人手不足が叫ばれて久しい日本では、

残された人員に対する負荷は増すばかり。


12月になっても、

昼間は暖かい日もありますが、

朝は、

間違いなく寒い。


介護離職するまで働いていた、

往復4時間のサラリーマン生活を想うと、

朝、

蒲団の中で、

ゆっくりできることの幸福を、

噛み締める日々。


多くのサラリーマンが、

負のスパイラルに堕とし込まれる理由は、

逃げ道がないから。


住宅ローンがあり、

子供の教育費があり、

など、

待ったなしで、

お金が出ていく要因があり、

稼がなければ、

生活が成り立たないから。


その足元を見るようにして、

会社は、

往々にして、

過剰な労働を、

押し付けたりもします。

IMG20230206130135

まあ、

最近では、

コンプライアンスの関係もあり、

いくらかはマシにはなっているようですが。


それでも、

過分な責任と、

数値目標をあてがわれて、

走らされると、

そのストレスは半端なく、

その貯め込んだストレスを吐き出すべく、

ギャンブルだ風俗だなどと、

散財していると、

負のスパイラルトラップから、

ますます抜け出せなくなる、と。


FIRE志向の若者が増えるのも、

疲れ切った先輩社員を見て絶望し、

そのくたびれた背中と、

デスマーチに恐怖を覚え、

早い段階から、

逃げの準備を始めたほうが良くね、

となるから。


そのような気づきを得た若者は、

会社員の初期段階から、

蓄財と投資を始める傾向にあります。


そしてそれが、

意外に成功するのは、

逃げ道づくりという個人目標は、

会社から与えられたノルマとは違い、

自分を救済するという本能に基づいた、

やりがいのあるものだからでしょうね。



ブログランキング・にほんブログ村へ