介護離職からのおひとり様快適生活

定年まで数年を残して介護離職したのち、父を自宅で看取り、その二年後に母も天国へ。風の時代の上昇気流に乗りながら、日々の暮らしでの気づきと心象風景を綴っています。

尾崎豊

人はどこまで苦しみに耐えられるのか



愛のない家庭に育ち、

統一教会の教義にからめとられ、

祝福を受けたのち韓国へ行き、

その後も苦労が絶えなかった女性の話を、

昨日少ししましたが、

人は、

どこまで苦しみに耐えることができるのだろう、と。


彼女は小柄で体も細く、

でも、心の強さを感じさせる人でした。

弱音や泣き言を、

一度も聞いたことがありませんでした。


マイナスの言葉を発することを、

教団内ではカイン的になる、と言いますが、

彼女がカイン的になったのを、

見たことがありません。


60人ほどが、

一つ屋根の下で暮らしていたわけで、

いろいろな兄弟姉妹がいましたが、

彼女は派手さはなく、

目立たないものの、

芯の強さは感じられました。


貧しい家庭で育ったらしく、

家に居場所もなく、

いつも街をさまよっていた、というのは、

聞いたことがあります。


何しろ、自由時間がなく、

そんなにじっくり話したわけではなかったのですが、

霊の血統圏が近かったので、

他の姉妹よりも話す機会はありました。


霊の血統圏とは、

僕を伝道した人が、

僕の霊の親となります。

そうした霊の血統の、

近いところに位置していた、という意味。


少女時代に不幸だった分、

教会内では、

安住の場所を得ていたのかもしれません。

eb4ac3df135514d6da0dc7f04cc5f654

それと、苦労というか、

苦しみの耐性が、

他の兄弟姉妹たちよりも、

あったのかもしれません。


彼女から、

お金もなく街をさまよっていた頃の話を聞いたとき、

僕は、尾崎豊の歌を思い出しました。


そんな彼女が韓国に嫁いでいったと聞き、

その後も苦しい露呈を歩んでいるとの、

うわさを聞いたとき、

僕はすでにその頃脱会していましたが、

彼女の幸福を願わずにはいられませんでした。


貧乏な家庭に育ち、

愛にも飢えていて、

その後統一教会に入り、

祝福後は韓国の悲惨な家庭での苦労、と、

苦労続きの人生。


祝福前、

相対者(結婚相手のこと)に躓かないようにと、

強く釘を刺されます。


つまり、どんなに性格が屑で、

顔もブオトコで、ハゲで臭くても、

お父様に侍るつもりで仕えなさい、と。


日本の信者は、珍味売り、マイクロ部隊、21修等で、

自己否定に次ぐ自己否定で、

精神的にも肉体的にも鍛え上げられていますから、

よほどのことでなければ音を上げない人が多いのです。


そんな中でも、

彼女はとりわけ芯の強さを感じさせましたから、

相手が屑のような韓国人男性でも、

尽くしたに違いありません。


韓国で苦労しているとのうわさは聞きましたが、

詳細までは、わかりません。

水原(スウォン)あたりに住んでいるとは、

聞いています。


何しろ、恋愛をして、

好き同士で一緒になるのではなく、

文鮮明が決めた相手と一緒になるのです。


奇跡的に相性の良いカップルも生まれますが、

大半は悲惨な過程をたどります。


で、教会は、

うまくいった例しか公表しませんが、

その背後には、

多くの悲惨な結婚生活が横たわっています。


苦労には強い彼女のことですから、

耐え忍びながら、

今頃は良い家庭を築いているかもしれません。


そうであれば、良いのですが。


彼女のことを想うとき、

どうしてもこの曲が、



浮かんできます。




高齢者の4人に3人は悠々自適な暮らし



僕自身は、なかなかのローコスト生活ですが、自分の周りを見回した感想では、裕福な高齢者のほうが多いように思います。

たとえば、昨年5月に辞めたアルバイト先では、僕だけが軽自動車でしたが、他の60代のアルバイト仲間は、エスクワイアやプリウス、に乗っていましたし、年金も、皆、20万円以上貰っていました。

年金は2か月に1度なので、つまり、40万円以上の額を受け取るということ。

まあそのくらいが、だいたい僕の周りの平均かな、という印象。

  IMG_1721

厚生労働省『平成30年国民生活基礎調査』によると、高齢者世帯(65歳以上の者のみで構成、または18歳未満の未婚の者が加わった世帯)の平均所得は334.9万円。

高齢者世帯の所得階層別分布を見てみると、「150~200万円未満」が最も多く12.8%。公的年金・恩給を受給している高齢者世帯のうち、その公的年金・恩給が家計収入のすべてとなっている世帯が半数以上となっています。 一方で、二人以上の世帯の資産を見ていくと、世帯主の年齢が高くなるにつれて貯蓄額と持家率はおおむね増加。世帯主「30~39歳」世帯をピークに負債額は減少していきます。 また二人以上世帯の貯蓄現在高の中央値は、「全世帯」で1,036万円に対して、「世帯主が60歳以上世帯」で1,515万円と、約1.5倍となっています。 所得は少ないものの、十分な蓄えがある、という背景からか、『高齢者の経済生活に関する調査」(令和元年度)』によると、「経済的に心配ない」とする高齢者が全体の74.1%。老後不安などと騒がれていますが、実際は4人に3人は悠々自適な暮らしをおくっています。

しかし4人に1人は、経済的な不安を抱えており、数にすると900万人ほど。


うーん、 今のところ、僕もその900万人の中に入るということなのでしょうねえ。

まあ、僕の場合は、その年金受給にさえ届いていたいので、さらに厳しい生活ではあるのですが。

ただ、僕の場合、住宅ローンが終わってしまえば、年金も資産も少ないとは言え、やりくり力がありますから、経済的な不安はなくなります。

やっぱり、ローコスト生活は強いよね。





僕も、無駄遣いをする生活からの卒業、は、

かなり昔に終わって、今す。






貧しい女性を見世物にするのはどうなんだろうね


僕も、かつては見たことのあるボンビーガール。

今はもう、見なくなりました。

なんか、違和感が、あったのですよ。

そう思っていたら、以下のような記事を見つけました。


うーん、この番組には、北川景子の旦那とか、森泉とか、富裕層出身のタレントが、確か出ていたような。
 
で、竹下元総理の孫にしても、森英恵の孫にしても、貧乏の体験はないわけですよ。

 b0098584_23222978

まあ、彼ら彼女らが、疑似体験として、貧乏とはどういうものかを学ぶ場にはなっているかもしれませんが、何か釈然としないものがあります。



上京ガールには、貧しさに負けず、頑張ってほしい気持ちはあるのですけどね。




老後こそ人のためではなく自分のための人生を生きるべき


内省していて思うのは、良かれ、と思って人にしてあげたことでも、相手によっては、そのことが、その人を甘やかし、誤解させてしまうことがある、ということ。

それだけならばまだしも、さらには、こちらが相手の望むような行動をしないと、逆恨みに近い念まで受けるという不条理に遭遇し、つくづく、人の心は繊細でもあると同時に難しい、と感じています。

その人は、優しく繊細で、人間的にも基本的には良い人で、時間も守るし、話していても楽しい人でした。

だからおそらく、今年に限って言えば、一番多く話した人かもしれません。

多くの時間を共有し、楽しい思い出もたくさんあります。

なので僕としても、本当に残念な気持ちではあるのですが、もう僕のほうでは、その人の要求するレベルの自分を維持することができなくなりました。

僕には僕の事情があり、僕には僕の生活がある、からです。

毎回、その人の気に入るような行動はとれない、からです。

この辺りが、僕の能力の限界、です。

IMG_2981

幸いにして、僕は独り身で、天涯孤独者。

なので、家庭内に、ごたごたはありません。

そして、今は、アルバイト生活ですが、ダメ上司にはたびたび迷惑をこうむっていますが、僕が働いている相手先、つまり僕が雇われている会社から見ると顧客ですが、そこには、いやな人間関係はありません。

つまり、家庭も平安なら、職場も、概ね平安。

なので、あとは、友人関係さえ、 良好で健全であれば、精神的には楽、ということになります。

で、そうした友人関係は、主体的になって、最適化すれば、良い環境になります。

2020年は、本当に変化の年でした。

僕は、今の住環境、生きていくのに必要なお金、適度な負荷のアルバイト、そして、厳選された友人関係、などがあれば、もうこれ以上、望むことはありません。

そして、こうした、最適化した土台の上にこそ、心と体の健康も維持されると思っています。

何と言っても健康こそが、幸福の基本、ですからね。

その意味では、老後こそ、人のためではなく、自分のための人生を生きるべきだと、強く感じています。



それは、僕が僕であるためにも、是非とも必要なことだと、思っています。





最新記事
最新コメント
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
介護離職からのおひとり様ローコスト生活 - にほんブログ村
スポンサードリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • ライブドアブログ