介護離職からのおひとり様快適生活

定年まで数年を残して介護離職したのち、父を自宅で看取り、その二年後に母も天国へ。風の時代の上昇気流に乗りながら、日々の暮らしでの気づきと心象風景を綴っています。

ポール・マッカートニー

100万円程度の預貯金は必要不可欠



なんか最近、

日本株が調子よいとのニュースを見て、

僕もわずかですが、

日本株を所有する者として、

それはまあ嬉しくもあるのですが、

僕自身の日本株については、

証券口座にログインしてみたところ、

200万円ほどの投資額に対して、

未だにマイナス13万円ほどが、

青色の字で表示されています。


以下は、金融庁が公表しているシニア世代の金融資産。


50歳代:預貯金683万円。生命保険237万円。個人年金保険147万円。債券24万円。株式325万円。投資信託116万円。

60歳代:預貯金1062万円。生命保険279万円。個人年金保険166万円。債券101万円。株式408万円。投資信託189万円。

70歳代:預貯金1009万円。生命保険246万円。個人年金保険82万円。債券119万円。株式586万円。投資信託226万円。


うーん、 僕は60代なので、

そこに目をやると、

いずれの項目も、

僕は平均以下。


というより、

僕が辛うじて持っているのは、

預貯金と株式のみ。

なので、他の、4項目はゼロ。


それでも何とかなっているのは、

家計を、自己のコントロール下に置いているから。

IMG20230501134221

収支のバランスさえ健全であれば、

預貯金は少なくても大丈夫。


ただ、そうは言っても当面の生活費や、

突然の出費に備えるためにも、

最低でも100万円程度の預貯金は、

必要不可欠だと、




思っています。




固定資産税を公開します



だんまりを続けていたテレビ業界も、

昨日は、ミヤネ屋で、

ジャニーズの闇についても言及。


ミヤネ屋と言えば昨年、

連続して統一教会問題を取り上げ、

他の局が及び腰になるなか、

まあ、頑張ったのではないかと。


ジャニー喜多川が少年たちを操る手法は、

タイプは違えど、

カルト教祖がその職員や信者を、

動かす手口と似たものがあります。


ジャニー喜多川は、

自分が悪いことをしている自覚はなく、

彼の王国内では、

何でも意のままになるという、

万能感に満たされていたのではないか、と。


その力が社外にも及んでいた点は、

教団内でしか尊敬されていないカルト教祖よりは、

影響力は上かもしれません。


まあ、そんな話はこの辺にして、

昨日言ったように、

今日は、固定資産税の話。


固定資産税というのは、

不動産を所有している限りは、

逃れることはできません。


ただ、減価償却というのがあり、

3年に1回だったかな、

見直されます。

IMG20230502084905

建物部分は劣化した分だけ、

資産価値が下がるので安くなりますが、

土地のほうは、

状況によっては上がる場合もあります。


僕の住んでいるところでは、

そんな心配は無用ですが。


で、以下が、固定資産税になります。

IMG_5598

IMG_5597

IMG_5599


建物分が、63053円。

土地の分が、4672円。


あれ、計算が合わなくね、と、

思ったのですが、

25円は、

切り捨ててくれたみたいです。


土地は30坪と、

広くはないので、

税が少なくて助かっています。 


ということで僕は、

今日も小さな幸せを数えて、




生きています。





働かずに生活できるギリギリの年金額



60歳で定年退職して、

悠々自適の年金暮らしという見取り図は、

昭和の話。 


いや僕の伯父などは、

国鉄に勤めていたため、

55歳から年金をもらっていました。

20230507151045

それも、その頃は年金額が多かった、と。


で、以下は、ファイナンシャルフィールドからの一部抜粋。


総務省統計局がまとめたデータによれば、65歳以上の単身世帯の平均生活費は、消費支出と非消費支出をあわせて14万4747円となっています(2021年時点)。

非消費支出とは税金や社会保険料などのことで、自由に使えるわけではないものの必ず必要な出費です。生活費の中で何にどれくらいのお金をかけるかは人それぞれ異なりますが、もっとも差が出やすいのは住居費でしょう。

平均を見る限り、単身世帯なら14万円の年金受給額でも暮らすことは可能です。余裕はありませんが、働かずに生活できるギリギリの金額といえます。ただし、先ほど説明した通り、住居が賃貸か持ち家かで状況は大きく変わってきます。

持ち家であれば、毎年かかる固定資産税さえ確保できれば問題はありません。考えなければならないのは、賃貸で暮らしている場合です。実際には、広さや築年数、地域などで家賃に差が出ますが、公営住宅にでも入居できない限り、1万円台の家賃を探すのはなかなか難しいでしょう。

つまり、持ち家のない人が老後も賃貸物件に住んで14万円の年金だけで生活するためには、家賃が安い公営住宅であることが前提になってきます。そこがクリアできていれば、老後は年金だけでも暮らすことは可能でしょう。持ち家の人も安心はできません。固定資産税を考え、年金でカバーできるかどうか確認しておく必要があります。

IMG20230502143720

うーん、僕は長らく、

月6万円で生活してきましたが、

このところの物価の上昇で、

今は月7万円くらいの消費支出。


単身世帯の平均年金額から、

家賃を引いた額が生活費だとしたら、

なかなかに苦しい現状。


記事では、

家賃1万円であれば可能とのことなので、

よよよさんのように、

すでに1万円の家賃で暮らしている人は、

大いに生存率が上がります。


ちなみに、以下は、

そのよよよさんのブログからの一部抜粋。


生活費は月5万円くらいですね

ざっくり言うと

家賃1万円

食費2万円

水道光熱ネット費1万円

雑費5000円

娯楽5000円

これぐらいの予算でやってる、年で生活費60万円

俺の出費の場合年金まで逃げきれればクリアなので支給70歳としてそれまで35年、この生活を続ければいい



ただ、彼が住んでいるのは大分県。

僕の住む埼玉県南西部の町では、

1万円の家賃というのは、

見たことがありません。


持ち家は持ち家で、

固定資産税以外にも、

修繕費などもあるので、

どちらにせよ、

老後は、

質素な暮らしの中に、

ささやかな喜びを見つける生活が、

理にかなっているように、





思っています。





まじめに働いている人が報われますように



昨日アップした記事に関連しますが、

お気楽な日帰り旅行で、

電車に乗っていると、

朝の時間は大半が勤め人。


しみじみと思うのは、

こうした人たちが、

それぞれの持ち場で働いてくれているから、

この日本は何とか持ちこたえているんだ、と。


僕も、

介護離職するまでは、

社会の片隅で、

汗を流していました。

IMG20220913101558

どうか神様、

まじめに働いている人たちこそ、

豊かな生活になりますように。


彼らの生活に、

幸せの神様が、



ノックしますように。





 

転職が多かった理由は閉塞感



閉塞感というと、風通しのわるい環境が思い浮かびませんか。

僕は、転職が多かったのですが、その理由は、閉塞感。

一つのところで働きだすと、

そこの人間関係や仕事内容に、息苦しさを感じるのが常でした。

たとえば、ずっとこの上司の下にいるのか、

と思っただけで息が詰まったし、

ずっとこの仕事をやり続けるのかと、

思っただけでめまいがしました。

120851r
幸い、時代が良かったのか、辞めてもすぐに転職できました。

転職以外では、カルト教団での集団生活。

2年ほど、統一教会で集団生活をしましたが、

やはりここでも、次第に閉塞感を感じるように。

ただ、教義の縛りがあったので、逃げ出すときは大変でした。


事程左様に、行き詰ると逃げ、

息苦しくなると逃げ、

閉塞感を感じると逃げ、

しながら年だけを重ね、

33歳のときに、自分探しのためにイギリスへ。

海外でしばらく暮らせば変われるかも、とも思ったのですが、

むしろ不安は、つのるばかり。

だって、先が見えなかったんですから。


友人たちは大半が結婚し、家庭も仕事も順調。

自分だけは、先が見えず、息苦しい、と。

まあ、この辺りのことは、

自己紹介カテゴリーで述べているので、

繰り返しませんが、

つまり、閉塞感、こそが、

どうも自分を行動へと駆り立てていた要因に思えるのですね。


結婚しなくて良かったと思えるのは、

おそらくこんな僕であれば、

伴侶との暮らしにも閉塞感を覚えただろうから。

相手がいると、自分だけの問題では済まなくなるし、

ましてや子供でも出来たら、なおのこと、逃げられません。

だから、一人で良かったと、冷静に思えます。




閉塞感を感じながらも、

逃げることができずに働いている人って、

どのくらいいるのでしょうねえ。



 

プロパンガス代が高いと嘆く男



上福岡の後輩が、また嘆き節。

プロパンガス代が高いんですよ、と。

安アパートで風通しが悪く、エアコンガンガンだと、

電気代もかさむ、と。

あんまり、暑いと、奥さんともつまらないことで、

喧嘩になることもあるとか。

あんたの稼ぎが少ないから、

こんなアパートで我慢しなくちゃいけないんだ、と。

まあ、それを言っちゃあおしまいよ、と、

寅さんのセリフを吐いたら張り倒されたとか。


僕なども、結婚していたら、

奥さんの尻に敷かれるタイプに違いなく、

うちの宿六が、とか、言われそう。

稼ぎもないくせに、理屈言うんじゃないわよ、とかね。


まあ、それはともかく、

僕は、田舎町に住んではいますが、

幸いにして都市ガス。


つまり、田舎町と言っても、

そんなに田舎ではないわけ、で。

ガス代なんて安いもの。

IMG20210720111505

夏でも、ほぼ毎日のように風呂には入っていますが、

安いですよ。

冬場でも、そんなに高くない。

で、プロパンガス代が高いというのを聞いて、調べてみました。

以下は、とあるサイトからの引用。


そもそも、プロパンガスは、なぜ高いのか?
いろいろ理由はあるようです。
供給コストがかかるとかね。
ガス管のないところに運んできてくれるわけだから、人件費もかかるだろけどね。

とにかく、都市ガスに比べて基本料金が高いのです。

全国的にプロパンガスの基本料金は、1500円~2000円という事。
相場としては、1890円ぐらい。
賃貸だと、もっと高くて、2010円ぐらいになるそう。

地域によって、かなり違うようですが…、高いのぉ~。
都市ガスの基本料金は、900円~1000円ですから、下手したら、倍以上ですもんね。



うーん、賃貸アパートなんかだと、選べませんからねえ。

確か過去記事で、ガス代を公開していました。


この冬(12、1、2月)のガス代を公開します


うーん、 真冬でも、ガス代が4000円を超えたことはなし。

やっぱ、都市ガスは安いのかもしれません。

都市ガスは、一人暮らしのローコスト生活には、

有利なようです。





暑くっても奥さんと喧嘩せず、

心にはラブソングをってね。





いただいた花を飾って、ラブソングを聴く


21日の退職時に思いがけなくいただいた花を二つに分け、一つは仏前に、そしてもう一つは、2階の廊下に飾ってみました。

IMG_3322

そして、別の角度から見ると、こんな感じです。

IMG_3330

で、花を見ていたら、ラブソングが聴きたくなったのですよ。

ラブソングっていつのよ?

まあ、僕がアップするんですから古いのが多いですよね。




うーん、ハミルトン、ジョーフランク&レイノルズ。 よく、聴いていましたねえ、懐かしい。

お次はもちっと古くなりますけど、よろしく、といういことで、




うーん、この映画の主演は、マーク・レスターとトレーシー・ハイドですね。




歌っているのはエマニエル坊やじゃなくて、ポール・マッカートニーですからね。




うーん、 スティービーワンダーは、ラブソングが多いので、迷いまっせ。




うーん、素顔のままで、は、カラオケで僕が歌う18番。




うーん、シカゴもずいぶん聴きましたけど、これにしてみました。


何だよ、歌ってんのは野郎ばっかりじゃねえかよ、と言う御仁のために、ノラ・ジョーンズなんか、どうよ、ということで、



後半の、ある部分を、ちょっと意訳してみますね。

Out across the endless sea 
I would die in ecstacy
But I'll be a bag of bones
Driving down the road alone
My heart is drenched in wine
But you'll be on my mind forever

果てしない海のかなたで
快楽に溺れることもできたけど
私は一人の人生を選んで骨になるだけ
心をワイン漬けにしても
あなたをいつまでも忘れることはできないわ


うーん、別れのつらさは、誰もが経験しているだけに共感を呼ぶのかもしれません。


 

うーん、まあ、これも、広い意味でのラブソングということで。まあ、僕世代の人には懐かしいかな、と、思って。




うーん、幸せは、自分の物差しで、計らないとねえ。




うーん、なんでボヘミアンラプソディーがラブソングなのよって、声が聞こえてきそうですが、やっぱ、これは深いラブソングだと思いますよ。

Bismillah や Beelzebub などの、馴染みのない言葉が出てきたり、スカラムーシュやファンダンゴ、フィガロなどの、オペラ関係の単語も出てきて、当時高校生だった僕は、何だこの展開と世界観は、と、なったわけです。

確か、1975年の曲なので、僕は16歳で、ツェッペリン、ピンクフロイド、クィーンと、ブリティッシュロックにドハマりしていたころを、いやがうえにも思いださせる曲。


若い人にはわかりづらい選曲ばかりで、すいませんです。





悲壮な世界から逃れるように

15,16,17と私の人生暗かった、と歌うのは、宇多田ヒカルのお母さんの藤圭子さんですが、僕のその頃は,何やら洋楽にかぶれていました。

勿論、日本の歌にもいいものはたくさんあります。

ただ、洋楽にかぶれていたあの頃は、そっちばっか。

1975年の曲、Listen to What the Man Saidですが、邦題がなぜか、あの娘におせっかい」。

おいおい、たのむから、もうちょっとまともなタイトルにしてよ、と思ったものですが、直訳して、その男の言ったことを聴け、というのも、確かに売れそうにないタイトルです。

まあ、意訳も、しかたなし、というところでしょうかね。


若い兵隊さんが少女にキスを
悲壮な世界から逃れるようにね

と歌うポール・マッカートニーは、やはり稀代のメロディメイカーです。

最新記事
最新コメント
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
介護離職からのおひとり様ローコスト生活 - にほんブログ村
スポンサードリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • ライブドアブログ