介護離職からのおひとり様快適生活

定年まで数年を残して介護離職したのち、父を自宅で看取り、その二年後に母も天国へ。風の時代の上昇気流に乗りながら、日々の暮らしでの気づきと心象風景を綴っています。

リタイア生活

早期リタイア貧乏古家暮らしの課題は寒さ対策

昨日訪ねたKの住む家は、廃屋に近い古家です。木造で築60年は経っているでしょう。

木造でも造りがしっかりしていれば、築100年でも躯体部分は問題ありません。現に、うちの本家などは、築80年は経っているはずですが、しっかりしています。806998
Kの住む家は、もともとが売り地として売り出されていました。古家付きの売り地で、古家は取り壊すことを前提に売り出していたものです。

しかしKは、あえてその古家に住むことで、現金支出を抑え、その抑えた分の現金が、彼の生活を支えています。

買った不動産をどう使おうが買い手の勝手なのでそれは良いのですが、この時期、つまり冬における古家の暮らしは、寒いの一言。

特に明日は、関東地方でも雪が予想されており、明日は月曜日なので、寒いからと言って図書館に逃げ込むこともできません。図書館て、だいたいどこも月曜日が休館日ですからね。

で、明日雪が降ったら、通勤にも影響がでそうです。

通勤に影響が出るのは、勤めに行く人ですが、Kも、僕も、寒ければ布団にくるまって寝ていればいいので、その点はリタイア生活者の特権でもあるわけですが、Kのところに羽毛布団はなく、重そうな綿の布団が積み上げてありましたから、おそらくあれにくるまって震えるのでしょう。

重いばかりで暖かくはなさそうですが、それ以上に大変なのはすき間風のほうです。

しかし、そうしたことも覚悟の古家暮らし。

安易な同情は、Kに対して失礼かもしれません。

そうした不如意や不便を考慮に入れても、リタイア生活を選んだのですからね。

僕のような、介護離職による、覚悟も何もない結果的なリタイアではなく、自分の意志で、リタイアを選び取ったことに付きまとう必然でもあるのでしょう。

ただ、彼のような、思索生活を続けている者は、実は暇なようでいて、全然暇ではないことがわかりました。

つまり、体は寝転がっていても、彼の精神は、常に思索の旅を続けているわけで、そういう意味では彼は、旅人なわけです。

で、先日行田に行った話をしたら、田山花袋か、と言ったので、陸王だと答えたのですが、彼は陸王は知りませんでした。

まあ、家にテレビがないので仕方ないのですが、以前はあった古いテレビも映らなくなってから買い替えるのが面倒で、そのままだそうです。

で、田山花袋の書いた田舎教師の舞台が行田と羽生なのです。まあ、それは僕も知識としては知っていましたが、田山花袋は蒲団という小説を読んでいっぺんで嫌になり、つまりあまりにもつまらなかったので、読むのをやめたのです。

田山花袋の話などを一時間もされたらたまらないので、すぐに話題を変えたのですが、どっちに話題を転がしても、哲学か文学か思想か、それに宗教が混じる話なので、難しくなるのですよ。

まあ、多少は僕も相手はできますが、すぐにメッキは剥がれるので、しないに越したことはありません。

彼の暮らしぶりを参考にするのが、こちとらの狙いですからね。

参考にはなりますよ。人は本当に精神的に生きれば、貧乏も苦ではなくなるという見本のような男です。

僕のようなひ弱な男は寒さに震えますが、永平寺の修行僧ならば、あの福井の寒いところで、早朝から起き出して、修行していますからね。

まあKも、修行僧のようなものでしょう。そう思うことにいたしましょう。

リタイア生活は公共サービスを使い倒せ

会社勤めをしていないと退屈かと言うとそういうことは全くなく、毎日が矢のように過ぎていきます。

一昨日は、花火師で投資家のSさんと、午後3時にガストで落ち合い、ビールを飲みながらいろいろと話をしました。今回も、Sさんに御馳走になってしまいました。

昼間からビールを飲み、将来の仕事の話などをしたのですが、そんなことをできるのも、リタイア生活の利点です。

昨日は、また読売新聞からもらった無料チケットで、平成楼に行ってきました。嵐山にある温泉入浴施設ですが、嵐山と言っても京都の嵐山ではありません。埼玉県中央部にある嵐山です。

施設使用料の220円だけを払い(母と二人で440円)、温泉にのんびりつかりました。

実は、町の補助で、いくつかの入浴施設が、割引で入れます。平成楼もその中に入っていますが、読売新聞からタダ券をもらったときはそちらを優先して使います。

町の補助と言っても、それは税金から捻出されています。しかし、大半の納税者は、例えば会社員などは、日々の仕事に忙しくて、そうした補助を使うこともないでしょう。

今日は隣の市の図書館に行ったのですが、年寄りで溢れていました。爺さんが圧倒的に多く、加齢臭が漂いまくっていました。

自分もその発生源の一人かもしれず、人のことは言えませんが、年寄りのたまり場になっている感じです。

昔NHKで、「真剣十代しゃべり場」という番組がありましたが、さながら、「加齢臭爺さんたまり場」という感じでした。

納税者が、昼間の時間、一生懸命働く一方、受益者が昼間からぶらぶらしています。僕もリタイア後は、図書館に行く回数が増えました。

また、町の補助はしっかり使って、温泉入浴の一助にしています。

今度は、町の公民館に、空手の無料講習会に行くことを考えています。4回までは無料とのことなので、4回だけ受講しようと思っています。料金が安ければ続けるかもしれませんが。

いずれにせよ、リタイア生活は、たっぷり睡眠をとっているので、元気です。考える時間もたくさんあります。時間富裕層です。

その時間を使い、公共サービスを使い倒すのが、リタイア生活の醍醐味です。

最新記事
最新コメント
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
介護離職からのおひとり様ローコスト生活 - にほんブログ村
スポンサードリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • ライブドアブログ