年に2回発表される芥川賞ですが、

受賞作をいち早く読む方法があります。

IMG_6273

それは、

受賞作が掲載されている号の文芸誌を、

図書館から借りてくる、

という方法。


直近の芥川賞は、

九段理恵さんの東京都同情塔なので、

IMG_6312

それが掲載されている新潮12月号を借りれば、

全文を読むことができます。


ちなみに、以下が、候補作品。

第170回芥川龍之介賞候補作品

・安堂ホセ「迷彩色の男」(文藝秋季号)
・川野芽生「Blue」(すばる8月号)
・九段理江「東京都同情塔」(新潮12月号)
・小砂川チト「猿の戴冠式」(群像12月号)
・三木三奈「アイスネルワイゼン」(文學界10月号)



直木賞と違い、

単行本になる前に賞が決まるケースが、

ほとんどですからね。






ブログランキング・にほんブログ村へ