僕が極真空手をやっていたのは、

高校時代のわずか3か月。


昇級試験で青帯を取ったものの、

実戦経験はほぼないに等しいのですよ。


所沢市美原町にあった、

極真会館所沢支部での昇級試験でした。


僕が通っていた道場は、

極真会館飯能支部。


安田さんという人が支部長で、

のちに極真を離れ、

テコンドーの道場になりました。


所沢支部の支部長が、

極真の虎と言われた添野義二さん。


添野さんも、

その後、

極真を離れ、

自ら士道館を立ち上げます。


昇級試験での相手は、

185センチの長身。

僕の身長は、

今と変わらない164センチ。


まあ、

それでも、

互角に戦いましたけどね。


その後、

大会のチケットを売りさばけとか、

ノルマがうざくなって、

極真会館をやめ、

自己流で、

中国拳法などを、

学ぶようになりました。


そんな僕でしたが、

一度だけ、

喧嘩をしたことがあります。


中野英雄が所属していた、

阿佐ヶ谷マッドスペシャルのメンバーに、

吉祥寺で絡まれ、

どこかに連れて行かれそうになったので、

無意識のうちに、

金的蹴りとローキックで相手の動きを止め、

そこからは遮二無二逃げ帰ったという話。


逃げるときは脱兎の如く、ね。


当時、

マッドスペシャルとブラックエンペラーが対立していて、

何をどう誤解されたのか、

僕を、

ブラックエンペラーのメンバーだと、

勘違いしたようでした。


ブラックエンペラーと言えば、宇梶剛士。

松重豊さんくらい背の高い奴です。

会ったことはありません。


中野英雄にだって、

会ったことなんかありません。

二人とも、

僕よりも年下ですし。


そもそも僕は、

東京都民でもないし、

二十二、三才の頃だとは思うのですが、

多少、

尖った眼をしていたのかもしれません。


竜二という映画を、

自ら製作し主演した金子正次に、

目つきが似ていると、

言われていた頃でしたからね。

IMG20231211123107

でも、

無意識で戦ったときは、

全然恐怖心が、

なかったんですよね。


本当に、

不思議な感覚でした。


ただ、

我に返った後は、

必死で、

逃げましたけどね。


戦うときは、

静かな心でないと、

勝てません。



ブログランキング・にほんブログ村へ