介護離職からのおひとり様快適生活

定年まで数年を残して介護離職したのち、父を自宅で看取り、その二年後に母も天国へ。風の時代の上昇気流に乗りながら、日々の暮らしでの気づきと心象風景を綴っています。

おひとり様の健康管理

日中の時間が潰せなくなり、一日が長く感じるように



僕は日々、

健康に意識を向けて、

生活しています。


健康というのは、

身体的なこともさることながら、

心、精神面の健康も、

勿論含まれます。


いやむしろ、

そちらのほうが、

より重要かもしれません。


以下は、マネーポストWEBからの一部抜粋。


 75歳の元地方公務員の男性は7年前に妻に先立たれた。2年前に軽い脳梗塞を患ったことをきっかけに、生まれ育った熊本の家を処分して埼玉の息子夫婦のもとで同居を始めたが、うまくいっていないと嘆く。

「こっちも気に入られたいから、毎月渡す食費や家賃分とは別に、孫の教育費など色々と金銭的な援助をしています。預金はどんどん減っていて、このままでいいのか……。

 息子夫婦は共稼ぎで、孫も塾通いが始まって日中はひとりで過ごすことが多くなった。熊本では近所は知り合いばかりだったけど、こっちでは日中の時間が潰せなくなり、一日が長く感じるようになりました」


うーん、 息子夫婦に気を使って、

肩身が狭い様子が浮かびます。


熊本の家は処分してしまい、

帰るに帰れない、と。


移り住んだ埼玉には知り合いもなく、

家でも気を使い、

事実上のATM状態。


こういう一日では、

確かに長く、

感じるでしょうし、

不安は、

つのる一方でしょう。


公務員をしていたくらいですから、

経済的には余裕があるかと思いますが、

妻の死と、

その後の自身の病気、

そして、

思わぬ移住先での孤独。

IMG20230206132850

九州の人が関東地方に来て、

慣れない土地での心細さと、

息子とは言え、

すでに家庭を持ち別所帯の中での孤独。


おそらく、

息子さんのお嫁さんの料理も、

微妙に口に合わなかったり、

するのではないでしょうか。


九州と関東では、

味付けの違いもあるでしょうし、

食習慣の違いもある、と。


さらに言えば、

若夫婦の家で好まれる肉料理などは、

70代ともなれば、

だんだん食べにくくなってくるもの。


かと言って、

自分のためだけに、

違うものを作らせるわけにもいかず。


孤独にも、

いろいろなタイプがありますが、

肩身の狭い、

疎外感のある孤独は、

僕の最も苦手とするものです。


人に気を使わない、

お気楽な孤独が、

僕には、




合っています。




年寄りが増えて介護施設からあふれて孤独死



僕も親の介護の経験はあるし、

また、ブログパトロールをしていて、

介護の現場で働く人たちのブログなども読んでいるので、

多少は理解しているつもりなのですが、

大変な仕事であることは間違いありません。


以下は、現代ビジネスからの一部抜粋。


 介護職の賃上げといって、国が月9000円上げると言ったじゃないですか。でも、そのとおりなんて上がらないんです。バカじゃねーの! って思うんです。  福祉を下に見ていますよ。誰も他人の下の世話なんてしたくない。介護職なんてやりたくない職業になってしまっている。だから、何か事情があって、しょうがなくヘルパーになる人がたくさんいるんです。離婚して生活できないとか、どこも雇ってくれないとか。根性の悪い人もすごく増えている。  だから、幸せな家の人を見ると羨ましくなって、妬んで、いじめる人、けっこういるんですよ。そういう根性悪がいたら、質の良い介護なんてできないんです。  介護職は本来は、利用者の皮膚の状態を観察して、健康の変化に見落としがないか、そういうことをチェックして看護師に伝える役割があるんです。そういう専門職なはずです。  お年寄りが増えて、介護施設からあふれて孤独死していく。なのに、介護職自身が生活できない賃金なんですよ。本当に、政治家には怒りしかないです。一度でもいいから、介護やってみろ。ちゃんと賃金アップして、良い人材が増えるようにして欲しい。


うーん、 本来介護職というのは高度な専門性だけでなく、

人間性も問われる難易度の高い仕事だと思うのですが、

それに見合った報酬が得られないのであれば、

働く人の善意に縋る実情なのか、と。

IMG20230112105608

額面で40万円以上、

属性に寄って手取り額は変わりますが、

扶養控除のない独身者であっても、

手取りで30万円以上は出してあげないと、

いけない職種だと思います。


それに賞与をきっちり支払って、

年収500万円以上は支払ってほしい、と。


まあ、それだと、

年収平均を、

IMG_5535

上回りますが、

それくらい大変なことをしているのですから、ね。


ただ、一方で、

高齢者もまた、

増える一方。


防衛費増額による、

増税の足音も聞こえる中、

それでも庶民は、

今日を生きるに如くはなし。


僕も、

もはやシニア世代なので、

健康で、

可能な限り長く、

自立した生活が続くことを、

志向しつつ、

日々、

禅僧にも似た生活を、

しています。





あんたの家族やったらどないします?



いつまでこの茶番を続けるのか。

案の定、YouTubeでは、動画は削除。

07


あんたの家族やったらどないします?

と泣きながら叫んだ、

女性の叫びを、

あなたは、

どう、

思いますか。 


https://odysee.com/@jimakudaio:9/2022-11-25-study-session-on-causal-relationship-between-covid19-vaccination-and-deaths:f


須藤元気も、

心で泣いています。


自らも薬害エイズで苦しんだ、

川田議員も、

泣いています。



もうこれ以上の悲劇は要りません。


尾身茂さん、

退場してください。






僕が自宅で死にたい理由



僕は50代後半で介護離職後、

自宅で父を看取ったのですが、

自宅に帰れると知った父が、

鼻歌混じりで喜んだ光景を、

今も、思い出します。


事程左様に、人は住み慣れた自宅で死にたいもの。

それは僕とて例外ではなく、

ましてや天涯孤独で保証人もいない僕であれば、

なおのこと、入院生活は避けたいところ。


昨年、ローコスト生活でありながら、

食費を上げたのも、

そうした理由があってのこと。


以下は、ネット記事からの一部抜粋。

日本の一般医療では、寝たきりで意識のない老人にも、体中にチューブを巻きつけるなどの極端な延命治療が行われ、医療費44兆円の半分が65歳以上高齢者に費消される異常な医療実態があります。

欧米の医療では、考えられないような寝たきり老人への過剰施術ですが、これも日本医師会の金儲けの重要な肝になっているからに他なりません。

もちろん、日本医師会はスイスなどのごく一部の国で、わずかに行われている「公的安楽死」などは絶対に認めない立場です。

高齢者の延命医療こそが「カネのなる木」だからです。


IMG20221226132103


うーん、 父は老衰で亡くなったのですが、

 

火葬場で、骨がしっかりしていると褒められました。

 

生前、ほとんど薬を飲まない人だったので、

 

薬害による影響が少なかったのでしょう。

 

 

コロナワクチンについても背後にいろいろな闇があり、

 

陰謀論めいたことを横においても、

 

巨大な利権というものは、

 

無視できません。 





これは、

このような弱小ブログで語り切れるものでもなく、

 

まずは、

自分の心の平安と、

 

健やかな健康を維持することに注力し、

 

日々の暮らしの中に、

 

喜びを見つけていきたいと、

 

思っています。

 

 

そして、

そうした心的態度こそが、

 

自宅で安らかに死ねる道へと、

 

続いているように、

 

感じています。

 

 

 

 

生活の質の向上と節約とのメリハリ



昨日は、おせち料理の添加物の話をしたのですが、

見栄えをよくするための余計な加工は無用。


余計なものの代表格が、第3のビール。

わざわざ企業努力して、まずいものを作っている、と。

これは、国の税金のかけ方が間違っているからで、

あながち、企業だけを責めることもできません。


以前は、ただ安いからという理由で、

発泡酒や第3のビールなども飲んでいましたが、

考えがすっかり変わりました。


今は、飲む回数を減らしてでも、

まともなものを飲むようにしています。 


今飲んでいるのは、地元川越の、コエドビール。

IMG_5385

地ビールはいろいろ試し飲みしていたのですが、

小江戸に落ち着きました。


コエドビールは、アルコール度数が違う3種類があり、

どれも、美味しいです。

どうせ、一回に、350ml一缶しか飲みませんから、

ビールもどきの贋物の不味いのを飲むのは、人生の損。


かけがえのない人生。

なるべく、不純物は、取り除きたい。


今は、スーパーで買うよりも、

ネットで大量買いすれば、

一缶当たりの単価が安くなるので、まとめ買い。


飲食費が増えた分、

支出は多少増えましたが、

生活の質の向上と、

節約とのメリハリが、

今の課題です。




もう御節を頼んでしまった人は読まないでください



最近では、一人用の御節も出ていますが、

おせちの大半は、家族など、数人で食べるもの。

なので、おひとり様の僕は、

御節を頼もうという気がないのと、

あとは、添加物の問題。 


よく、無添加を売りにしているものもありますが、

それ、どこまで信用できますか、という話。


以下は、東洋経済オンラインからの一部抜粋。


なぜ「市販のおせち」には、大量の添加物が使われるのか。そこには「4つの理由」が潜んでいます。


理由①「冷凍変性」を防ぐ必要がある

理由②「惣菜」「お弁当」以上に、「長期保存」をしなければならない
おせちは元日に間に合うように、年内31日までに配送しなければなりません

デッドラインも大切ですが、量も大量に作らなければなりません。ですから、かなり早い時期から作り始めます。

「鴨のロース」や「栗きんとん」など、日持ちするものはお盆過ぎぐらいから作り始めることもあります。

理由③「キャリーオーバー」という「見えない添加物」の問題
おせちは、材料をさまざまな国から運んできて、それぞれの食品工場で作られたものを仕入れて詰め合わせることが多いと述べました。

すると、そこで懸念されるのは「キャリーオーバー」という問題です。

「キャリーオーバー」というのは、「添加物A」の入った食品を原材料として、加工食品を作り上げた場合、「出来上がった食品に『添加物Aの働き』が有効でない場合、『添加物A』は『最終的なラベル』には表示しなくていい」というものです。

たとえば「甘味料」や「保存料」が使われたしょうゆを使って煮物を作ったとします。その場合、しょうゆに使われている「甘味料」や「保存料」は、最終的な「煮物」のラベルには表示が不要なのです。

理由④「惣菜」「お弁当」以上に「豪華さ」「華やかさ」を出す必要がある
おせちは高級食材が使われたハレの日の料理です

ここでも大活躍するのが添加物です。

・卵……「着色料」を使って「より真っ黄色」にする

・れんこん……「漂白剤」を使って「真っ白」にする

・黒豆……「硫酸第一鉄」で「より真っ黒」にする

・栗……いったん「漂白剤」で白くしたあと「クチナシ色素」などの「着色料」で「透明感のあるキレイな黄色」にする

0-68

うーん、上記はほんの一例のようです。

見た目を大事にするがゆえに、

肝心かなめの食の安全が脅かされ、

その蓄積が、

健康にも害を及ぼす、と。


現代社会の歪みが、

透けて見えるようです。




体調不良の時こそ1人暮らしがいい



おひとり様というのは、ときどき、あらぬ誤解を受けます。

一人だと、寂しいのではないか、とか、

一人だと、大変ではないか、とか、

あるいはまた、病気の時とか、大変でしょ、みたいな。


でもね、

体調不良の時こそ1人暮らしがいい、のですよ。

調子の悪いときこそ、

気を使いたくないんですから。


あと、それ以外の誤解は、

暇すぎて

つまんないんじゃないの?


と訊かれたら、

は?

と、応えます。


二つ前のアルバイトの時、

同僚は、皆、60代で、僕より年上。

年金をかなりもらっていて、

生活には困っていない、と。


で、何で働いてんですか、と訊いたら、

他にやることがないから、と。


僕だったら、

年金がたっぷりあったら働きませんけど、

と言ったら、

暇すぎて

つまんないんじゃないの?


と、訊かれた、というわけ。


暇がつまらない人がいるんだ、と、

僕のほうが驚きました。


しかも、

どうやら、

そちらのほうが、

多数派らしいことが、

同僚先輩たちの意見を聴いていて、

わかりました。

IMG20221102132148

暇こそが、人生の醍醐味でしょうに。

ねえ。



60代は疲労の回復に時間がかかる



少し前に、

スローライフの功徳について話しましたが、

まだ言い足りないので、続きを。


健康と経済は、密接不利な関係にあり、

僕が、月6万円乃至6万5000円ほどで、

暮らしていけているのは、

健康が維持できているからだと、思っています。


もし、医療費がかかっていたら、

7万円以下で暮らすのは無理な話。


で、経済というと、

すぐに働くことが頭に浮かびますが、

7月に、僕が熱中症で倒れた職場も、

速攻で辞めましたが、

それは、目先の現金よりも、

トータルでの経済的視点を重視したから。


50代の半ばあたりから気がついたことは、

疲れやすくなったことと、

注意力が落ちたこと。

ましてや60代の今は、なおさら、です。


疲労がたまってくると、

我知らず、蓄積し、

その蓄積が、

やがて病気の引き金にもなる、と。


そうは言っても、

フルタイムで働かなきゃやってけないのよ、

という人は、

ここから先を読むのはおすすめしません。


僕は、人生はトータルで見るべきだと思っていて、

ましてや老後という晩年においては、なおのこと。


健康を損ねたら、

自分が苦しむだけでなく、

お金もかかります。


さらに言えば、

僕のような天涯孤独者は、

誰も、頼れる人がいません。


なので、健康あっての経済、なのです。


で、スローライフですが、

意識してゆっくりと生きていると、

不思議な知恵が浮かんできます。


その知恵の導くほうに動いていると、

だいたいのことは上手く行きます。 

IMG20220530131932

話を疲労に戻すと、

疲れたらすぐに休む

そして、

それができる環境を維持する


どんなに疲れていても休めない、

という人もいるかと思いますが、

その疲労の蓄積が、

いずれはあなたの人生をも、

蝕むことになるかもしれませんよ、

ということ。


60代の疲労の回復には時間がかかるし、

今後は、年を取るほど、

その傾向は増してくると思うので、

心して、

スローライフを送りたいと、




思っています。



老人ホーム入居中に貯金が底をついた90歳女性



僕は、自宅で死ぬと決めています。

まあ、決めるのは自由なんですが、

その通りになるかどうかは運次第。


でも、まずは、自分で決めないとね。


女性は、男よりも長生きリスクがあり、

それがネックになることも、

今日は、そんな話を紹介します。

以下は、プレジデントオンラインからの一部抜粋。


武藤喜久子さん(仮名/78歳)が私のもとに相談に来たのも、まさに「寿命」が原因でした。

彼女には老人ホームに暮らす姉の畠中富さん(仮名/95歳)がいるのですが、そのお姉さんの寿命を読み違えてしまったことで、老人ホームの資金がショートしてしまったのです。

富さんが老人ホームに入ったのは80歳の時のこと。施設の一時金は400万円で、月額料金は30万円。一時金が抑えられているかわりに月額料金が高めに設定されている、高級な部類の老人ホームでした。

富さんのお金は、毎月の年金7万円と2500万円の貯金。当然、年金だけでは老人ホームの月額料金をまかなえないので、残りの23万円を貯金から切り崩して支払っていくことを決め、施設側の審査も無事に通って入居となりました。

しかしその10年後、富さんが90歳の段階で貯金が底をついてしまったのです。

なぜこんなことが起きたのか? そう、答えは「寿命」です。

妹の喜久子さんも富さん自身も、「人生は85歳くらいまでだろう」と予想していました。そして最期くらいはゆったりと気に入った空間で過ごしたい、過ごさせてあげたいという気持ちから、姉妹で話し合い、少し値の張るこの老人ホームへの入居を決めたのです。

この問題、結論から先にお話しすると、富さんは生活保護を申請し、前よりもだいぶグレードの落ちる、月10万円(居住費のほか、食費、日常生活費など込み)の老人ホームへ移ることになりました。

0-46

うーん、 2500万円の貯金も、

長生きリスクには足りなかったわけで。

でも、日本国には、生活保護という最後の砦がある、と。


考えようによっては、95歳まで優雅に暮らせたのですから、

あとはおまけと思って、

心穏やかに生きれば良いのではないでしょうか。


さて、僕が自宅で死ねるかどうかも、健康次第。

無理をしない日常を、心がけています。




貧しい人ほど煙草を吸いたがる



昨日は、伊勢崎市で40.2度、桐生市で39.8度、

そして鳩山町で39.2度と、6月としてはかなりの高温。

やはり、冷房をつけないと、やばいと思ってつけました。


さて、昨日は、無職のドラ息子が月3万のたばこ代、という話をしましたが、

僕もかつては、たばこを吸っていた時期があるので、

吸う人の気持ちは多少はわかります。

珈琲と煙草って、合うんですよね。


若い頃はよく、喫茶店巡りをしていて、

カフェ、じゃなくて、喫茶店、ね。

喫茶店のマッチを集めたりするのが趣味の一つでした。

で、喫茶店で吸う煙草は、一段と美味かったのですよ。


あとは、マージャンをするときは、たばこは必需品でした。


でも、たばこは体調にもよろしくないし、

僕の場合、心臓が苦しくなったりしたので、

最終的にはやめたのですが、

先日、上福岡の後輩が、

金のない奴ほど煙草が離せないんすよね

と言っていたのを思い出しました。


彼曰く、

金のない奴は、たばこ好き、パチンコ好き、酒好き、女好き

だ、そうです。


そこで僕が、女のたばこ好きはどうなるんだ?と訊いたら、

パチンコ好きのパの文字をオに替えて、

女好きの女の文字を男に替えればいいんですよ、と。


なるほど、たばこが一箱いくらなのか知りませんが、

中毒で吸っていたら、万札が飛ぶかもしれません。

そのうえ、パチンコに行っていたらあっという間に金がなくなるし、

それで負けてやけ酒を飲んでいたら体はダメになるし、

たまにパチンコで勝っても女好きで風俗で散財、と。

こりゃあ、負のスパイラル、そのもの。


で、体力がなくなって、

中年期以降は、病気での散財もある、と。

つまり、金が出ていくばっかりの人生です。


タバコ、パチンコ、酒、風俗、と、

見事に、企業、あるいは、国の仕掛けた罠に落とし込まれ、

自分を見失って病気になり、底辺を這いずり回る人生。


え?

先日、スナックで倒れて救急搬送されたお前が言うなって?

失礼しました。


で、ここからは、僕の意見。


僕は、たばこを吸う権利もあると思うし、

喫煙者がみなダメでもないし、

現に先日一緒に酒を飲んだ金城君も愛煙家で、

1日2箱は吸っていますが、

彼はナイスガイというか、性格はめっちゃいいですしねえ。


また、愛煙家でも、お金持ちはいますからねえ。

一概に、決めつけられないよ、と、後輩に言ったのを覚えています。


ただ、歩きたばこなどは、いかがなものか、と。

0-54

副流煙の問題もあるし、

携帯灰皿に吸い殻を入れる人もいますが、

中にはポイ捨ての人もいて、まあ、愛煙家も人それぞれ。


この辺りは、愛犬家の糞の問題と同じで、

個人個人のモラルに行きつくと思っています。



 
最新記事
最新コメント
ハピタスでポイント生活を
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
介護離職からのおひとり様ローコスト生活 - にほんブログ村
スポンサードリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
  • ライブドアブログ