介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

music

沈黙や調和や愛のなかにいるとき


今日も朝から雨で、このような雨の月曜日に出勤するサラリーマンは、なかなか心が晴れることはないかもしれません。

昨日、都知事選の投票がありましたが、コロナの感染者は連日3ケタ台が続いており、そうした中での雨の日の出勤は、月曜日ということもあり、長い一週間を想ってため息をつくサラリーマンの憂鬱な顔。

僕自身、憂鬱だった時期も長く、山あり谷ありのサラリーマン生活でした。

昨日の記事でいただいたコメントは、まるで小説でも読んだような、そんな映像の浮かぶ内容だったのですが、そのコメントを書いてくださった凪子さんが、言及していた二つの曲を、今日はアップして、僕も、子供の頃に思いを馳せたいと思いました。

まずは、吉田拓郎の、夏休み。



吉田拓郎や井上陽水は、僕が中学生の頃に、ある友だちの影響を受けて、良く聴いていました。

 中学卒業後は、別々の高校になり、それ以降付き合いはなくなってしまったのですが、もうずいぶん大人になってからのことですが、若くして彼が死んだことを知りました。

体格の良い男だったので、その若すぎる死があまりにも意外でした。

幼馴染みも、もうすでに何人か他界しており、人の寿命というものはいつ尽きるかわからないものだと、自分にも言い聞かせています。



少年時代や少女時代の思い出は、誰にでも、あると思います。


今日も、どんよりとした空で、天涯孤独無職の僕にはうってつけですが、被災地などは、また雨が続くと復興も手間取るのではないかと、心配もしています。


今日は、最後に、シルバーバーチの言葉を紹介します。

 あなた方の魂が常に進歩していくのは、沈黙や調和や愛のなかにいるときなのです。その進歩は遅いかもしれませんが、間違いはなく、確実です。

千変万化の地上生活ですが、永遠の死後の生活のための準備期間であり、霊性を高めるためのまたとない機会でもあります。

そう思うと、この世の苦しみの受け取り方も、変わってくるのではないでしょうか。


大阪コロナホテルでコロナビールを飲むなんてどうよ


大阪にコロナホテルというのがあることを知ったのは、コロナ騒動が起こってしばらくしてからのこと。

また、よりによって間のわるい名前だなあ、と、気の毒に思っていたのですが、先日アクセスしたら、何と、名前も変えずに頑張っていましたよ。

これで、大阪に行く際は、宿泊は、コロナホテルに決定。

以前テレビで、京都大学総合人間学部を卒業したphaさんが、なんかのポイントで泊まっていたのが、もしかしたら大阪コロナホテルだったかもしれません。ホームページを見ていたら、そんな気がしてきました。

phaさんがテレビに出るときは、大概見るようにしているのですよ。まあ、滅多に出ませんけどね。

あとは、ダメ連の神長さんが出るときも見るようにしてますけど、今はほとんどお呼びがかからないようです。

神長さんは早稲田大学を卒業して東武百貨店に就職するも、10か月で挫折退職、phaさんのほうは京都大学卒業後は国立大学職員となりますが、数年後に退職。

僕は、あまり生産的でない、グダグダ生きている人が、好きなんですよね。

好きな映画は、ストレンジャー・ザン・パラダイス、だし。

また話が横にそれましたけど、そうそう、大阪コロナホテル。

大浴場も充実していそうだし、新大阪駅より徒歩2分というアクセスも良いし、朝食ビュッフェも美味そうだし。

まあ、僕は今は朝食は食べないのですが、旅に出たら、食べますし、ビュッフェだったらいっぱい食べてしまうので、必然的に昼食はなしになるでしょうねえ。

で、その大阪コロナホテルで飲みたいのが、コロナビール。


IMG_5697-1

うーん、だけど、たぶん、コロナビールは、置いてないよなあ。

 でも、コロナビールを飲みながら、ボサノバでも聴いたら、最高だろうなあ。




うーん、まあ、ボサノバは、どこで聴いても、最高なんですけどね。

小野リサは、一瞬で天国に連れて行ってくれる音楽。





コロナ疲れはボサノバで癒しましょう。




うーん、浅川マキがいなくなった今は、misiaと並ぶ、歌姫の双璧。




うーん、このゆとりというか、よゆうが、いいです。

小野リサは、人生を楽しむことをよく知っている人だと思います。

人生は、楽しんでこそなんぼのもの、ですからね。



質素な生活の喜び


前記事のハルカさんのコメントへの返事で、一人雲水生活とか、一人修道院生活のようなものだ、ということを書いたのですが、僕は、昔から、そういう暮らしがしたかったのだと思います。

今日は曇り空で、一日中家にいるのですが、先ほどテレビをつけたら、日本ダービーをやっていて、今ではすっかり競馬もしなくなったのですが、30代から40代前半くらいまではやっていました。

で、今日は、コントレイルとかいう馬が、ダービーを勝ったのですが、皐月賞も取ったようで、2冠馬ですね。

ここから馬の話をしだすと、横道にそれてしまうのですが、時代を超えたレースというのを、想像の中で楽しんだことがあります。

コントレイルも強そうでしたが、ナリタブライアンやスペシャルウィーク、フサイチコンコルドなどとレースをしたら、どうかなあ、と。騎乗も南井、武、藤田と、分かれるしね。

とまあ、競馬の話はこれくらいにして、競馬をやっていたころは、まあ、働いていたこともあり、平気で月10万円くらいは、小遣いとして使っていたように思います。

特に、マンション購入前の実家暮らしの頃は、そうでしたから、年齢で言うと、35歳から40歳くらいまでの5年間ですね。

この時が一番、お金を自由に使っていました。

実家に食費だけ入れて、あとは全部自分のお金ですからね。

35歳で幸福の科学に入って、その宗教活動でも、月平均で3万から5万円を使っていたと思います。それ以外に、○○植福、などというのがあると、それだけで一口10万円ですから、そうした植福をしたときは、月の活動費は13から15万円くらいになるので、平均を出すのは難しいのですが、ね。

まあ、幸福の科学だけにお金を使っていたわけではなく、先ほど挙げたように、競馬や、お姉さんのいる飲み屋に行ったりもしていたので、それと、ビリヤードをしたり、たまにはサルサなんかも踊ったりしていました。

サルサは、職場の仲間に誘われて始めたのですが、何でもやりだすと、それなりに面白いですからね。

あとは、お金を使うとしたら、旅行ですよねえ。

自由になるお金があったので、ずいぶん行きました。

特に、浜松町に勤めていたころは、24時間の勤務明けに、そのままモノレールに乗って、羽田に行き、飛行機に乗る、みたいな感じでした。

ありがたいことに、24時間勤務は、一回有休をとると、明けの日を入れて5日間も休みが連なるのですよ。

まあ、そうは言っても、一日は休養日に当てて、4日間の国内個人ツアーに行ったりしていました。

なので、浜松町というのは職場としては最高のロケーションでした。

しかしそんな我が世の春も、40まで。

40のときに、隣の市の駅前にマンションを購入してからは、遊ぶ金はほとんどなくなりましたね。

なんか、話が変なほうにそれていったので、元に戻ると、そうそう、一人修道院生活ですよ、今は、まさに、それ。

修道院生活にしろ、雲水生活にしろ、やることは、清掃、質素な食事、祈り、瞑想、作務、などです。

で、まさに、今の僕の生活が、それ。

違いは、決まった時間割で動いていないこと。

この、修道院的、雲水的生活が、とても、いいのですよ。

僕は、ときどき、東久留米にある、聖グレゴリオの家に行くのですが、別に、ミサに参加したいわけではなく、そこで歌われるグレゴリオ聖歌を、聴きたいから行く、のですよ。

ラテン語ですから、何を歌っているのかさっぱりわからないのですが、人間の声だけで奏でる音楽というのも、まことに良いものなのですよ。


   

グレゴリオ聖歌は、夜、寝る時などに聴くこともあるし、それ以外の時間にも、聴きたくなるときがありますね。

質素な生活に、グレゴリオ聖歌は、とても馴染みますです。






いただいた花を飾って、ラブソングを聴く


21日の退職時に思いがけなくいただいた花を二つに分け、一つは仏前に、そしてもう一つは、2階の廊下に飾ってみました。

IMG_3322

そして、別の角度から見ると、こんな感じです。

IMG_3330

で、花を見ていたら、ラブソングが聴きたくなったのですよ。

ラブソングっていつのよ?

まあ、僕がアップするんですから古いのが多いですよね。




うーん、ハミルトン、ジョーフランク&レイノルズ。 よく、聴いていましたねえ、懐かしい。

お次はもちっと古くなりますけど、よろしく、といういことで、




うーん、この映画の主演は、マーク・レスターとトレーシー・ハイドですね。




歌っているのはエマニエル坊やじゃなくて、ポール・マッカートニーですからね。




うーん、 スティービーワンダーは、ラブソングが多いので、迷いまっせ。




うーん、素顔のままで、は、カラオケで僕が歌う18番。




うーん、シカゴもずいぶん聴きましたけど、これにしてみました。


何だよ、歌ってんのは野郎ばっかりじゃねえかよ、と言う御仁のために、ノラ・ジョーンズなんか、どうよ、ということで、



後半の、ある部分を、ちょっと意訳してみますね。

Out across the endless sea 
I would die in ecstacy
But I'll be a bag of bones
Driving down the road alone
My heart is drenched in wine
But you'll be on my mind forever

果てしない海のかなたで
快楽に溺れることもできたけど
私は一人の人生を選んで骨になるだけ
心をワイン漬けにしても
あなたをいつまでも忘れることはできないわ


うーん、別れのつらさは、誰もが経験しているだけに共感を呼ぶのかもしれません。


 

うーん、まあ、これも、広い意味でのラブソングということで。まあ、僕世代の人には懐かしいかな、と、思って。




うーん、幸せは、自分の物差しで、計らないとねえ。




うーん、なんでボヘミアンラプソディーがラブソングなのよって、声が聞こえてきそうですが、やっぱ、これは深いラブソングだと思いますよ。

Bismillah や Beelzebub などの、馴染みのない言葉が出てきたり、スカラムーシュやファンダンゴ、フィガロなどの、オペラ関係の単語も出てきて、当時高校生だった僕は、何だこの展開と世界観は、と、なったわけです。

確か、1975年の曲なので、僕は16歳で、ツェッペリン、ピンクフロイド、クィーンと、ブリティッシュロックにドハマりしていたころを、いやがうえにも思いださせる曲。


若い人にはわかりづらい選曲ばかりで、すいませんです。





人生にはリラックスタイムが必要


重い話が続いているので、今日は、少し、気分を変えてリラックス。

  b0098584_18584551

ということで、神経が伸びやかになる音楽を。



うーん、高中正義も、リー・リトナーも、どちらも好きなギタリストで、その共演。 



で、やっぱ、こっちはオリジナルヴァージョン。



うーん、ブラジリアンスカイズ、懐かしいっす。

空を見ていると、悩みが小さく見えてくるから不思議。

やっぱ僕たちは、宇宙的な存在なんでしょうねえ。

そして、リー・リトナーの演奏も、秀逸。




ちょうど、ロックからヒュージョンへ僕の音楽志向が移行するころに、よく聴いていたリー・リトナー。



日本にリー・リトナーファンが大勢いるのも、頷けます。


まあ、何にせよ、リラックスして、また、人生の深刻な問題にも、向き合いましょう。






ギターとベースとドラムだけでここまでって、凄くね


コロナで、ライブにも行けないと思うので、今日は、僕が、カッケー音楽を届けますだ。

b0098584_16435855

今のティーンエイジャーが見ても、たぶんカッケーと、思うであろう音楽って、やっぱこれだべ。




うーん、ギターとベースとドラムがあれば、ここまでやれるんだって、ことですよ。

もっとも、これができるのは、JLCだからなんですけどね。 

まあ、タンバリン叩いてるおばはんが、いますけどね。




3人でここまでやれるって、世界標準レベルかそれより上じゃね。



余分なものは削ぎ落した贅肉なしの音楽。

外出自粛の日曜日は、日本のほんまもんのロックを聴くベエじゃねえかい。


突然の痛みの発症と、うお座の女性ミュージシャン


ラブストーリーは突然に、ならいいんですが、痛みも、突然発症したりしますね。

今朝は、起きるときに、左足に痛みを感じました。足首近くの、アキレス腱の左側ですかね。

まあ、そんなに強い痛みではないのですが、すたすたと歩くのはできないかな、と。

旅の途中で、こういう状態になったりすると、サクサクと動けなくなるので、つらいですよね。

まあ、アルバイトでも、つらいのですが、そこは、のんびり動いて、かばいながら働くとします。

今月は、昼からの勤務なので、午前は体をいたわってリラックスします。

さて、話は変わります。

松田聖子がうお座だというのは知っているのですが、今日は、うお座の女性ミュージシャンを、調べてみました。

0-03

尾崎亜美がうお座でしたね。




うーん、懐かしい曲です。 

それから、竹内まりやも、うお座。




うーん、これも懐かしい曲です。

それから、いきものがかりの吉岡聖恵も、うお座ですね。




うーん、いきものがかりは、いい曲が多いですよね。

それから、EGO-WRAPPINの中納良恵も、うお座です。




うーん、EGO-WRAPPINは、一時期、ハマっていました。

まだまだいそうですが、今日はここまで。


擂り下ろしジュースを飲みながらスーパートランプを聴く


今日から、月が替わって午後勤務。

午前中、のんびりできるというのは、嬉しいことです。

朝食は食べないのですが、朝は、珈琲か生ジュースを飲みます。


IMG_2039

擂りおろして飲むジュースはうまいのですが、多少、片付けの手間がかかります。

なので、時間のない時には、そんな面倒なことはできませんが、時間があると、生活の質が向上しますね。

さて、今は、過去を回想しつつ、自分の人生がどのようにして自分を導こうとしているのかを、改めて見つめ直しています。 




うーん、goodbye Mary, goodbye Jane, と、畳みかけるところが、ジーンと来ますねえ。

  

うーん、こちらも秀逸。


スーパートランプは、当初プログレっぽかったサウンドも、徐々に変化。

このところ、ディープパープルやアモンデュールなどの、70年代の音楽をちょこちょことアップしていますが、それは、僕が内省に入っていきたい証左なのだと、思っています。

音楽は、その当時の僕の重要なファクターだったので。


ストレスと電車と飲み会


そういえば昔、コロナという車があったように記憶しています。

まあ、それはさておき、電車をはじめとした乗り物も、飲食店も、何やら、感染リスクがどうのこうの、と。

いろんな縛りのある人は、ストレスも、半端ないですよね。


0-89

サラリーマンなんて、そんな縛りのある人の代表。

でも、電車に乗って、出勤。




うーん、僕の住む埼玉県も、感染者が増加傾向。

かといって、サラリーマンは、電車に乗らないわけにもいかず。

また、飲み屋さんも、閑古鳥が鳴いているとかいないとか。






うーん、Magic Ways は、いつ聴いても、名曲です。


 

紅白は見ないで、ひとりサザン祭り


二十代のころと言えば、やっぱ、一番聴いていたのはサザンであり、桑田佳祐。

あ、もちろん、山下達郎や大瀧詠一も、聴いていましたよ。

で、今日は大みそかで、紅白歌合戦のある日。

でも僕は、紅白って、見ないんですよねえ。

だって、裏番組で、格闘技があるでしょ。

やっぱり男は、格闘技を見ないとね、女の人も、見たほうがいいですよ。

で、まあ、何が言いたいかと言うと、やっぱ、桑田は稀代の天才。




うーん、逗子に住んでいたころを、思い出します。

日本に、桑田佳祐や山下達郎がいることを、感謝しないとね。




うーん、あの頃君は、若かった、って感じですね。

で、やっぱ、サザンと言えば、この曲は外せないよね、ということで、




うーん、みんな年を食ってきているけど、頑張ってます。



うーん、観客の喜んでいる姿を見れば、桑田佳祐の偉大さがわかりますね。



うーん、まさにこの曲がヒットした年に、僕は、テレビもない逗子のアパートでラジオで、日本シリーズを聞いていましたよ。

近鉄対広島、ね。

絶体絶命の中、9回裏、江夏が抑えきって、広島が優勝。

なんか、昔の曲が、昔の記憶を引っ張ってきます。




うーん、やっぱ、桑田佳祐は、日本が誇る、山下達郎と並ぶ、稀代のメロディメイカーだよね。

この二人には、国民栄誉賞をあげてもいいですよ、マジで。

最後は、カラオケに行くと、僕が必ず歌う曲を。


なんたって、ハッピーがいちばん


ロックだけでなく、フュージョンやジャズ、クラシックからも、多大な恩恵を受けてきた僕。

なので、今日は、ぶっちゃけて、ハッピー祭り。




うーん、やっぱ、サンタナ、最高。

で、やっぱ音楽は理屈じゃないので、体が勝手に動くくらいじゃないとね。




うーん、ハイサイおじさん、最高。

ハイサイおじさんの、この躍動感は官能的かつ霊感的。

で、やっぱ、若い頃にいちばん聴いていたのは洋楽ロックなので、



うーん、トム・ジョンストン節が炸裂。

やっぱ、勝手に体が動くくらいじゃないとね。

身体も足も動かないとね、ということで、




うーん、このヴォーカルはやっぱ秀逸。

で、まだまだ続きます。




うーん、いい音楽は体が勝手に動くって、しつこいか。

まあ、ノリノリと言えば、チャック・ベリーじゃね、ということで、




で、チャック・ベリーもエルビスも、とくれば、



うーん、日本には、永ちゃんがいるってよ。

永ちゃんは、洋楽ロックに一歩も引けを取らず、どないだ、と、机を叩く。

で、年季の入った大御所の登場。



うーん、やっぱ、ロックだべ。




うーん、最後は、アラン・パーソンズ・プロジェクトに、締めてもらいましたよ。

全ての孤独な人よ、涙は言霊になる

星空が綺麗な季節になりましたねえ。

ラジオで、misiaと、ピースの綾部の対談を聞いたのですが、ニューヨークは星空が綺麗だなんて、知りませんでしたよ。

まあ、僕は、アメリカでは、ロサンゼルスにしか行ったことがなく、東海岸は行ったことがありません。


空気の澄んだこの季節に聴きたい曲と言えば、




じゃね、ということで、まあ、山下達郎は、オールシーズン、快適なのですが、

あと、夜空と言えば、忘れちゃいけないのが、五木ひろしの名曲。




うーん、演歌もいいよね。

それと、もう一丁。

エレファントカシマシの名曲。




うーん、宮本浩次は、大槻ケンヂと同じ大学で、年も近いので、たぶん、会っているはず。

今宵の月は、どんなあんばいでしょうかねえ。

曇り空で、見えなさそうだ。


最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ