円+(1-1)×10万円=43万円

となります。相談者は、一人暮らしで、年間144万円の年金収入のみだとすると、ここから所得控除などを引いた総所得金額が43万円以下となるので、7割減の適用を受けることができます。よって、均等割額=5万5300円×0.7=3万8710円(年額)が免除となり、国民健康保険料は5万5300円-3万8710円=年額1万6590円(月額で約1380円)となります。

介護保険料も住んでいる自治体によって異なります。相談者は、新宿区における世帯全員住民税非課税区分(本人の課税年金収入金額とその他の合計所得金額を合わせて、120万円超)に該当しますので、基準額(6400円)×0.65=4160円(月額)、年額では4万9920円となります。

したがって相談者が65歳から、月額12万円の年金から天引きされる金額とは、国民健康保険料が1380円+介護保険料が4160円=5540円となります。

今回の試算はあくまでも概算です。詳細は住んでいる自治体へ確認しましょう。


うーん、今回のAll About 編集部の記事は、

大変ためになりました。

自治体によって、

多少違いはあるものの、

僕の場合は、

この相談者よりも少ない年金ですから、

天引きされるお金は、

概ね5000円程度と思っていればいいのかも。

IMG20211113154359

手取りで、

9万円ほどの年金は、

もらえそうです。


さらに増やしたければ、

繰り下げ受給もあるし、

いろいろ考えていこうと、

思っています。




この世のことが重たい



昨日は、

体調も崩して、

吐き気すら覚えました。


そうは言っても、

夜には自治会のミーティングがあり、

何も食べずに出席。


仏教に、色心不二の教えがあります。

心と体は、互いに影響し合っている、と。


僕は、

今でこそ、

それなりに図太くなりましたが、

若い頃は霊体質で、

他者からの影響を受けやすく、

よく寝込んでいました。


それも有って、

仕事が長続きしなかったのでしょう。

タフでは、

ないのですね。


タフではないからこそ、

睡眠4時間が続く、

統一教会の専従生活も、

2年で脱落し、

結果的には、

それが、

幸いしました。


柔弱謙下。

僕が老子に惹かれるのは、

弱い者のほうがに近いから。


僕は、

HSPとまでは言いませんが、

世の中の矛盾や、

不条理を見るにつけ、

この世のことが重たくなります。

IMG20211113153602

おそらく、

今後、

生命エネルギーの衰えとともに、


ますますこの世のことが重たくなり、

この鈍重な肉体を脱ぎ捨てたいと、

思う頻度が、

多くなるのでしょう。



寿命があるうちは、




生きますけどね。





自治会の活動とアルバイトが重なって



昨日は、町の一斉清掃日。

自治会役員の今年は、

年々高齢化が進み、

清掃に出られない人もいる中、

単に出たくないから出ない人に、

どのようにすれば出てもらえるかを考え、

回覧板を回すときの文章に、

工夫を凝らすなどの努力を、

それなりに積み上げてきました。


その甲斐あって、

昨日の清掃日には、

春の時よりも多くの人が参加。

役員は7時半ごろから準備を始め、

最後の片づけまで終えるとお昼近くに。


その後、

IMG_5420

家で朝食兼昼食を食べ、

請負アルバイトの検針へ。


検針員をしていても、

小さな気づきがあります。


あれ、何か、微妙にアパートの人のほうが、

一戸建ての人よりもガス代が高くね、とか。


その話を始めると長くなるので置いておいて、

検針員の業務を終えたのが夕方で、

その後ベイシアに行き、

食材を買い込んで帰宅。


夕食を食べ、

鎌倉殿の13人を見終えると、

何とも眠くなり、ベッドへ。


9時近くに起きて、

今、これを書いています。


これからまた、検針に行くので、

今日は、これまで。




収入の少なさは頭を使うことで補っています



昨日は、

自治会の仕事が3つ重なり、

廃品回収、

自治会館の清掃、

空き地放棄地の草刈りをし、

自宅で早めの昼食を食べたのち、

Iさん宅へ。


Iさんの家には12時半頃に着き、

その後4時間ほどの対話。


Iさんが用意してくれた、

シャインマスカットを食べながら、

主に経済関係のことについて、

話し合いました。


僕は先週、

アメリカ株のある口座から、

2000ドルを円に換金したのですが、

その28万円ほどのお金を、

生活費の支払い口座に移し、

これで4か月は、

生活できますなどと話したのですが、

僕のやりくりは、

少ないとは言え年金、

そして、

これも少ないとは言えアルバイト収入、

そして

日本株アメリカ株の、

少ないとは言え、運用益。


かつて円が1ドル80円だった時に、

ドルにしておきたかったのだが、

そのときは、

子供にもお金がかかるときだったので、

などの話が、Iさんから出て、

いざというときに現金がないと、

投資においても動けないよね、と。


僕の場合は、

アメリカ株を始めたのは5年ほど前で、

そのときは1ドル118円ほどでの換金でした。

で、先週、

ドルを円に換えた時のレートが143.5円。

ざっくり、25円の差益がありました。

2000ドルなので、

これだけで、

5万円の利息を引っ張ってきたのと同じ。

IMG_3907

今回、

住民税非課税世帯に、

5万円が配られるそうですが、

まさに自分年金ならぬ、

自分給付金です。


お金のやりくりをしつつ、

住宅ローンを払いつつ、

ローコストで暮らす日々。


収入の少なさは、

頭を使うことで、

補っています。




森の中の写真展



昨日は、風のハリマオさんの誘いで、

とある写真展に行ってきました。

二つ隣の市の広大な公園には背の高い木々も多く、

写真展が開かれていたのは、

その公園と道を挟んだ、

とあるカフェの中。


民家の一部を店にしたような、

知る人ぞ知るような場所。

公園の木々を借景にして、

あたかも、森の中の写真展。


本も出版されているその写真家は、

風のハリマオさんの先輩のMさん。

以下は、そのMさんの写真展の一部。


IMG20220903120738

IMG20220903111840

IMG20220903111901

IMG20220903120647

おそらく、カエルを撮らせたら、日本一の写真家だと思います。

生き物を被写体にして、写真を撮る大変さは、

風のハリマオさんの撮影を手伝ったことがあるので、

僕も多少はわかります。


IMG20220903121831

IMG20220903121924

カフェのアプローチと入り口。

アイスコーヒーをご馳走になりながら、3人でしばし談笑。

そうしているうちにも、次々に来場者があり、

Mさんの人気の高さがうかがえます。


Mさんに、ブログにアップしてもいいですかと訊くと、快諾。

最近は、あることをきっかけに、

安易にブログにアップすることを戒めていただけに、

Mさんのおおらかさに感謝。


Mさんからは、このような、


IMG20220903132704

しおりのプレゼントもいただきました。


帰りは、途中に立ち寄ったレストランで、

風のハリマオさんからランチをご馳走してもらい、

また、しばしの談笑。


風のハリマオさんは、

土方歳三を尊敬していて、

僕もこの秋は、

また久しぶりに高幡不動尊を詣でたいと、思った次第。


夕方には、自治会のミーティングがあるため、

午後3時ごろに帰宅。


風のハリマオさんのおかげで、

写真家のMさんにも会うことができ、

中身の濃い時間を過ごすことができました。




ここまでやらねばならないのかと思う自治会の仕事



今年は、自治会の役員になっての1年目。

総務という役割を引き受けていますが、

7月は豪雨もあり、なかなかに大変でした。


初めてのことですが、

用水路の水があふれ、

通りに濁流があったらしく、

屋外に置いてある消火器が被害に遭いました。


それを写真に収めた人がいて、

デジカメで撮ったそうですが、

それを印刷して、文書にし、

役所に提出する資料を作るように、

との依頼がありました。


実は、その数日前に、

自治会から預かっているプリンターが、

インク切れを起こし、

ベイシア電気で買ってきたインクと交換後も、

認識されず、丸二日間、プリンターと格闘。


区長に相談し、

新しいものに買い替えることになりましたが、

自治会関連の仕事というか雑用も含めた作業で、

かなりの時間を使っています。


僕は、アルバイトを二つ掛け持ちしており、

それ以外に親戚2軒の介護の手伝いもあり、

リタイアしているとはいえ、

そうそう暇ではありません。

0-89

基本、ブログも、朝、

あるいは午前中に書いて、放置。

ブログは仕事ではないので、

書かない日もありますが、

ほぼほぼ毎日更新できているのは、

書くことが嫌いではないから。


それと今は、統一教会絡みで、

言いたいことが山のようにあるので、

というのもありますが。


さて、それは置いておいて、自治会ですが、

所有者が遠くに住んでいる空き地があり、

先日は、そこの草刈りをしました。


ちょうどその場所は、

小学生の通学路にも接しており、

飛び出した枝をよけながらの通学だと危険だし、

また、通学中の交通事故も懸念されます。


なので、自治会の役員8名ほどで、

日曜日の早朝に枝切と草刈りを実施。


草刈りと言えば、

春と秋には一斉清掃日というのがあるのですが、

5月の時は、自治会に入っている家と、

入っていない家との格差が、浮き彫りに。


つまり、自治会に入っていない家には、

回覧板が回らないので、

一斉清掃日のお知らせが行かず、

出てこない家が多いのです。


自治会に入っていても、

バックレる家があるなか、

出てきた人たちでの清掃となったのですが、

コロナで2年間やっていなかった用水路沿いの草はエライことに。


通常の倍以上の時間を要して作業を終えましたが、皆、疲労困憊。

まじめに出てきた人ばかりがバカを見る状況なので、

秋の清掃日前には、

自治会に入っていない家にも、

お知らせを配るつもりです。


今日お話ししたのは、

自治会活動のほんの一部ですが、

ここまでやらなきゃならんのか、

という案件は他にもあり、

それはまた、次の機会に話します。



 

自治会の活動の利点について



昨日は、春の一斉清掃が終わり、

午後、自分の請負アルバイトをしました。 


今のアルバイトの良いところは、

自分で予定を立てられるところ。

始まりも終わりも、

自分で決められる点が気に入っています。


一斉清掃のほうは、

準備時間も入れると、

3時間半ほどかかりました。

8時に用意をはじめ、

最後の片づけとチェックを終えたのが11時半。


昼食後、自分の仕事を2時間ほどして、

その後買い物に行ったら夕方に。

0-22

一斉清掃の時などは、

普段は顔も知らない人とも話ができ、

隣近所の人間関係が、

わずかではありますが近くなるのは、

自治会の活動の利点でもありますね。



自治会の仕事とアルバイトが重なって



この2年間、コロナの影響でできなかった町内一斉清掃。

実は、今日が、その一斉清掃の日。


そして昨日は、その清掃前の下準備の草刈りを実施。

そしてまた昨日は、僕の請負アルバイトの作業日。

重なってしまいましたが、何とかやり切りました。


僕の請負アルバイトは、

月の真ん中の3日乃至4日が稼働日。


そして、町内一斉清掃は、

5月と10月の第三日曜日。


今年は自治会の班長なので、

その下準備もせねばならず、

ちょっと忙しかったですね。

0-07

今朝も、早めに起きて準備。


まあ、とにかく、

今日の一斉清掃さえ終われば、

一つの峠を超えたようなもの。


何とか、

乗り切りたいと思います。



 

老いに向かう日々の中で



年を取るほど、健康への関心が高まるのは必然。

今年から自治会の役員となり、

たとえば、会費の徴収などで、

家々を回ると、

いろいろな風景が、

見えてきます。


寝たきりの旦那さんの世話をしている老婆、

すでにボケの兆候が始まっている老夫婦、

あるいはまた、

夫を亡くして長らく独り身でいた老婆が、

いよいよ自宅での生活が困難になり、

自治会を退会して施設に入る、などなど。


ただでさえ、自治会は、

退会する者もいて、

高齢化も進み、

その存続そのものが危ぶまれる中で、

僕も今は60代だから、

役員も務まるものの、

次回、80代で回ってきた時には、

どうなっているか、

わかったものでは、

ありません。 

IMG20220420134928

老いに向かう日々の中で、

健康維持の必要性を痛感する、

僕なのでした。




自治会の役員が2年早く回ってきた



順番で巡ってくる自治会の役員。

前回は、親が生きていたころで、

僕も親とは別に暮らしており、

親がやったのだと思います。


おそらくそれは、20年も前のことだと思います。

ただ、自治会は脱会する世帯もあり、

また、高齢化で、順番が回ってきても、

できないと言い張ったりで、

予定よりも2年早く、

自治会役員の仕事が回ってきました。


同じ班から2所帯、

つまり2年間はやるようです。

この3月でちょうど63歳になった僕ですが、
 
つまり、65まではやることになりそうです。


ここでやっておけば、次に回ってくるのは、

おそらく、80代。

天涯孤独のおひとり様である、

天涯孤独者の僕としては、

80代の自分が、

次の自治会の役員をやれるか否かは、

健康次第。

IMG20220218122916

まあ、先の心配はしても仕方がないので、

とにかく、今年と来年は、

アルバイト以外には、

自治会の仕事が加わって、

それなりに忙しくなるのかもしれません。




自治会館清掃と犬の譲渡会

今日は、朝の8時45分から、自治会館の清掃がありました。

まあ、これは、9時過ぎには終わったのですが、僕が、アルバイトで、日曜休みにこだわるのは、自治会の行事はほとんどが日曜日だからです。

おひとり様は近所づきあいは特に大事にしないといけません。

さて、その後、図書館に行き、ライフで買い物をし、家に帰って昼食後、タクシードライバーのMさんの誘いで、🐶の譲渡会に行ってきました。

飯能市の丸広百貨店の8階が会場でした。

小型犬がたくさんいました。

ボランティア団体が、犬の世話をしながら、貰い手を探しているようで、犬好きのMさんは、現在3匹を飼っていますが、新たな家族を探しているようでした。

それぞれの犬の生年月日と、性格などが記載されたカードが壁に張り出され、すでに名前のついている犬が、子供用のプールのような囲いの中で、駆け回っていました。

里親の審査はかなり厳しいようです。

実際に家庭訪問などをして、譲渡できるかどうかを判断するようです。

小さな子供を連れた家族連れや、若い人などが大勢、犬を見に来ていました。

イヌ用のグッズも安く売られていて、Mさんは、それらを購入していました。

僕は、犬を見るのに飽きて、6階の書籍売り場で、しばし立ち読み。

また、8階に上がり、Mさんと合流して、帰宅の途につきました。

家に帰ると、近所の野良猫が2匹、僕の家の車の駐車場でくつろいでいました。

最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
介護離職からのおひとり様ローコスト生活 - にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ