30~40代の間で住宅ローンが払えなくなる人が増えている。

競売開始決定通知

坂本さんのもとに届いた「競売開始決定通知」

 坂本崇文さん(仮名・46歳)は13年前に自宅を購入。購入時の手取りは30万円で、妻も英会話講師をしており月収15万円ほどあったという。ボーナスを含め、世帯年収は600万円あり、旧公庫のゆとりローンとノンバンクで分割してローンを組んだ。

「しかし購入から3年後、会社の業績がどんどん悪化。正社員から業務委託という雇用形態になった。いわば自営業です。一気に減収しましたが、頑張ってローンを支払い続けた。でも……4年前に母が倒れたんです」

 脳梗塞だった。幸い一命は取り留めるも、リハビリをする母親のケアで、坂本さんは母親の排泄介助のため母の住む団地と職場を往復する日々に。あまりに負担が大きくグループホーム入居(月約7万円)を決めたが、これにより、公庫への返済が滞納してしまう。そしてついに昨年春、「このままだと債権がサービサーに行きますよ」という連絡が入った。

「現況報告をすると、担当は『溜まっている分を清算すればリスタートできる』と言ってくれた。ところがここで母が再入院することに。結局、債権はサービサーに移行し、任意売却か競売か一括返済の選択に迫られたんです」

 その後、信金に相談した坂本さんだったが、残債はノンバンクに200万円、公庫に2000万円、年金公庫に400万円あった。門前払いされたと同時に、サービサーからも連絡があり、「競売の申し立てをします」となった。

上記は、SPAの記事ですが、僕も住宅ローンがあるので、他人事ではありません。

ゆとりローンとノンバンクとは、また大変なところから借りてしまったものだと思います。

僕の場合は、地元の武蔵野銀行の変動金利ですが、今後金利が上昇する局面があれば、支払いは一気に増えます。住宅ローンを組んだのが、54歳と遅く、親の介護での自宅建て直しなので、やむを得なかったのですね。

当時住んでいたマンションが、売却損になってしまい、かろうじて残債を整理できただけで、引っ越し費用すら出ませんでした。

それから生活を建て直し、毎月15万円ずつ、給料の中から天引き貯金して、頭金を貯めました。頭金が少ないと、住宅ローンは返済が大変です。そのことはよくわかっていましたから、頑張りました。

親の介護と住宅ローン、職場での24時間勤務の過酷な労働、往復4時間の通勤時間。

妻も頼れる兄弟もいないおひとり様は、自分が折れたら終わりです。

折れずに踏ん張り、今に至っていますが、50代後半で子育て世代ではないため、何とか生き抜けそうです。

ところが、上記の記事のような40代での破たんは、非常に厳しいものがあります。まだ、人生にあきらめがつかない年齢でもあるでしょう。

50代も後半になってくれば、いろいろなものが諦められるので、ある意味楽なんですね。