介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

介護離職

新年早々暗い話ですいません

介護離職をして、もうすぐ1年になります。介護離職するまで働いていた会社はビジネスホテルで、ローテイション勤務でしたから、元旦から仕事などということもありました。

そのため、通常の会社勤めのように、年末年始の休暇というものはなく、お正月気分を感じることは少ない環境でした。今は、介護離職しているため、さらに、そうした気分から遠くなり、淡々と日常が過ぎていきます。

年末、二つの会社に職を求めましたが、結果から言うと、仕事には結び付きませんでした。一つは面接で、体よく断られ、もう一つは電話した時点でアウトでした。

友人の花火師で投資家のSさんからも、仕事の紹介をもらいましたが、日程が合わず、その話もお断りしました。

僕の場合、母の介助が優先となります。要介護度5だった父に比べれば、介護というほどの世話は必要ありませんが、介助は必要です。そのため、週に1日、多くても週に二日の仕事がいっぱいいっぱいです。

母と話し合い、介助を優先することになりました。お金は何とかなる、という根拠のない自信が母にはあります。まあ、その点は僕も同じです。

ネットを見ていたら、とても気になる記事を目にしました。

 1日午後10時25分ごろ、東京都港区新橋の路上で、風俗店案内所従業員の男性(54)が、2人組の男とトラブルになり、胸ぐらをつかまれた後に意識を失い、搬送先の病院で死亡した事件で、警視庁は2日、愛宕署に自首してきた2人のうち江東区に住む会社員の男(31)を暴行容疑で逮捕した。 同署によると、2人は案内所近くのゴミ箱を蹴ったと男性に注意され、トラブルになった。男性は心臓に持病があったといい、同署は詳しい死因を調べている。(ニュース記事より)

死んだ男性は気の毒としか言いようがありませんが、僕が同情したのは殺したとされる31歳の会社員男性です。ことの詳細はわかりませんが、胸ぐらをつかんだだけだとしたら、そのくらいのことはよくとは言いませんが、あります。

僕も結構短気なほうで、電車の中で喧嘩したこともあります。まあ、傷害事件にはなりませんでしたが、そうした危険はありました。

新橋は、サラリーマンの街です。飲み屋もたくさんあります。酒を飲み、ごみ箱を蹴るくらいのことはあります。そこで注意され、反射的に胸ぐらをつかむこともあり得ます。胸ぐらをつかんだ相手が、心臓病であったために、ショック死したのだとしたら、不謹慎かもしれませんが、僕は、逮捕された31歳の会社員のほうに同情します。

そうとうな暴行を受けてもしぶとく死なない人間もいれば、ちょっとしたことで簡単に死んでしまう人間もいます。ウサギなどは絶えずびくびくしているため、大声を聴いただけでショック死することもあると聞いたこともあります。

僕は、そうびくびくしている人間ではありませんが、加齢とともに、いろいろな免疫が落ちているのか、悲惨な話のドラマや映画は、ストレスを感じて見ることができません。

たとえ胸ぐらをつかんだだけだとしても、暴行には違いありません。それで相手が死んでしまったのですから、暴行致死ということになります。

人生とはなんと不条理なのでしょう。殺したほうの31歳も不運でしたが、殺されたほうの54歳も不運でした。

年齢的には、僕は殺されたほうの方に近いのですが、どうしても31歳のほうに同情してしまうのですね。酒を飲んで小競り合いなんて、たいていの男が経験しているでしょう。詳細がわからずここまで言及していいのかわかりませんが、31歳のほうに、奥さんやまだ小さい子供でもいたら、さらに悲しみは広がります。

これを他山の石とせず、誰にでも目も前に不条理が転がっていることを肝に銘じるべきだと思いました。

年収1200万円からの生活保護への道

 「介護離職」と生活保護を経験した高野昭博さん(61歳)のことが、ネットの記事に出ていたので読んでみましたが、自分との共通点が多いため、身につまされました。

 実名を晒すというのは、勇気があることだと思います。

 もう、吹っ切れている、ということなのだと思います。

 高野さんは「介護離職」をきっかけとして、生活困窮状態に陥り、住まいを失い、路上生活者となったそうです。

 その後、生活保護を経験し、現在は生活困窮者に対する相談業務で生計を立てているとのことでしたが、僕と同じように、一人っ子で、両親の介護を、一人で背負わなければならなかったようです。

 住まいも同じ埼玉県で、年齢も近く、ともに一人っ子で独身、さらには、高野さんも高卒だそうで、その学歴で、年収が1200万円まで行ったというのは、よほど、実力があったのだと思います。

 様々な点で、共通点の多い、高野さんと僕ですが、全く違う点もありました。

 それは、以下の記事を読めばわかります。

 週6日の勤務の様子を語る高野さんからは、「働かないと生きられないから働いている」という悲壮さは全く感じられない。相談業務は時に苦労も多いものだが、苦労について話しながらも、高野さんは「動いてないと、おかしくなっちゃう」と楽しそうである。(記事よりの引用)

 早期リタイアしたくて仕方がなかった僕とは、この点は、だいぶ違います。

 「過労死、多かったですよ。食事中に倒れてそのまま死んだ同僚もいました。通勤の帰りがけ、ふらついていてホームから転落して電車に轢かれて死んだ人も、交通事故に遭って死んだ人も。もともと血圧が高かった人がストレスの高い仕事のために外出して、任務遂行直後に倒れて亡くなったこともあります」(高野さん)

 これだけ働いていて、まだ働きたいという精神はあっぱれというか、生命力が強いのでしょう。

 年収1200万円から、介護離職、生活保護、路上生活、そして就労自立。

 高野さん、お互い、無理せずにやっていきましょう。

 

衰えの自覚と、早期リタイア

 要介護度5の、父の介護のために、会社を辞めたとき、僕がほっとした気持ちになったことは、以前にも書きました。

 世間では、介護離職が問題になっていますし、介護離職を、マイナスにとらえる傾向が強いのですが、僕の場合は、逆でした。

 僕にとって、介護離職は、限界を感じていた会社員生活からの、解放だったのです。

 それほど、僕は、仕事に疲れ切っていました。

 もう少し厳密に言えば、仕事と、通勤にです。

 睡眠を犠牲にした24時間の勤務、そして、往復4時間に及ぶ通勤時間。

 それが特に苦痛に感じられるようになったのは、去年からでした。

 今、僕は57歳ですが、衰えをはっきりと自覚したのが、56歳のときで、仕事でも、小さなミスをおかすようになりました。

 ボイラーなどの火器を扱うだけでなく、高所での作業もある仕事なので、ちょっとした不注意が、命取りになることもあります。

 もしかしたら大きな事故を起こすのではないか、そんな不安を感じるようになったのも、56歳を過ぎたあたりからです。

 老いには、個人差があると思います。

 僕の場合は、56歳が、曲がり角でした。

 そうした矢先、父を自宅で介護することになり、会社を辞めたのですが、僕の本心は、「仕事から解放されて、ほっとしていた」のです。

 介護は大変だと、言われますが、ありがたいことに、父の場合は、オムツ交換と、痰の吸引、胃瘻からの栄養注入という、三つのポイントさえ、しっかりとやっていれば、おおむね、問題はありませんでした。

 頭がしっかりしていたことが、何よりも助かりました。

 痴呆で、わけのわからないことを言われたり、ウロウロされるほうが、よほど、大変なのではないかと思います。

 会社員生活を続けることに限界を感じていたちょうどそのときに、父の介護が必要になったのは、僕にとっては、むしろ、恵みでした。

 何はともあれ、無事故で、老朽ホテルの、設備管理の仕事を卒業できたことは、よかったと思います。老いと衰えを自覚し、不安を感じていたときだけに、より強く、そのように思うのかもしれません。

介護離職後に、考えてみたこと

 早期リタイアを計画し、実行に移せる人は、計画性のある人だと思います。
 僕も、定年まで数年を残しての早期リタイアなのですが、それを目指して準備をしてたわけではないので、、最初は戸惑いもありました。

 特に、お金のことですね。
 それまでの給与所得が、ゼロになるわけですからね。

 ただ、しみじみと考えてみたのですが、仕事は、もちろん生活のためではありますが、会社に奉仕するということです。通勤時間も入れると、かなりの時間を、会社という他者のために費やしていることになります。

 今の僕は介護離職し、大半の時間を、両親と自分のために費やしています。

 これは、考え方を変えれば、かなり贅沢なことかもしれません。
 そう考えることで、なんだか、豊かな気持ちになれます。
 どうせ一度の人生です。
 人は、いつ死ぬのかもわかりません。
 そう考えると、人生の持ち時間を何に使うかこそが、最も大切な、考えるべきことなのではないでしょうか。

 先ほども言いましたが、今の僕は、大半の時間を両親と自分のために使っています。年老いた両親の生活リズムに合わせるうちに、僕もずいぶん、会社員時代に比べ、ゆったりとした生活になってきました。
 ゆったりとしたリズムは、体にもいいように感じます。
 計画的早期リタイアではなく、結果的早期リタイアの僕ですが、この、ゆったりとした生活は、とても気に入っています。
最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
  • ライブドアブログ