人がお金を貯めたがる動機の一つに、

不安回避があると思います。


ただ、

不安が根っこにある人は、

1億円を貯めても、

不安なんですよね。


一方、

僕のようにカルト宗教に散財し、

50歳の時点で貯金ゼロ、

金融資産は、

株式に投資した40万円のみ、

みたいな人は、

お金がないことに対する耐性があるのが強み。


事実、

貯金ゼロの期間が長かったのですが、

それでも大した不安もなく暮らせていたのは、

ベースにある楽天性ではないかと、

思っています。


これは、

一朝一夕で獲得できるものではなく、

生まれ変わり、

つまり、

転生の中で蓄積してきた、

経験値によるものだと、

思っています。


ちょっと話は逸れますが、

先日、中神から昭島あたりをぶらり歩きしていて、

偶然目にした店の名前がナイス。

IMG_6270

ピンククラウドですよ。


ジョニー吉長63歳没。

ルイズルイス加部71歳没。

char68歳健在。


スイマセン、横道に、逸れました。


で、今日の記事のタイトルに対する答えは、

ある程度の安心は買えるでしょうね、です。


お金を貯めることは、

保険としての意味合いが、

ありますからね。


お金が、

どの程度必要かは、

人それぞれ。


そして、

くれぐれも忘れてならないのは、

お金はあくまで、

この世を生きていくために必要な、

道具に過ぎないということ。


自分の人生を切り開く道具は、

よく使いこみ、

自在に操れて初めて、

真に助けとなってくれるものだと、

思っています。 




ブログランキング・にほんブログ村へ