介護離職からのおひとり様ローコスト生活

定年まで数年を残して、介護離職したのち、父を自宅で看取り、その後、母も末期がんで亡くしました。両親の介護のために建て替えた家の住宅ローンを払いながら、ローコスト生活で生き抜く日々の暮らしと心象風景を綴っています。

介護離職後のローコスト生活

食費が8万円から2万円になった理由


もう、2年前に他界した母ですが、その母と暮らしていたころの家計は、今とは、全然違うものでした。

たとえば、食費などは、概算ですが、月に8万円ほどは使っていたと思います。

今日は刺身が食べたい、と母が言えば、ライフの刺身コーナーで、1000円前後で売っている刺身のパックをそのまま買ったりしていましたからね。

それ以外にも、総菜コーナーで、揚げ物やらサラダやらを買うことも多かったですね。

そうしたものは、ひと手間がかかっているために、その分の金額の上乗せがあり、高くなりますよね。

でも、そんなこと気にすることなく、目にするほしいものをポンポン買えたのは、当時は、母の遺族年金と母自身の年金の合計が16万円ほどあり、それで生活ができたからです。

何しろ年寄りの生活は、もう貯金などはしなくていいのですから、その16万円は使い切っていいわけですからね。

まあ、役所の単年度予算、みたいなものでしょうか。

で、スーパーマーケットでの買い物以外では、母は生協でものを頼むのを楽しみにしていました。

これも、おもに食料品が多いのですが、たまに日用雑貨品なども、頼んでいました。

こちらの出費も、月に2万円くらいはあったように記憶しています。

生協は、一つには、母のボケ防止というか、カタログで商品を選んでいるときは、それなりに頭を使ったりするのですよ。

ただ、ときどき、記入ミスがあり、生協の人と電話でやり取りしていましたね。こんなもの頼んでいないのに来たよ、みたいな。

そのうち、僕が、記入ミスがないかのチェックだけはするようになったのですが、欲しいものを買ってもらうことで、ストレスなく過ごせるようにはしていました。

やっぱりいくつになっても、買い物は、楽しいようでしたから。

で、その母も、2年前に亡くなってのちは、僕一人の生活なので、一気に緊縮財政になったわけですが、もともと、親の介護で、一緒に生活するようになる前は、倹しい生活をしていたわけで、それに戻っただけのこと。

つまり、人間は、収入に見合った生活をしていれば、困らないのだ、ということ。

僕が5月までアルバイトをしていた職場の同僚は、皆65歳以上で年金を2か月に1度40万円ほど貰っている人ばかりでしたが、それなりの暮らしをしていました。

まず、彼らの乗っている車が、値段を聞くと僕のスズキアルトの4倍から5倍の値段。

でも、車の使用目的は、それに乗ってどこかに行くこと。

その目的は、同じなわけです。

衣類もそうです。

衣類もピンキリですが、自分の生活に見合ったものを着ていればいいわけです。

つまり、正味使えるところの生活費に合わせて、自分の生活を変えていけばいいだけ。

そうすれば、全然困らない、わけです。

僕は、今は、食費は月に2万円ほどですが、栄養バランスも考えながら、自炊しています。

b0098584_1731492

そのため、8万円使っていたころと比べても、遜色のない生活をしています。

むしろ、材料を無駄なく使い切る暮らしで、エコにもいいと思っています。

 

ストレスがなければお金を使わなくなる


どうして自分は、ローコストでの生活が可能なのだろうと、改めて考える機会を与えてもらい、今は時間もたっぷりあるので、内省したのですが、結局、今まで中心的にお金を使っていた先が、しょうもないもんであったことに気づいたことが大きいように思います。

具体的に言うと、カルト宗教。

お金のかかる団体だったので、これに年間数十万円は使っていたと思います。

これがなくなっただけで、一気に生活が楽になり、その分、貯金に回せました。

だけど、気づかないうちは、特別会計扱いで、お金を支出していましたから、これが、まずはお金の貯まらない元凶であったわけです。

それともう一つ、大きいのは、消費とストレスの関係。

仕事をしているときは、それなりの収入があり、働いていた場所も新宿で、消費活動のメッカのような場所。

で、僕は、当時は、グルーポンチケットのヘビーユーザーでした。

ちょうど、50肩を患ったりして、整体院を渡り歩きましたが、必ず使ったのが、グルーポンチケット。

いちばん使った先は、飲食店ですが、都内で働いていると、世界中の料理がいとも簡単に食べられますからね。

まず、いろいろなものを食べる、あるいは飲む、ことに使い、都内だけでなく、横浜にもよく行っていました。

そして、先ほど言ったように、整体やマッサージにも、ずいぶん行きましたが、グルーポンチケットのお得感のとりこにもなっていたのだと思います。

まあ、今考えれば、そのお得感に誘導されて、ヘビーユーザーにされていたわけで、まんまと、消費社会の罠にはまっていたわけです。

つまり、ここで整理すると、僕の主なお金の出先は、まずはカルト宗教、これが最大の支出先であったわけです。

そしてもう一つが、職場でのストレス解消のために、グルーポンチケットを使っての消費活動。

主にこの二つが、金喰い虫であったわけで、それがなくなっただけで、格段に生活が楽になりました。

そして今は、カルト宗教も辞めているし、新宿で働いているわけでもなく、グルーポンチケットを使える場所も、近所にはありません。

なので、自然に、低消費の生活への導かれていった感はあります。

ただ、やはり人間は、気づき、というものがないと、生活を改めるきっかけが、なかなかないと思うのですよ。

この気づきは、人それぞれで、たとえば、パチンコに狂っていた人が、ある日その虚しさに襲われて、正気に返る、とか、これは、千差万別だと思いますね。

僕は、僕の経験しか、書くことができませんが、僕なりの結論を言うとすると、ストレスがなければお金はだんだん使わなくなるのではないか、ということ。

僕は、今の環境に満足しているので、ストレスは、ほぼないと言っていい状態。

これが、ローコスト生活を維持していくには、大きいように思います。

たとえば、ですが、僕は他人の生活音に敏感なので、遮音性の低いアパート暮らしであれば、たぶん音によるストレスを受けて、今のような静かな生活はできないかもしれません。

そういう意味では、僕の今の幸福も、この環境から与えられている要素も多いように思います。

 IMG_3373

適度な田舎で、山もあり、川もあり、まあ、海なし県なので、海がないのだけがあれですが、海を見たくなれば、千葉か茨城、神奈川県に行けばいいわけで、まあ、恵まれた環境ではないでしょうかねえ。

で、何の話でしたっけ、ああ、そうそう、ストレスがなければお金は必然的に使わなくなるし、ローコスト生活も、無理なくできるよ、ということでした。

 

自分にとっての必要額と幸福度を見極める


お金や、経済というものを考えることは、とても大切だと、思っています。

何と言っても、生活を根底で支えるものがお金をはじめとした経済であり、幸福というものも、その経済基盤を無視しては成り立たないと、考えるからです。

そこで大切になってくるのが、自分にとっての必要額、を見定めること、だと思うのです。

老後に2000万円必要との試算は、参考意見の一つにはなりますが、それ以上のものではありません。

で、どこまで行っても大切なのは自分の人生、自分の幸せ、なのですよ。

自分の人生や自分の幸せに責任を持てる人だけが、他人様の幸せににも、多少はアドバイスができるのだと、思っています。それもおせっかいにならない程度の、ね。

僕の場合は、経済規模が小さいこともあり、住宅ローンを除く平均的な生活費は、6万円。

今後さらに年を取っていくことを考えて、その分の上乗せをしたとしても、月8万円ほどで、ほぼほぼ普通の生活ができると思っています。

まあ、これは、僕にとっての普通であって、他人様から見たら全然普通ではないのかもしれませんが、僕の人生に責任を持つべきは僕であるので、僕は、月6万円乃至8万円ほどの生活が、普通だと、考えています。

それで、十分、安定的な幸福を得られるので、あとはストレスなく、のんびりアルバイトをしたり、辞めて休養期間を置いたりしていけばいいんじゃね、と、思っているのですね。

今はアルバイトを辞めたばかりで、予定のない自由な生活を満喫していますが、来年の春あたりに、週1日程度のアルバイトはしてみようかな、と考えています。

適度に働くことは、社会とつながりを持つ意味でもプラスになるので、自分にとっても益になると、思っています。

幸福度が担保される金額というのは、十人十色なので、月3万円で暮らせる達人もいれば、月30万円ないと寂しい、と感じる人もいるでしょうね。 

で、これは、他人がとやかく言うことではないし、自分で決めること。

各自が、それぞれの状況に合わせて幸福な生活に必要な額を最適化していけばいいだけ。

つまり、自分が幸福に暮らせるための必要最低額を見極めて、それが維持される生活であれば、あとはあくせくしない、ということでしょうか。

実は、僕にとって価値があるのは、この、あくせくしない、ということ。そして、自分の時間が、たっぷりあること。

つまり、お金で得られる価値よりも、時間で得られる価値のほうを重視しているのですよ。

で、この調子で書いていると長くなるので、簡潔なコストカット法を言うと、エンタメはタダのものを利用しまくる、ものを買うときは衝動買いをせずに、最低一週間間を置いてのちも欲しいものであれば買う、くらいでしょうか。

ちなみに、衣類はもう何年も買っていなかったのですが、先月、何年振りかで買ったシャツがあります。

 IMG_3474

家具は買わないのですが、インテリアなどを見るのは好きなので、大川家具に行ったときに、隣接する古着屋を覗いたら、色合いの良いシャツを見つけて、上がそれなのですが、薄いグリーンで僕好みだったのですが、お値段が、830円と、お高かったので、また、ラックに戻したのですよ。

そしたら、おばあさんがレジの前で、店員さんに、今日はシニア割で半額になります、と言われているのを聴いて、半額なら、買ってもいいかなと、衝動買い。

先程、衝動買いはいけないと言ったばかりで矛盾しているのですが、まあ、こんなこともあります。

で、415円で、ゲットしました。

実に、数年ぶりに買った衣類なので、嬉しさもあります。

ということで、衣類などは基本、買いません。

ただ、例外は、パンツなどの下着。

これはどうしても擦り切れるので、2年に一度くらいは買いますかねえ。

明日また、この節約というほどではないですが、生活について、また、続きを書いてみたいと思います。


生活レベルは、落とせるときに落としておいたほうがいい


今日は、朝起きた時から外は雨で、これがアルバイト先での外作業であれば、雨に濡れていやだなあ、となるのですが、アルバイトを辞めたリタイア者としては、雨のほうが、家にいても落ち着く、とか、まことに人間なるものは、状況次第で、意見が変わるもの。

さて、今日は、生活レベルの話を。

  b0098584_20192749

お金持ちになるのはそう難しいことではなく、給料が上がっても、生活レベルを上げないこと。

たったこれだけで、時間が味方して必然的にお金持ちになっていきます。

ただ、僕がこれを言っても、ちっとも説得力がないのは、僕が、所謂お金持ちカテゴリーには入っていないから。

まあ、それも無理はなく、少なくとも50歳までは、放電しっぱなしの人生だったのですからね。

これではいかん、と一念発起。

お金を貯めだした頃に、親の介護となり、自分のことよりも、親を優先。

まあ、そこも何とか乗り切って今があるわけですが、つくづく思うのは、お金には貯め時というのがある、ということ。

それともう一つは、生活レベルというものは、落とせるときに落としておくほうが良い、と、いうこと。

人生が二度あれば、と陽水が歌いましたけど、カルト宗教の間違いに気づき、散財しっぱなしの人生からの立て直しをしたのが、50過ぎで、そのときは本当に、そう思いましたねえ。

もう一度、二十代からやり直せないか、と。

でも、そんなことはかないませんから、その気づいたときの手駒で、生きるしかない、と。

でも僕の少ない長所の一つが、気づけば、かなり徹底するところ。

貯めると決めたら、妥協なくお金を貯めたし、生活レベルを落とすと決めたら、可能な限り落としました。

ただ、その期間が、あまりにも短いために、大してお金は、今も、持ってはいません。

でも、低い生活レベルでしのげるスキルは、身につきましたよ。




福岡市のワンルームマンションで賢く生きる若者


ネットサーフィンをしていると、時々、非常に共感できるブログや記事に出合います。

たとえば、以下の記述などは、まったくその通り、と思いました。



僕はできる限り働きたくない、辛いこと、嫌なことをしないで済むように生きていたい。

そのために僕はできる限り安い生活費で、幸せに生きれるように「節約」を徹底しました。

自分が本当に必要だと思う物にお金を払って、無駄だと思う物には徹底的にお金を払わない。

そうして自分が幸せに生きるために節約した結果が6万円の生活費だったということです。


うーん、 この人は、家賃19000円の物件に住んでいるようですが、賃料を含めて、6万円以下の暮らし。

th_th_dwdwdwdw

それでいて、生活の質は、きちんと維持できている、という賢い人ですね。

そして以下も、その人の記事で共感できた部分。


理想の人生を送るためにお金をきちんと向き合う必要があります。

「お金に余裕のある暮らし」を実践するためには、極論2つの方法しかありません。

  1. 収入を増やす
  2. 出費を減らす(お金の必要ない生活を送る)

自分の手元に入ってくるお金を増やして、出ていくお金を減らせば良いだけです。

が、多くの人にとって前者の「入るお金を増やす」はそう簡単に実行できる方法ではありません。

収入を今すぐに増やすことは難しいですし、増やそうと努力しても長い年月が必要です。

しかし、後者の「出ていくお金を減らす」は今すぐに、誰でも実践できます。

お金を増やすのが難しいのなら、まずは出ていくお金を減らせば良い。

そうして「自分が生きるために必要最低限のお金」を安く抑えることができれば、

毎月◯円だけ稼げれば良いんだと把握できれば、余裕を持って生活することができますよ。



うーん、上記の記述は、まさに、僕の思っていることと同じ。

自分にとって何が必要で何が要らないかを明確にわかっている人は、低収入でもやっていけるということですね。


10円の出費でマッサージと温泉と豪華な食事を堪能


なんか嘘っぽいタイトルですが、事実です。

でも、種を明かせば、なーんだ、そういうことか、と言う感じですが、これがあなどれないのですよ。

まず、午前は、いつものようにアルバイト。

アルバイトで体を多少は動かすので、考えようによっては、トレーニングをしていると考えることもできますね。

さて、アルバイト終了後、まずはベイシア電気へ。

ここで、無料のマッサージ機に身を預けます。30分のビップコースを選択。うとうとしながら、マッサージを受けて、その後、ブロンコビリーへ。

マッサージをしたのは、仮眠とリラックスと、あとは、時間調整、ね。

ランチ時の混む時間を避けたかったのですよ。


着いたのは、13時半。

でも、名前を書いて、待つことに。

20分ほど待って案内された席で、即注文。


IMG_3049
まずは、サラダバーの一皿目。

メインが運ばれてくる前に食べきりました。

IMG_3050
二皿目のサラダと炭焼き粗挽きビーフハンバーグ210グラム。

IMG_3051
メインを食べ終えた後の、三皿目のサラダ。

IMG_3052
サクサクポテトのチーズ揚げと杏仁豆腐とブラックコーヒー。

この後、パイナップルとグレープフルーツのカットも食べて終了。

これだけ食べて、支払いは、10円。

理由は、200円引きのスクラッチカードと、ドリンク無料券と、株主優待券の合わせ技。

このあと、コモディイイダに行き、無料の純水5リットルをゲットして、トイレに。


トイレで、するりと抜けるように排便されるのを確認。

数日前の、排便の苦しみ体験以来、食事と運動とストレス解消には留意していますです、はい。

で、その後、ふるさとの湯へ。

先日、ふるさとの日で、ゲットした無料入浴券を活用。

うーん、今日はすいていて、いきなり壺湯に入れました。

内湯と露天を交互に入りながら、一時間半ほどいて、日が暮れていくのを眺めて帰宅。

ということで、本日の出費は、10円。

昼をたっぷり食べたので、夕食はイチゴとミルクで終了し、歯を磨いて、今、ブログを書いています。

朝から、節約のために走り回る


労働者の楽しみ、週末の連休。

その貴重な休みの土曜日の朝、まずは、ゆっくりと、モーニングコーヒー。


で、そのあと、効率よく回るべく、まずはベイシアへ、食料品の買い出し。

9時半の開店前から、駐車場はかなり混んでいて、開店前に、店に入っている人も。

食材を買い込み、道を挟んで反対側のベイシア電器へ。

こちらは、10時開店ですが、人の行列が。

先着100名様に、12本入りのスティック状のだしを無料配布。さらに、無料くじで、シチューをゲット。


その後、角栄ガスで、キャンペーンをやっていて、石鹸やタオルなどの粗品を無料ゲット。


その後、BigAに、キムチを買いに行ったのですが、これがやや当てが外れて、200グラムのやつ。

僕は、通常、360グラムのものを最安値で購入しているのですが、最安値だと、198円くらい。

で、そのつもりで行ったら、確かに、198円なのですが、200グラムパックだったというオチ。

でも、今日は、夜は、キムチ鍋なので、賞味期限間近の、99円のものをゲット。まあ、これでよしとしましょう。


今夜のおかずも確保したところで、夜は、撮り貯めておいたドラマ、凪のお暇の、後半の残り数話を見るといたしましょう。


ああ、それと、午前中、節約生活のために走り回る途中、醤油屋さんのイチョウが綺麗だったので、パチリ。

IMG_2892

今日で、秋も終わりですねえ。


秋の最後の一日、大事にしたいと、思っています。

曇天と、ゆったり過ごす午後

昨日、今日と、アルバイトから帰ってきてから昼食を食べないでいます。

もともと、朝食は摂らないので、しっかりした食事は、一回だけになりますが、このほうが、良いような気がしています。

で、昨日は、コーヒーを飲みながら、温めたドーナツを一つ、今日は、やはりコーヒーを飲みながら、小さめのマロンケーキを一つ。

これがいいのは、眠くならない点。

しっかりと昼を食べると、必ず眠くなり、僕は、本能には逆らわない主義なのでベッドにもぐりこみます。

すると、一時間、あるいは2時間、場合によっては、2時間半も、寝てしまいます。

まあ、そのくらい寝ても、夜になればまた眠れるのですが、なんか、午後の時間が、もったいない。


でも、昨日も今日も、昼食を食べないで、コーヒーと軽食だけで、十分だし、今までも、食べても2食、ときどき1食生活だったので、問題なし。

おかげで、今日の午後は、ゆったりと過ごしています。

久しぶりに、スティービーワンダーを聴いています。



で、空は曇天。

この曇天が、また、いいのですよ。


僕は、イギリスの曇った空や、荒涼とした原野が好きなのですよ。

荒涼とした原野と言えば、北海道に魅せられて、荒涼とした風景を多く描いている、相原求一朗が好きだったりするので、曇天を見ながら暖かいコーヒーを飲み、音楽を聴く、という幸せに包まれています。

何と人生は甘美で、味わい深いのでしょうか。


天国は、死後に行くものではなく、今、この時にあるもの、だと、僕は、思っています。


勿論、そのように生きている人こそ、死後も、天国に行ける人だとも思っています。

焼酎を鹿児島県産から福岡県産に換えた理由

冬は、焼酎、というのが、昔からの決め事。

新潟で暮らしていた頃は、毎日、八海山を飲んでいました。

僕が生まれて初めてうまい、と思った酒が、八海山。

ただ、日本酒は、糖質がねえ。

で、健康のためにも、醸造酒よりも蒸留酒のほうが良いと思い、それからは、ウィスキーとか、焼酎を飲むようになったのですが、焼酎と言えば、鹿児島。

僕の親友でもあるAさんの出身地でもあるし、西郷隆盛を尊敬している僕は、昔から鹿児島びいき。

なのですが、最近、焼酎を、鹿児島産から福岡産に換えました。


IMG_2753


理由は至極簡単で、ローコスト生活のため。

まあ、酒に強くこだわるほどの酒飲みでもないし、福岡産も、十分美味しいのですよ。

鹿児島と言えば、芋焼酎ですが、こちらは、麦。

でも、麦もおいしい。

まあ、この冬は、この麦焼酎で乗り切りますよ。



節約は苦にならないというより、食料品以外に買うものがない

ときどき、節約が苦しいという人がいるようですが、節約は、僕はゲーム感覚で自然にやっているので、苦しいと思ったことは一度もありません。

それよりも、仕事で、理不尽なことを言われたりすることのほうが苦しいと感じます。

さて、今日は、アルバイト帰りにライフに寄り、少しだけ買い物をしました。

火曜日はシニアの日で、5%引き。


IMG_1977

これは、60歳になった、今年の3月から使っています。

ただ、火曜日に寄ること自体は、あまりありません。

今日は、たまたま必要があって寄ったまで。

でも、たまたまでも、5%オフは嬉しいもの。

さて、ライフは、土日は、2000円以上購入すると、100円券がもらえました。


IMG_1755

それが、50円券になり、ちょっとショックでしたが、

IMG_1761

なんか最近、また、100円券に戻ったのか、このところ、2回続けて、100円券をもらいました。

今日は、その100円券を使って買い物をし、さらに、シニアの日で、5%オフ。

スーパーマーケットは、以前にも言いましたが、ライフがメインで、サブがベイシア、それに、ときどき、業務スーパーとベルクを利用します。あとは、ごくたまに、ヤオコーとBig-A。

まあ、旅行に行ったときは多少お金を使いますが、普段の生活では、ほんとうにお金を使いませんね。

食料品を買うときが、9割。

あとの1割は、生活雑貨、でしょうかね。

本も買わず、図書館で借りて読んでいるし、CDは断捨離でだいぶ処分したのですが、まだ多少は残っているので、その厳選したもので十分。

あとは、お金、使わないよね、ということで、たとえば、衣類などは、せいぜい、下着を買うくらい。

もう育たないので、今着ている服で十分。

靴は、履けなくなったら、買うぐらい。

とにかく、お金の出先は、ほとんどが食料品。

住む家があって、毎日不自由なく食べられれば、欠けたるものなし。

幸せだよね。

この小さな生活を守り抜く

僕には、大きな望みはありません。

今のこの、小さな生活が続いてくれれば幸せです。

そして、年々年を取っていくので、今のアルバイトの更新が終了したら、そのまま、隠遁生活に入るのが望みと言えば望み。

小さな生活、月4万円から6万円ほどの生活費で、質素に暮らす生活。

その、質素な生活の中に、ささやかな楽しみを見出す生活。

それで、もう、僕には、100点満点。

あとは、静かに死へと向かいながら、穏やかな日常を生きる。

世の中からはなるべく距離を置き、傍観者として生きる。

あるいは、更に客体化し、俯瞰者として、生きる。

それが、望みです。


この、小さな生活を守り抜く。

663127
そのためには、一円も無駄にはしません。

愚かだった過去の自分を、真摯に振り返った結果の、今の僕の心境です。

明日からは、湘南方面に、一泊で旅に行きます。

アルバイトをしている今は、たまに行く一泊旅行が、僕の最大のレジャー。

二十代の頃に住んでいた逗子にも行くし、鎌倉にも行きますが、泊まるのは藤沢。

まあ、のんびり過ごしてきます。

近所づきあいにおける一人暮らしのリスク

昨日は、年に2回ある地区の一斉清掃日。

年に2回、春と秋にあるのですが、秋は、夏を超えて草が茂り、更には先日の台風により、側溝内の汚泥も多く、いつもより、時間がかかりました。

清掃日には、かく家、最低一人が、出ることになっていますが、出てこない家もありますね。

で、毎回、奥さんが出てくる家が多いのですが、そうなると、力仕事は、数少ない男に回ってきます。

そして、男も、高齢化。

僕などは、若い部類です。

で、昨日は力仕事を中心に担当したので、汗びっしょりに。


定期清掃のあとは、川越に行く用事があり、行ったのですが、川越祭りで人が多く、疲れました。

今後、この定期清掃は、だんだん負担になってくると、思いましたよ。

息子でもいれば、子供に出てもらいたい、くらいですが、おひとり様はそうもいきません。


主婦が出てくる家ばかり増えると、数少ない男手に、負担が偏ります。

しかも、その男も、年を取っていくのですよ。

昨日は、腰痛にだけは気を付けながら、作業をしました。

何年後かに、班長が回ってきたら、大変そうです。

今の班長さんは、まだ50代くらいの夫婦で、頑張っていますが、おひとり様は、作業を分担できません。

まあ、あんまり大変だと思ったら、近所の誰かしらに、応援を頼もうと思っています。

最新記事
スポンサードリンク
最新コメント
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ