介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

旅行日和

グローバル化とキャッシュレスを再認識した今回の旅

群馬県民の県民性をあらわす言葉として、よく、かかあ天下という言葉が使われます。

で、その群馬県南部あたりを、東武鉄道の株主優待を使い、ローコストで旅してきました。


IMG_2413

大宮駅で、東武アーバンパークラインの改札に、株主優待の券を突っ込んで、春日部で乗り換えて、東武伊勢崎線に。

館林で下車後、東武葛生線に。

葛生まで行こうと思っていたのですが、気が変わって佐野で下車。

佐野は、両毛線も乗り入れているので、それなりに大きな駅だろうと思っていたら、これが全然しょぼい駅で、立ち食いソバなども見当たらず。

まあ、改札を出れば、何かあるのかもしれませんが、出たらそれで、株主優待の乗車券は、終わってしまうので、どの駅で下車するかは重要。

で、この佐野駅のホームで、今回の旅最大のピンチがいきなり訪れました。

それは、水や下着など最低限の荷物を入れてあるナップサックを下ろし、同時に、肩にかけていた小物ホルダー(これに財布やアイフォンなどを入れている)も、ベンチに置いたのですよ。

で、電車が来たときに、ナップサックだけを持って乗り込み、しばらくして、小物ホルダーがないことに気づき、血相変えてホームに降り、ベンチに放置してあったそれをひっつかんで車内に。

あぶねえ、あぶねえ。

これは大いに反省すべしと、自分に言い聞かせました。

でもまあ、旅の最初のほうで、こうしたことがあると、自分の劣化を再認識するだけでなく、用心深くなるので良いほうに解釈。

結局館林に戻り、今度は、東武小泉線に乗り換え。

東小泉駅で降り、太田方面へ行く電車を待ちました。


IMG_2360

うーん、本数が少なくて、サクサクとは動けず。

まあ、時間はたっぷりあるのですが。

赤城行きに乗って終点の赤城まで行こうとして、また気が変わって太田で下車。

太田なら、ホームとかに立ち食いソバでもありそうと思いきや、なし。

太田で、東武伊勢崎線に乗り換え、終点の伊勢崎まで。

まだ時間も早く、伊勢崎で降りてしまったら、宿のチェックイン16時まで、まだ6時間ほどもあり、早すぎるので、再び太田に戻り、赤城行きに乗り換え、新桐生で下車。ここで、株主優待の一枚を使い切る。


街を歩いていると、1100円の看板を出した床屋を見つけ、時間もあるし、髪を切ってもらおうと入る。

いつもは、飯能の行きつけの床屋で、1000円なんですけどね。まあ、100円高いけど、いいかな、と。

頭をスッキリと刈りこんで、散策を続けていると、何やら古そうな街並みになってきました。


IMG_2363

結構、レンガ造りの倉庫なども保存してあるようです。

IMG_2375

晩い昼食後、両毛線の桐生駅に行くと、電車はあと1時間待たないと来ないようなので、また少し街をぶらつきました。

IMG_2382

このコーヒー屋さんの横の道を歩いて、西桐生駅へ。

IMG_2384

この上毛電鉄は、確か自転車をのせてくれる、マイ自転車持参可の鉄道だったような。

でも、この時は、しばらく見ていましたが、自転車を転がしている人はいませんでした。

で、また、両毛線のほうの桐生駅に戻って、伊勢崎へ。

宿に着くと、入浴後、少し眠り、外へ。


IMG_2391

赤みがかった綺麗な空が感動的。

街をぶらついて、夕食を食べて宿に戻り、早めに眠って疲れを取りました。

IMG_2414

宿の人が、伊勢崎はあまり見るところがないとか言っていましたが、僕は、どこに行っても何気ない風景が楽しかったりするので、あまり名所旧跡などにはこだわりません。

でも、この明治館はなかなか良かったですよ。案内してくれた人も親切で、何より無料、なのが嬉しい。


IMG_2416

うーん、これは、伊勢崎のゆるキャラ、かな。

両毛線で高崎に行き、高崎オーパや、スタバなどで涼み、八高線に乗り込んで、のんびり帰宅の途に。


IMG_2418

高崎駅は、新幹線も通る群馬最大のターミナル駅ですが、八高線は、ホームの隅に追いやられてひっそりとしています。

久しぶりに八高線に乗ることも楽しみにしていたので、楽しく帰ることができました。

今回の旅を通して感じたことは、電車の中でも街中でもスーパーマーケットでも、東南アジア系の人が多いなあ、ということ。

それと、今回の旅だけではありませんが、現金で支払う機会が大幅に減っています。

交通費は、株主優待とPASMOだし、宿の支払いも楽天ポイント。

現金を財布から出したのは、夕食のときだけ、でした。桐生での昼食はたまたまデニーズになってしまい、クオカードで支払いましたからね。

グローバル化とキャッシュレスを、再認識した旅でした。

老後生活を視野に入れた、熱海小田原旅行

労働者の権利、有給休暇を、昨日17日にとって、16,17日と二日間、熱海と小田原に行ってきました。

ただの旅行というよりも、老後生活を視野に入れた旅行、でした。

熱海に着いて、最初に行ったのが、伊豆山に住む先輩のマンション。

熱海駅からタクシーに乗り、15分くらいでしょうかねえ、料金は、1800円弱でした。

さすがに、その先輩の住むワンルーム(40平米ほど)の写真はアップできないので、同タイプで売りに出ている部屋を撮らせてもらいました。


IMG_2135

僕のバックパックを窓際において、写真をパチリ。

海の見える快適な環境で、4つの棟が、廊下でつながっています。

その先輩は、70近いのですが、リタイア後奥さんを亡くし、一人で、ケア付きのこのマンションに住んでいるとのこと。看護師が常駐し、専門の栄養士が提供する食事つき。

管理費と食事代で、10万円ほど、だそうです。

さりげなく、毎月の生活費を訊くと、30万円ほどだそうで、10万円の必要経費を払えば、あとの20万円は、まあ、自由予算のようなものでしょう。


IMG_2139

こちらは、ロビーからの眺め。熱海の花火大会が良く見えるそうです。

久々に会い、お邪魔したので、川越の銘菓を手土産に持って行ったのですが、昼飯を食べていけ、ということで、館内のレストランに連れて行ってもらいました。

この日のメニューは、つけ麺。まあ、味は、普通、でしたね。

レストランの入り口に、一週間のメニューが張り出されていました。

先輩と別れ、再びタクシーで、熱海駅へ。

そこから、のんびりと、海へと歩きました。


IMG_2155

雲一つない晴天で、泳いでいる人もいました。

海辺の散策を一時間ほどして、小田原へ。

ビジネスホテルでシャワーを浴びて、夕方の小田原の街へ。


IMG_2163

この時期は、夕方でも、まだ明るい。

夕食を食べる予定にしていた鰻屋が、すでに早めの閉店をしていたので、他に食べたいものは、天ぷらだったので、街をぶらついて、天ぷら店へ。

夕食は、ビールを飲んでウナギにする予定だったので、5000円ほどの予算にしていたのですが、天ぷらとビールだったので、そこまではかからず。

その後、海へ。


IMG_2170

闇が下りる前の遅い夕方の海。

IMG_2175

明かりがともった、小田原城外。

IMG_2185

翌日も晴天で、気持ちのいい空。幼稚園の子供たちに遭遇。

IMG_2191

やっぱり月曜日は、日曜日より静か。

IMG_2199

小田原の午前の海

その後、ゆるゆると歩き、清閑亭へ。


IMG_2216

IMG_2223

2階の、この椅子に座り、海の見える眼下を見下ろす。

海風が、心地よい。


IMG_2240

この2階の部屋から、外の景色を、小一時間も、見ていましたよ。

IMG_2246

さて、またしばし歩き、

IMG_2250

藤棚の下の幸福。

この後、駅近で、昼食を摂り、早めの帰宅。


IMG_2256

ちょうど特急車が停車していたので、特急券を買って、乗車。

無理なスケジュールを組まず、欲張った観光もしないのが、老後生活の旅行、かな。

別ブログでも、この旅行の記事をアップしています。そちらのほうが、写真を多く載せていますので、良かったら見てね。

熱海小田原小旅行で感じたこと

さて、今回の小旅行で、老後生活のいろいろな気づきを得たので、今度、記事にしてみます。


桜吹雪と桜の木の下で本を読む婦人

昨日は、朝、ノラ・ジョーンズを聴きながら、紅茶を飲んで窓の外をしばし眺めていました。

その後、ステーキのどんに行き、ランチを食べ、しだれ桜で有名な寺に。


IMG_2017

菜の花の向こうに枝垂桜。うーん、いい感じ。

で、昨日の用事は、スタッドレスタイヤをノーマルタイヤに替えてもらうために、自動車屋に行くことだったのですが、まだ時間があったので、少しドライブ。

すると途中で、素敵な桜スポットを発見。

隣の市の、かなり古い公団住宅がある川沿いにある桜なのですが、その商店会の駐車場に車を停めました。


IMG_2020

一階部分が商店会なのですが、営業している店はわずかで、大半がシャッターが下りています。

で、僕は、桜を見学しに川沿いに。


IMG_2021

満開の桜に、心もワクワク。

IMG_2022

ちなみに、反対側は、こんな感じ。

うーん、どっちに行こうかな。

まあ、とりあえず、歩きましたよ。


IMG_2025

うーん、桜のトンネルが。

IMG_2027

どこまでも続く川沿いの桜道。

こうして歩く間も、桜吹雪が僕の頭に、肩に、積もる。


IMG_2029

わお、桜の木の下で本を読む婦人を発見。

こういう感性って、好きなんですよ。

この人、人生の楽しみ方を知っています。孤独にも強そう。

遠慮気味に、ちょっと離れた場所から、アイフォンでパチリ。


IMG_2032

しかしこの桜通り、かなり長いですよ。

別に、有名な名所でもないのに。

とりあえず、途切れるところまで行ってみようかと。


IMG_2033

うーん、公団住宅もこのあたりで終わり、桜の乱舞も、この先で終わってるっぽい。

で、URにUターン(座布団1枚)。


IMG_2035

うーん、桜に酔いしれそうだなあ。この美があれば、酒、要らなくね。

水でも、酔えるよ。

IMG_2036

遠出しなくても、近くにいい場所があるじゃん。

IMG_2037

こういう反射も、いいよね。

IMG_2038

川に落ちた桜と、排水溝の出口下に張り付いた桜も、なかなかおつなもの。

で、この後、車屋さんに行ったのですが、思いがけない桜の饗宴に、うっとりした気持ちがずっと続いています。


菓子屋横丁とスカラ座と相原求一朗回顧展


めっきり電車に乗らなくなった僕ですが、昨日は2か月ぶりに電車に乗り、川越へ。

IMG_1927

昨日は大正浪漫夢通りは通らずに、蔵造り街を通って、菓子屋横丁へ。

IMG_1929

菓子屋横丁では、テレビクルーが撮影を。

IMG_1935

スカラ座の前を通って、上映作品を確認。

IMG_1936

スカラ座は、いつも味のある上映作品を提供してくれます。

IMG_1937

こちらは次週のラインナップ。

で、川越市立美術館へ向かう。

相原求一朗回顧展第二部を見に行きました。


IMG_1688

前回行ったのは、去年の12月15日。

今回は、第二部。

荒涼とした風景を好んで描いた相原求一朗。満州での生活が、彼の人生に大きく影響を与えているようです。

で、同じく荒涼とした風景が好きな僕にとっては、北イングランドの風景が重なります。

僕がホームステイしていたのは、チチェスターという小さな町でイギリスの南に面した海岸沿いですが、その後旅をして北に向かう途中で、北イングランドのハワースに立ち寄り、スコットランドからまた南下するときも立ち寄ったので、2週間以上は、ハワースにいました。

ハワースと言えば、嵐が丘。荒涼とした原野。

うーん、ここで、相原求一朗とつながったのか。

ともに、荒涼とした原野好きと言うか、さらに言えば、滅びゆく風景に惹かれる、と言うか。

このことは、僕がずっと独り者でいることとも関係があるのかもしれません。

ムーミン谷の隣村、メッツァビレッジに行ってきた

僕の家から車で15分くらいの場所にできたムーミン谷、ムーミンバレーパークへ、昨日、ちょっと行ってきました。

正確に言うと、ムーミンバレーパークの正式な開園は3月なので、そこには入れません。

でも、その隣にある、メッツァビレッジは、無料で開放されているので、北欧の雰囲気を味わってきました。

ただ、駐車場代がかなりお高いので、知り合いの駐車スペースに停めさせてもらい、歩いて入口へ。


IMG_1862

IMG_1863

メッツァビレッジへは、ゆるやかな坂を下りていきます。

IMG_1884

うーん、なんか北欧っぽくなってきたな、って、北欧に行ったことはないけど。

IMG_1890

スタバはまだオープンしてないのね、coming soon だってさ。

IMG_1891

こちらはカヌー工房。で、カヌーも乗れるようです。

IMG_1895

ここからカヌーに乗れるっぽい。あれは、フィンランドの国旗かな。

で、その先もまだあったのですが、ムーミンバレーパークエリアは入れないため、引き返す。

IMG_1898

また、スタバの前を通って、閃いた。このスタバでマイタンブラーにドリップのトールを入れてもらったあとにですよ。

IMG_1900

この、湖に面した椅子の一つに座って、ゆったりとコーヒーを飲む。暖かい季節なら、海風ならぬ、湖風を受けながらコーヒーを飲んでリラックス。

IMG_1909

どの椅子にも、枕のようなクッションがあるから、頭も楽だし、ウトウトもできる。

午前勤務のアルバイト帰りに、ときどきの寄り道として使えそうだ。


IMG_1911

ビールが飲めるエリアもある。夏にはいいかも。

IMG_1915

風に揺れて、卵がゆらゆら。

更に少々逍遥を続け、1時間ほどぶらぶらして、初回訪問を終了。


IMG_1920

まあ、近いのでねえ、アルバイト帰りにも寄れるし、ということで、メッツァ来たい、のボタンを押しておきましたよ。

今年最初の一泊旅行は埼玉県内

昨年母が亡くなってひとりになってからは、車を運転して旅行に行くことがめっきり少なくなりました。

ひとりだったら、車で遠くまで行くのは不経済だし、軽自動車に替えてからは余計、遠出はしたくない。

でも、一泊でちょっと出かける気になったのは、アルバイトを始めて半年が経ち、有給休暇がもらえたからです。

で、今日、有給休暇を取り、昨日今日と、日月で、一泊旅行に行き、先ほど帰宅。

運転の疲れもなく、早めの帰宅となったのも、走行距離が少ないから。

昨日は、まず、長瀞へ。

宝登山神社の駐車場に車を停めて、歩きました。


IMG_1800

IMG_1806

IMG_1807

寒いからか、こたつ船待合室には誰もおらず。

IMG_1808
長瀞の石畳

IMG_1811

早めに宿へ向かう。今回泊まる宿の広大な敷地の入り口。

IMG_1812

うーん、エントランスまでが遠い。

IMG_1813

ツインルームに、ひとりで宿泊。

IMG_1814

翌朝の、ホテルダイニングからの眺め。

今回は、一泊二食、税込み4878円。

安かったので、夕食の際、税込み810円の生ビールを飲む。


IMG_1816

こちらは、ホテルのコテージ。 眺めは良い。

ホテルを出、車を少し走らせて、梵の湯へ。

月曜日の午前のせいか、お風呂には、お爺さん一人しかおらず、ほぼ貸し切り状態。

ただ、梵の湯、今時、ロッカーの100円が戻らないタイプ。

一時間ほど風呂にいて、秩父市内へ向かう。


IMG_1819
西武秩父駅と青い空

IMG_1820
ツリーハウスを提案している不動産屋さん

確かに秩父あたりだと、ツリーハウスを作れる場所には事欠かないでしょうね。

IMG_1822

秩父神社方面に向かって歩く。

IMG_1823
髪の毛と髭を生やした建物

秩父の街を散策後、車に乗り込んで、芦ヶ久保へ。

IMG_1832
芦ヶ久保の氷柱と青い空

IMG_1836
氷柱と太陽

IMG_1838

IMG_1842

今回は、遠くへ行く気力もなく、近場の一泊旅行となりましたが、そのために疲れはなし。

走行距離108キロ。

まあ、このくらいが、今の僕には無理がなくていいなあ。

お金もあまり使わない、近場の旅でした。


大正浪漫夢通りを通って相原求一朗に会いに行く

昨日、15日は、昼頃から川越に行ってきました。相原求一朗の生誕100年の回顧展があったからです。

IMG_1662

大正浪漫夢通りを通って、のんびり歩きました。

IMG_1665

スターバックスも、小江戸川越風

IMG_1668

第一部の展示が見られます。学芸員のガイドは14時からでした

IMG_1681

帰りは、夕闇迫る蔵造りの街を通って

IMG_1688

通し券を買ったので、次に行くのは、2月か3月になります。

アルバイトをするようになってから、遠くへ行きたい気持ちが薄れています。近くに川越があってラッキー。

また、相原求一朗に会いに行けます。


金持ちの天国貧乏人の地獄、東京で、吹き溜まる人々

お盆休みの14日と15日、東京に行ったのですが、14日の昼頃に行って、15日の昼過ぎに帰ってきたので、実質の滞在時間は24時間ほど。

営団地下鉄の24時間券は、日をまたいで使用できるので、それを使いました。

この時期の東京は比較的閑散としていて、宿代も安かったりします。たとえ楽天ポイントでタダで泊まるにしろ、使うポイントも少ないに越したことはありません。

さて、夜は、少し散策しましたが、無料で高いところに登れる都庁に行きました。


IMG_1379
エレベーター待ちの行列

IMG_1384
どうしても人が映ってしまうので遠慮気味にシャッターを押す

IMG_1386
ライトアップされた都庁

その後、新宿を歩いているときに、地方出身者の東京滞在について考えました。旅行者の滞在ではなく、上京してきて、東京に住み着き、帰るきっかけも帰る理由もなく、東京にとどまり続けている人たちです。

新宿を歩いていると、いろんな人を見かけますからね。どうしてもそういうことを、考えてしまうのですよ。

で、この日、夜なのに観光客を数多く目にしました。特に外国人。

そして、そうした観光客をどこか遠い目で見る、東京に住み着いた人たち。たとえば、ホームレスとか。

あるいは、安アパートで暮らし、日々生きることにいっぱいで、自分は旅行などできない人たち。

東京は、貧乏人にとっては、暮らすのに不向きな場所です。生活コストが高すぎます。旅行者にとっては、魅力的な街なのでしょうがね。

東京に住み着いた、あるいは、吹きだまった人たちというのは、もう故郷に帰る理由がないのかもしれません。もう親は死んでいるし、帰っても居場所なんかないし、みたいな。

それに東京は、生活コストは高いけど、うずもれてしまえば、精神的には楽に生きられる場所です。誰も、自分のことなど気に掛けないから、何をしても自由でいられます。

ただ、金持ちの天国貧乏人の地獄、の側面は強くあります。

翌日は、終戦記念日でもあるので、靖国神社に行きました。


IMG_1388

IMG_1392

九段下駅を出て、靖国神社に行く途中、実に様々な団体のパンフレットやら、雑誌やらを受け取りました。

いろいろな団体が、自分たちの主張を訴えていました。

参拝の帰り、鈴木邦男さんとすれ違いました。実際に目の前で見ると、ずいぶん小さい人に見えました。まあ、高齢というのもあるでしょうが。

「私は愛国者」と声高に言う人は偽物、と鈴木邦男さんは言っていますが、わかるような気がします。


青空と痛み

どこに行ってもよかったのですが、サイコロを振って、行き先を決めました。

IMG_1084
サムライブルーのこのJALで旅立ちました

IMG_1089
初日の宿は旭橋駅から歩いて3分ほどの距離にあるホテル

IMG_1113
首里城公園散策後に一休みした場所

オリオンビールのつまみに、お姉さんがミミガーを出してくれました。

IMG_1117
味のある石畳

IMG_1124
猫ちゃんもリラックス

IMG_1126
安里駅近くの宿 

こんな宿なら、安く泊まれます。一人旅には打ってつけ。

IMG_1127
こんな路地を歩き回って

上は栄町市場街ですが、牧志公設市場街とはまた違った趣があります。

その後、市場街とは対照的な、壺屋やちむん通りなども眺め歩きしながら、ふらりと寄った店で、マンゴーかき氷に出合いました。


IMG_1132
100パーセントまじりっけなしのマンゴーかき氷

凍らせたマンゴーをそのままかき氷にしているそうで、これは本当においしかったです。滞在中、3回も通いました。

IMG_1143
波之上宮の上の空

IMG_1144
那覇の街の、また、別の空

実は、今回の旅では、空の写真をたくさん撮りました。まあ、空を見に行くのが、この旅の半分の目的でしたからね。

IMG_1153
那覇滞在3日目に行った瀬長島

IMG_1156
海沿いの道を歩く

IMG_1160
やっぱり海でしょう

IMG_1166
海風テラス

IMG_1170
でも、ハブには注意しないとね

IMG_1176
具志営業所発の那覇バス内

瀬長島には、那覇バスを利用して行ったのですが、最寄りの停留所が具志営業所で、そこから歩いてかなりの距離がありました。

で、帰りも、その具志営業所から乗ったため、まだ、乗客は僕一人、街中を通るにつれ、乗客がぼちぼちと乗ってきました。


IMG_1183
世界遺産の識名園にも、那覇バスで行きました

那覇滞在4日目は、疲れが出て動く気になれず、前日行った瀬長島にあるホテルの温泉に行きました。このときは、赤嶺駅から送迎バスに乗せてもらいました。

IMG_1245
空と海を見ながら何も考えない脱力の時間でした

6月3日の初日こそ、雨に降られましたが、翌日から6月7日の帰りの日まで、ずっと晴天続きでした。

まあ、僕は晴れ男ですからね、だいたいどこに行っても晴れます。

これまで沖縄に行ったときは、いつもレンタカーを借りて動き回っていましたが、那覇にしっかり滞在して、ゆいレールやバスを使って、自分の足で歩きまわるのは、今回が初めてでした。

青空を見ていると、死んだ父と母の姿が思いだされ、切ないような痛みを感じましたが、まだ僕自身の人生は続くので、ここで気持ちを一段階切り上げて、これからの人生を生きていこうと思っています。

なんくるないさぁ。


探偵はBARにいるか

岩見沢から苫小牧に行く列車というのもあるにはあるのですが、いかんせん本数が少なく、札幌に戻って、苫小牧を目指しました。

IMG_0924

IMG_0933
苫小牧の海です

IMG_0938
苫小牧はロケット開発との関連も

IMG_0952
ロケット内の無重力対応トイレ

IMG_0953
苫小牧市庁舎最上階からの眺め


三日目は、まずは北海道大学へ。

IMG_0964

IMG_0980

その後、札幌市資料館へ。

さらにその後は、サッポロビール博物館へ。


IMG_1004

IMG_1008
試飲した席の椅子にも星マークが

その後、札幌市中央卸売市場場外市場へ。

IMG_1015

IMG_1016
名物の海鮮丼

その後、北海道神宮へ行きなどし、いったんホテルに戻って休憩後、夜の街へ。

IMG_1025

IMG_1026

IMG_1027

IMG_1028

IMG_1029

翌日は帰宅の途につくため、夜遅くまで、徘徊しましたが、探偵らしき人は見かけませんでした。

小樽の夜と岩見沢

3月19日から22日まで、昨年の続きの、北海道旅行に行ってきました。

まだ雪の残る風景が、見たくなったのです。

札幌のホテルに荷物を置いて、小樽へ。

IMG_0837
まだ雪の残る道

IMG_0840
運河の周りも雪景色

IMG_0847
裏道も雪で滑りやすく

IMG_0851
今回3連泊したホテルリソルトリニティ札幌

翌日は、JRのフリーパスを使って岩見沢へ。

IMG_0859
スタバのマイタンブラーを車窓近くに置いて

IMG_0861
東上線の森林公園駅ではありません

IMG_0866
少しずつ、吹雪いてきて

IMG_0871
視界も徐々に悪くなり

IMG_0873
こういう風景が見たかったのですよ

IMG_0887
岩見沢に到着

IMG_0889
晴れ間が広がって

IMG_0892
ショッピングセンターのようなところの無料スペースでマイコーヒーを飲む

IMG_0893
地元の人も無料スペースでくつろいでいます

IMG_0894

IMG_0895
見知らぬ僕にあいさつをしてくれたヤクルトのおばさんの後ろ姿

IMG_0899

IMG_0905

岩見沢を2時間ほど歩きまわって、駅へ

IMG_0906
なかなか近代的な造りの岩見沢駅

列車を待つ間、駅内にあるミニ美術館とでもいうべき個展を見ました。岩見沢で昼食を食べようと思っていたのですが、空腹を感じなかったので、何も食べませんでした。

良さげな店がいくつかあったのですが、腹が減らないのに食べてもねえ。

というわけで、この後、苫小牧に行くのですが、長くなったので、今日はここまで。

そろそろ限界かもしれません

一昨日、昨日と、一泊で、湯河原温泉に行ってきたのですが、泊ったのは、伊東園ホテルグループの、ホテル四季彩。

母も僕も、ともに3月生まれなので、2500円の割引が適用されます。

去年は、3000円引きだったのですが。

今後は、割引率も、だんだん少なくなっていくのかなと。

で、そんなことよりも、もう、バイキング形式の夕食は、高齢の母には、限界かもしれません。

バイキングにすることで、ホテル側は大幅に人件費を節約でき、そのおかげで、宿泊者は安いお金で利用できるのですが、もう、自分で料理を取りに行く、このスタイルは、母のような高齢者には、大変かなと。

やっぱり少々お値段は高くなっても、個室食事処で、少しずつ料理を運んでもらうスタイルが良いように思います。あとは、部屋食ですね。まあ、どちらかが良いように思います。

ということは、もう、伊東園ホテルグループには、行かなくなるか、と思います。

もうバイキングは嫌だ、という、母の気持ちもまた変わるかもしれませんので、どうなるかはわかりませんが。

そのバイキングの夕食前に湯河原温泉を散策。

IMG_0822
川沿いに歩く

IMG_0826
川沿いにあった小さな喫茶店


最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ