介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

相原求一朗

遠くに行かない生活


最近は、本当に、遠くには行っていません。

2年前に、北海道と沖縄に行ったのが、最後かなあ。

それ以降は、近場を、ほっつき歩いています。

今日は、朝起きたら、曇天。

こういう日は、遠い地に、思いを馳せるのも一興。





北海道を多く描いている、相原求一朗のことは、何度か言及していますが、

top_img


寒々とした風景がむしろ、人の温かみを呼び覚ますようなところがありますね。




川越市立美術館の鑑賞定期券「えみるか」


川越市立美術館には、しばらく行っていません。

僕の家からだと、美術館と名の付くものでいちばん近いのが、川越市立美術館なのですよ。

川越市出身の画家、相原求一朗が好きなので、

 photo_3

特別展のときに、2回ほど行きました。


 

大正浪漫夢通りを通って相原求一朗に会いに行く

 

菓子屋横丁とスカラ座と相原求一朗回顧展


うーん、

 
 

冬の風景が好きな画家らしく、自身も、冬に生まれ、冬に死んだ人、でした。


で、一年間有効の「えみるか」を買えば、1600円で、常設展と特別展が見放題になるのですよ。

たぶん、えみるか、は、絵見るか、の意味なのではないか、と想像しているのですが、まあ、これは良いシステムですね。

美術館好きは、いま流行のサブスク、ではないですが、見放題はありがたい話。

まあ、コロナの様子も勘案しながら、また川越に行ったときは、考えてみましょう。



 

菓子屋横丁とスカラ座と相原求一朗回顧展


めっきり電車に乗らなくなった僕ですが、昨日は2か月ぶりに電車に乗り、川越へ。

IMG_1927

昨日は大正浪漫夢通りは通らずに、蔵造り街を通って、菓子屋横丁へ。

IMG_1929

菓子屋横丁では、テレビクルーが撮影を。

IMG_1935

スカラ座の前を通って、上映作品を確認。

IMG_1936

スカラ座は、いつも味のある上映作品を提供してくれます。

IMG_1937

こちらは次週のラインナップ。

で、川越市立美術館へ向かう。

相原求一朗回顧展第二部を見に行きました。


IMG_1688

前回行ったのは、去年の12月15日。

今回は、第二部。

荒涼とした風景を好んで描いた相原求一朗。満州での生活が、彼の人生に大きく影響を与えているようです。

で、同じく荒涼とした風景が好きな僕にとっては、北イングランドの風景が重なります。

僕がホームステイしていたのは、チチェスターという小さな町でイギリスの南に面した海岸沿いですが、その後旅をして北に向かう途中で、北イングランドのハワースに立ち寄り、スコットランドからまた南下するときも立ち寄ったので、2週間以上は、ハワースにいました。

ハワースと言えば、嵐が丘。荒涼とした原野。

うーん、ここで、相原求一朗とつながったのか。

ともに、荒涼とした原野好きと言うか、さらに言えば、滅びゆく風景に惹かれる、と言うか。

このことは、僕がずっと独り者でいることとも関係があるのかもしれません。

大正浪漫夢通りを通って相原求一朗に会いに行く

昨日、15日は、昼頃から川越に行ってきました。相原求一朗の生誕100年の回顧展があったからです。

IMG_1662

大正浪漫夢通りを通って、のんびり歩きました。

IMG_1665

スターバックスも、小江戸川越風

IMG_1668

第一部の展示が見られます。学芸員のガイドは14時からでした

IMG_1681

帰りは、夕闇迫る蔵造りの街を通って

IMG_1688

通し券を買ったので、次に行くのは、2月か3月になります。

アルバイトをするようになってから、遠くへ行きたい気持ちが薄れています。近くに川越があってラッキー。

また、相原求一朗に会いに行けます。


最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
PVアクセスランキング にほんブログ村
  • ライブドアブログ