介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

おひとり様のザックリ料理

自粛引きこもりの今日は、無水カレーを作ってみた


今日、明日は休みなので、朝からのんびりしたものです。

買い物は明日行く予定なので、今日は引きこもり日。

何を作ろうかなと考えて冷蔵庫を覗き、まだ、ミニトマトとナスがあったので、それらを使って無水カレーを作ることにしました。

まずは、固めの材料から入れていきます。 


IMG_3196

じゃがいもとニンジン、ニンニクと玉ねぎを入れます。

IMG_3197

そのあとに、ミニトマトとナスを入れて、

IMG_3198

最後に、鯖缶を入れます。

で、無水鍋の蓋をして、加熱。

その後、頃合いを見てルーを入れればオッケー。


IMG_3199

うーん、いい感じ。

無水鍋で作る無水カレーは、濃厚感が強く、味が濃い感じ。


IMG_3200

で、同時に炊いていたご飯にかけて、出来上がり。

ミニトマトやナスだけでなく、ジャガイモや他の野菜も崩れながらも多少は原形を保ち絶妙に溶け合うのが、無水カレーの醍醐味。

あと3回分は食べられるくらいあるので、場合によっては、あと一回だけ食べて残りを冷凍保存する手もあります。

まあ、とにかく、Stay home as much as possible”  と言われている今は、自炊は最強ですよ。

なので僕は、調理器具は充実させています。


食材を使い切る自炊と外食とのバランス


食べることの話が連続していますが、だいたい3日ほどのスパンがあれば、それぞれの食材をほぼ使い切る感じになります。

まあ、これは、食材によっても、差があるので、一概には言えませんが。 

それと、冬と夏でも、違ってきますね。

冬などであれば、一度キムチ鍋を作っておくと、一週間ぐらい持ったりします。キムチ鍋に限らず、冬に作る料理は日持ちがしますが、夏に近づくにつれ、なるべく3日以内に食べきるようには、心がけています。

さて、昨日も、アルバイトに行く前には、昼食を素早く作ったのですが、それが以下のもの。


IMG_3188

日曜日に炊いたご飯の残りを、パラパラチャーハンにしました。これで、日曜日に炊いたご飯、2合分を、消費し切りました。

ミニトマトと豆のスープも、作り置きからのもの。

スーパースプラウトとタマネギの酢漬けのサラダは、ベースができているので、スプラウトを少し加えるだけで出来上がりです。

ちなみにこのサラダは、ベースは、サバの水煮。サバの水煮自体にある程度味がついているので、ドレッシングなどは必要ありません。まあ、たまには、いろいろなドレッシングを試してみることもありますが。


そして、アルバイトから帰宅後の、夕食が以下。


IMG_3189

木綿豆腐が賞味期限が来ていたので、冷ややっこに。残りを、サラダに加えて、これを混ぜれば、白和え風になります。

これに、2枚組で買ったホッケの残りと、残っていたナスをオリーブオイルで焼きました。焼きナスにも冷ややっこにも、おろし生姜をかけています。

炭水化物は、乾麺にしました。2把分です。

日曜日に炊いたご飯、2合分を、昨日の火曜日に消費し終えたわけですが、実は、今日も、ご飯を炊く予定はありません。

今日は、アルバイト前に、ガストでランチの予定。

で、帰宅後は、まだ、食パンが余っているので、それを、フレンチトーストにし、トマトと豆のスープの最後の残り分を副食にする予定です。

なので、今日もご飯は炊かない予定。

こんな感じなので、お米を5キロも買えば、かなり持ちます。

ガストのランチも、コスパを考えて、日替わりランチ。

そして、下の、100円割引券を活用します。


IMG_3193

これを使えば、支払いは、400円台。

しかも支払い時には、Tポイントも付けます。200円で1ポイントだから、2ポイントが付きますね。

勿論、支払いは楽天カードなので、これも、楽天ポイントが付きます。

500円を超える支払であれば、株主優待券を、使います。

まあ、状況に合わせて、いろいろと使い倒すことが肝要ですね。


ひとり暮らしは、食材を余らせないことが肝要


前記事につづいて、簡単料理の話。

日曜日の昼は、味噌ラーメンと卵サンドだったのですが、卵サンドを作る時の卵は、だいたい一回に3個ほどを茹でます。

そうすると、一回では使いきれず。すると、こんな感じで、残りますよね。


IMG_3183

それを、また、使います。

 あと、隣にあるのは、酢たまねぎ。これは、常備しておくと、使い勝手がいい。


IMG_3182

だいたい、多いのが、ブロッコリースプラウトと一緒に使うケース。

少しお高いですが、スーパースプラウトが栄養価が高いので、これを、一週間に一パックは使っています。

それと、前日に作り置きしておいたミニトマトと豆のスープを皿にとって、

IMG_3184

これを、レンジで、チン。

じゃがいもとニンニク、たまねぎも入っています。

じゃがいもは、加熱しても、ビタミンCが破壊されないので、すぐれた食材。



IMG_3185

で、トーストに、卵サンド用の具を塗り付けて、これをサンドイッチにして、

IMG_3186

簡単昼食の出来上がり。卵サンドのほかに、片面だけピーナッツバターを塗ったトーストも用意。

これもサンドにしてしまうと、トースト4枚になってしまい、少し多いかなと、思ったので。

で、アルバイトから帰宅後、まだ、卵が余っていたので、また、卵サンドを作り、日曜日に味噌ラーメンを作ったときに使ったイカの残り部分をバターで焼き、うどんを作って、夕食にしました。


IMG_3187

うーん、昨日は、余っている食材を使うため、ご飯は炊きませんでしたね。

うどんの具も、その時あるものを使うので、昨日は、椎茸一個と、残っていたほうれん草とミョウガと長ネギを入れ、冷凍保存してあるちくわの磯辺揚げ、を一つトッピング。


ひとり暮らしは、食材を余らせないことが肝要。

なるべく、無駄なく、使い切る暮らしです。


昨日の食事と無病法


お酒を飲まない生活は、楽ですね。

お酒と言っても、僕の場合は発泡酒だったのですが、350ミリリットルを1本、だいたい食事のときには飲んでいたのですよ。

あとは、風呂上りに、一本、とか。

まあ、そうした習慣を辞めてみると、中身の濃い時間が過ごせるようになりました。

アルコールで、半ば正気を失っている時間というのは、ほんとに、たまに人と会って騒ぐ時ぐらいが良い、と、思うようになりました。 

つまり、普段の日常生活で、アルコールを生活の中に組み込むのは、僕の場合ですが、あまりよろしくない、と。

その、最大の理由は、内省がおろそかになるのですよ。

今は、心がかなり内向きになっているので、内省に集中していかないとね。


さて、昨日の昼は、味噌ラーメンと卵サンドだったのですが、味噌ラーメンは、今、いろいろなバリエーションを試しています。


IMG_3176

どんぶりの端が欠けていますが、一人暮らしなので、気にせず、使い続けています。

もやしとキャベツと玉ねぎとニンニク、それにイカゲソがあったので、それを炒めたものを味噌ラーメンに載せました。これに、バターをのせれば、完成。


IMG_3177

野菜の味付けをもう少し濃くしておかないと、麺の味が薄くなる気がしました。


で、夕食は、質素なものです。


IMG_3180

納豆とホッケで、たんぱく質を補っていますが、それ以外は、禅僧のような食事。

炊飯器はいいものを使っているので、あとは、熱々のご飯があれば、十分満足。

昼に味噌ラーメンを食べたので、味噌汁は、なし。

今、無病法という本を読んでいますが、極小食のすばらしさについて、書いている本です。


IMG_3181

僕などは、まだまだ、食べ過ぎだと、思います。

僕は、一日2食か、時には、1食なので、食事の回数はこれでよい、と、思っていますが、もう少し量を減らして、あとは、噛む回数を増やしたいと、思っています。

まあ、一人暮らしなので、さっさと食べちゃいなさいよ、などと、せっつかれることもないですからね。

食事も、生き方も、常に工夫しながら、よりよい生活を目指していきたいと、思っています。


今年最初の料理とシェリーに口づけ


おせちやお雑煮を除く、今年最初の料理は、白菜のクリーム煮。

IMG_2976

まあ、料理というほどのものではありませんが。

実は、白菜が大量にあるのが理由です。

お雑煮にも入れましたし、キムチ鍋にも入れましたが、それだけでは芸がない、ということで、昨年からレパートリーに入れた、白菜のクリーム煮のお出まし。


一回作ると、一度では食べきれないので、大体2回に分けて食べます。

上の写真は、昨日の昼食時に食べたもの。

お雑煮や(白菜入り)、伊達巻やかまぼこ、栗きんとん、と一緒に食べ、夜は、海老天蕎麦(大みそかの年越しそばの残り物のエビを使用)と一緒に、2回目の白菜のクリーム煮を食しました。



なんでそんなに白菜があるのかと言うと、年末にそれぞれ別のスーパーで白菜をまるごと一個買ったのですが、さらにまた、タクシードライバーのMさんに、白菜と大根をもらったのですよ。

一人暮らしは、食材の消費に時間がかかりますからね。

まあ、白菜は大好きなので、毎日食べても飽きませんが、調理方法を適度に変えないと、ね。


さて、白菜のクリーム煮を食べていたら、唐突に、次の曲が頭を流れ、




なんやろ、この関連性は、と思ったのですが、流れてしまったのだから仕方がない。

まあ、いろいろと、不思議なことはあるものです。

ポルナレフと言えば、まだツェッペリン結成前の、ジミー・ペイジやジョン・ポール・ジョーンズが、ロンドンでのレコーディングに参加していますね。


ああ、それと、まだ先月の外食記録を残してなかったので、掲載します。

12月4日が、ガストでランチ、13日が、活鮮で寿司ランチ、14日が、ブラッスリー・ル・リオンでコース料理、17日が、活鮮で寿司ランチ、19日が、マック、20日が、活鮮で寿司ランチ、25日が、ブロンコビリーでランチ、27日が、活鮮で寿司ランチ、28日が、ジョイフルで和定食、29日が、和食よへいでしゃぶしゃぶ食べ放題、でした。

計10回と、通常よりも少し外食回数が多かったですね。

まあ、言い訳をすると、ブラッスリー・ル・リオンは、友人の快気祝いだったため、通常のランチ外食とは異なるし、28日のジョイフルと、29日の和食よへいは、忘年会を兼ねています。

そのため、さすがに12月は、通常は2万円で済む食費が、かなりオーバーしました。

まあ、たまにはいいか、ということで、何とか少ない家計でやりくりしています。

今年も、ローコスト生活は続きます。

ローコストで生き抜くための自炊力

今はアルバイトをしているため、疲れからときどき手抜きの自炊となることもありますが、完全フルリタイアであれば、自炊力は、さらに発揮されると思っています。

実は、今日は祝日ですが、出勤日。


6時過ぎには家を出て、先ほど帰ってきて、少し眠りました。

仕事帰り、隣の市の図書館に借りていた本を返す途中、久し振りにリンガーハットで、長崎ちゃんぽん麺2倍、を食べました。

2倍でも料金は変わらないので、当然、2倍ですよねえ。


さて、自炊は、野菜をしっかり食べるのが基本。

玉ねぎの酢漬けは、常にストックしてあるし、キャベツは、毎回1個買いして、千切りに。


IMG_2624

このくらいの分量のキャベツであれば、ひと玉の大きさにもよりますが、だいたい8皿分くらいは、つくれるでしょうね。それで、78円とか、128円とか、野菜は、値段が変わりますが、その程度。

なので、上の写真の分量のキャベツの千切りであれば、10円から15円くらいでできます。

隣に何を置くかは、バリエーションで、その日によって変わります。

キャベツや玉ねぎは、使い勝手が良い食材なので、自炊には欠かせません。

アルバイトで疲れて、出来合いの総菜を買うこともまれにありますが、完全リタイアとなれば、食費は間違いなく2万円を切り、15000円くらいで十分だと思います。


やり方次第では、12000円ほどで、賄えるかと、思っています。

疲れているときは、手抜きの夕食もありだよね

この夏は、僕は結構、手抜きの夕食で済ませることも多かったです。

直近では、群馬方面に旅行に行って帰ってきた日の夕食。

台風一過後の暑い日だったし、台所で、火を使いたくなかったし。

ということで、そのときの簡単手抜きの夕食がこちら。


IMG_2420

旅行帰りに地元駅で降りたその帰り道で寄ったヤオコーで買ったフランスパンと生ハムとレタスを使っての簡単サンドイッチ。

ちなみに、トマトとチーズは、冷蔵庫にありましたから、それを使いました。

で、スープはお湯を注ぐだけのインスタント。

添え物のサラダは、冷蔵庫にあったもの。豆腐などはもう水気が抜けている感じ。

で、これだけの夕食で済ませました。

一人暮らしのアドバンテージは、自分の都合に合わせて、食事ができるところ。

家族に食べさせるとなったら、こんな手抜きは許されないでしょうから、ね。

やっぱ、一人暮らしは最強じゃね。


一人暮らしなのに大きな冷蔵庫を所有している理由

僕は、一人暮らしには分不相応なほど、大きな冷蔵庫を所有しています。

野菜室が真ん中にある、ジャパネットたかたで買ったやつ。


IMG_2270

冷蔵庫が大きいと、調理済みの鍋も、そのまま保管できます。

この利点は、大きい。

さらに言えば、スイカ。

去年は、大きなスイカを8つくらい食べました。

普通、一人暮らしならば、切ってあるスイカを買うかと思うのですが、僕は丸ごと買います。


IMG_2271

包丁も、3本で2万円のいいやつを使っています。

そういうところに使うお金は、惜しみません。

で、スイカの話。

スイカを丸ごと買えば、今だと、だいたい2000円前後。

まあ、丸ごと一個買うリスクは、個体により当たりハズレがあること。

でも、まあ、だいたいおいしいスイカに当たります。

この写真のスイカは、千葉県産、かな。

今、冷蔵庫に入っているのは、新潟県産。

で、大きな冷蔵庫の利点は、スイカの半分切りしたやつを、そのまま保存できる点。

それを、食べたいだけ切って、夏の間は、ほぼ毎日食べています。

夏は、スイカでかなり水分を補給しているので、発泡酒も、あまり飲まずに済みます。

今年は、今のところ、あまり暑くないので、去年ほどにはスイカも、食べないかもしれませんね。

一日一食生活の昨日と今日の夕食

一日一食生活に関する記事の3連投になってしまい、恐縮ですが、今日は、昨日の夕食と、今日の夕食の写真をアップしてみます。

まあ、ローコスト生活ですから、大したものは食べていませんが、自炊なので、何を食べるのも自分の自由。

で、まずは、昨日の夕食ですね。


IMG_2094

サラダと豚バラの野菜炒めとミネストローネスープと発泡酒。

豚バラらの野菜炒めは前日の残り物。ミネストローネスープもその二日前に鍋で作り置きしておいたもの。だいぶ汁けがなくなって、食べるスープみたいになっています。

ミネストローネスープは一度作ると、4回は食べられます。ミネストローネスープの中身は、サバ缶一個分のサバ、大豆、大根、玉ねぎ、トマトです。

野菜炒めも、前日作って食べきれなかった残りですが、必ず入れるのはニンニク。今回は、茄子の漬物の期限切れがあったので、それも投入。


IMG_2095

で、そのあとに、カレーうどんを作って食べました。マルちゃんのカレーうどん、例のインスタントです。青ネギと豚バラと玉ねぎが入っています。一緒に塩大福と草餅を食べ、牛乳を飲みました。

写真にはありませんが、デザートは、キウイフルーツとプレーンヨーグルト。

上記の合計で何カロリーになるのか、わかりませんが、以上が昨日の夕方食べたものになります。その1回の食事だけ。まあ、一回の食事量としては、食べたほうかもしれませんね。

で、次が、今日の夕食。


IMG_2097

今日はちゃんとご飯を炊き、みそ汁も作りました。みそ汁の具はジャガイモと大根、油揚げです。

おかずは、キャベツ千切り、目玉焼き、厚切りハムカツ、茄子をオリーブオイルで焼き、生姜のスリおろしと鰹節をかけたもの、甘くないたくあん、納豆です。納豆は、ご飯の温度が下がってから、つまり、最後に食べます。

で、今日も、塩大福を二つお茶を飲みながら食べました。以上が、今日の一日一食生活の夕食でした。

明日も、一食の予定ですが、明日は外食を考えています。

藍屋でランチの予定。期限内に消化しなければならないサービス券があるので。

そうすると、その一食で終わりになるかもしれないし、家に帰ってから、軽く食べるかもしれません。

以前にも話したように、必ずしも一日一食生活にこだわっているわけではないので、2食のときもあるということですね。

ただ、3食食べることは滅多になく、年に数回程度ではないかと思います。

あ、それと、先日、友人Oと近場を散歩した日も、一日一食生活でしたが、その日は質素にお好み焼きだけ。それも、アップしておきます。

IMG_2091

この日なぜお好み焼きにしたかと言うと、実は賞味期限切れの小麦粉があったのですよ。ただ、未開封のものだったので、大丈夫だろうと思い、適当にある材料でお好み焼きを作りました。

山芋はなかったのですが、卵と小エビとしじみ、キャベツ、紅しょうが、が入っています。

まあ、広島や大阪の人には見せられないような代物です。

添え物として、申し訳程度のシシャモがあります。

飲み物は、ウィスキーのロック水割り。

で、この日、5月4日だったかな、は、これだけの食事でした(自慢にもなりませんが)。

お安い、ローコスト、一日一食生活ですね。


ちょっとリッチなサンドイッチを紹介します

一昨日、仕事帰りにベイシアに寄ったときに、ローストビーフが半額になっていたので買ってみました。

僕が29歳のときに勤めていた米軍横田基地内にあるNCOクラブで、よく昼に食べていたのが、サンドイッチ。

で、だいたい、ローストビーフが挟んであるやつを食べていました。

サブウェイなどでも、ある程度、こちらの要望を聞いてもらえますが、野菜2倍盛り、とかね。

でも、やっぱ自分で作るのがいちばん。

で、ちょっと、リッチなサンドイッチを紹介します。


IMG_1847

まずはゆで卵をつぶして酢漬けにした玉ねぎをみじん切りにしたものを入れ、マヨネーズで混ぜたものをトーストに塗りつける。

その上に、スライスしたキャベツとピーマンをのせる。


IMG_1848

その上にスライスしたトマトをのせる。

IMG_1849

その上にローストビーフをのせる。

IMG_1850

その上に、また軽くキャベツをのせる。

IMG_1851

トーストを上にのせて、ちょっとリッチなサンドイッチのできあがり。

IMG_1853

卵と酢漬けにした玉ねぎ、キャベツとピーマン、トマトとローストビーフが混ざり合って、おいしいですよ。

で、タラも半額になっていたので、買ってきて、タラとジャガイモの白ワイン煮込みも作ってみました。


IMG_1852

これも簡単で、まずはスライスしたにんにくをオリーブオイルで香りが立つまで炒めます。そこに、玉ねぎとジャガイモを加えて軽く炒めたら、タラの切り身を入れます。それをまた軽く炒めたあと、白ワインと白ワインよりも少量の水を入れ、煮込みます。

水気がなくなったところで、塩コショウで味を調えるだけ。

オリーブオイルと白ワインと白身魚は相性が良いので、そこにジャガイモに限らず、いろいろな食材を投入して、いろいろな組み合わせを模索しています。

ジャガイモも、玉ねぎも、300円ほどで袋売りしているものを買えば、量も多く、半月以上は持ちますね。

食材の話をしていると終わらなくなるのでこのくらいにしますが、ローストビーフもタラも、半額とか、値が下がったときが買い時ですね。

270円のブランチと210円の夕食

今月は、午後勤務。

そのため、昼からの出勤なので、起きるのは遅め。

で、だいたい11時頃に、朝食兼昼食のブランチを食べることが多いです。


昨日、金曜日のブランチは、自分でピザを焼きました。

トッピングは、ホタテとトマトとニンニクとピーマン。その上にマヨネーズをかけ、さらにその上にエクストラチーズをのせます。

ちなみに、ピザのトッピングはその都度変えています。それが、自分でピザを焼く利点。


IMG_1773

これを、アラジンのグリル&トースターで焼きます。

IMG_1774

見栄えはあまりよくありませんが、売り物でもなく、自分で食べるだけなので、これでオッケー。焼きたてピザとアップルティーで、270円。

で、アルバイトから帰ってきた後の夕食ですが、残り物で、パパっと作りました。


IMG_1776


ホタテパラパラ炒飯とふかひれスープとホタテとキャベツの入った焼きそばです。三ツ口コンロは同時に調理するときに便利ですね。炒飯にはホタテのほかにニンニクとネギと卵が入っています。

158円で買ったホタテは、昼のピザと夕食の炒飯と焼きそばで無駄なく使い切りました。


IMG_1777

夕食だけだと210円でしたが、一週間のアルバイトを終えた金曜日の夕食なので、特別に金麦を付けたので、320円になってしまいましたが、それはオッケー。紅生姜が切れていたのが、やや残念。焼きそばと一緒に食べるとうまいですよね。

ただ、この夕食の弱点は炭水化物が多過ぎる点と、焼きそばも炒飯も炒め物のため、油を摂りすぎている点。それに、やや野菜不足のため、キムチを付けました。

通常は、もう少しまともな、つまり、バランスの良い夕食を食べていますので、ご安心ください(誰も心配してないって)。

で、今日は寒いし、休みだし、家に引きこもって、これからキムチ鍋を作ります。


外食した日の自炊料理はあっさり系

外食と言えば、一昨日行ったブロンコビリー。

必ず、サラダバー付きのランチにしますが、その際、メインに選ぶのは一番安いハンバーグが多いですね。なぜなら、それがコスパ的には最強だからです。

ただ、絶対そうするということもなく、あくまでもそれが基本で、ステーキが食べたいときは、高くても躊躇なくステーキにします。なぜなら、その時自分が食べたいものがタイムリーで、幸福度がいちばん高いからです。

で、そのブロンコビリー。まずは、サラダバーを自分で取りに行きます。


IMG_1768

これが一回目に自分で盛りつけたサラダプレート。一回目ということは、当然2回目もあるわけで、2回目は、これよりもあっさりと盛り付けましたが、それで、サラダは十分いただけました。

それで、ライスとスープとメインのハンバーグを食べ、締めにデザートを食べれば、60近い身の胃袋としては十分です。

で、そのようなしっかりとしたランチを外食したときには、家での夕食は必然的にあっさりしたものになります。


IMG_1772

残り物の野菜でつくったトマトタンメンとししゃも3匹。夕食は、これだけで十分です。これだと、一食当たり100円以下。

シシャモは、買ったらすぐに、大きさによって、3匹から4匹ずつ、に小分けして冷凍しておきます。キノコ類なども、できれば安いときに大量買いして冷凍保存。

そのため、冷蔵庫だけは、一人暮らしにしてはびっくりするほど大きな容量です。


最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ