介護離職からのおひとり様快適生活

定年まで数年を残して介護離職したのち、父を自宅で看取り、その二年後に母も天国へ。風の時代の上昇気流に乗りながら、日々の暮らしでの気づきと心象風景を綴っています。

もんたよしのり

僕がイギリスにいた時に悔しかったこと。


僕がイギリスで暮らしていたのは、バルセロナ五輪のあった1992年のこと。

当時のテレビでは、フレディ・マーキュリーが、バルセロオナアーと、歌っていました。


 b0098584_21003007

で、イギリスはパブの文化が有り、僕も、いろいろな街のパブに行きましたが、日本人の僕が、ブリティッシュロックを知っているのに、奴らは、日本の音楽なんて、全然知らないというか、鼻にもひっかけない感じでした。

それが悔しくてねえ。

日本にだって、凄いミュージシャンはいるんだよ、ということで、奴らにも聴かせてやったのですよ。




うーん、まずは、CharのThrill、で、奴らの度肝を抜きましたよ。

で、日本にもこんなミュージシャンがいるのか、ということで、奴らも、僕の話を聞き始めたわけです。











と、こういうふうに畳みかけて、奴らも、日本なかなかやるじゃん、ということになったのですね。

で、イギリス人に評価が高かったのが、もんたよしのりの、ダンシングオールナイト。

この曲は、イントロが衝撃的ですからねえ。


で、当時はX JAPANもいなかったし、山崎まさよしもスピッツもいなかったので、紹介できませんでしたが、今だったら、彼らの曲も、聴かせたでしょうねえ。

他にも、いろいろな曲を、イギリス人に聴かせましたが、今では、それも、いい思い出です。



それは大阪府民の判断に任せるとして


大阪都構想の賛否を問う選挙がありましたねえ。

僕はまだ大阪には行ったことがありませんが、やっぱり東京みたいな高層ビルが建っているのでしょうねえ。

吹田市というところに友人がいたので、遊びに行く約束にはなっていたのですが、その前に彼は死んでしまいましたからねえ。

ところで、大阪のおばちゃんというと、こういうイメージでしょうかねえ。

 180681

で、まあ、そう遠くない未来に、一度は、大阪に行ってみたいと思った次第。


 

うーん、泣けてくるほどの名曲。




うーん、この曲も泣けますよねえ。

この歌が、オトンのカラオケの18番、という人は多いかも。




うーん、これも、なかなかの名曲だと思うのは、僕だけではないでしょう。




うーん、これも名曲ですね、曲も歌詞もいい。

やしきたかじんの後ろにいるのは、桑名正博かなあ。




うーん、ドリカム38枚目のシングルは、大阪が舞台。

東京タワーだってあなたと見る通天閣には敵わへんよ、というところが泣けます。


それとこれは、大阪から離れて神戸ですが、もんだ&ブラザーズの名曲。



うーん、もんたよしのりは、オーティス・レディングにも匹敵するヴォーカルだと思うのですが、凄い才能です。

本当にこの曲も、泣ける曲ですね。


以前、大阪について書いた記事は、2017年なので、かなり前になります。

大阪に行きたい



うーん、あれからもう3年も経ったのかとおもうと、時の経つのは、早いものです。



最新記事
最新コメント
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
介護離職からのおひとり様ローコスト生活 - にほんブログ村
スポンサードリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • ライブドアブログ