世の中には、

孤独を楽しめる人と、

楽しめない人がいます。


孤独を楽しめない人は、

孤独によって得られる自由よりも、

寂しさのほうを、

より感じてしまうからなのかもしれません。 


ただ、

考えてみて欲しいのですが、

どんなに仲の良い夫婦でも、

いずれ、

別れの時が来ます。


おしどり夫婦の相方がいなくなった時、

そのダメージは計り知れません。


愛着が強ければ強いほど、

苦しみや寂しさも、

より強くなるわけですからね。


人間ばかりではありません。

ペットとの別れもそう。


家族の一員であったワンコやニャンコ、

あるいはそれ以外のウサギでもハムスターでも、

カメなどの爬虫類でも、

そこにいた存在がいなくなった時、

その欠落感は、

その対象への愛着、

あるいは、

依存度で変わります。


仏教では、

これを、

愛別離苦

と言います。


世の中には、

親よりも先に、

この世を去る子供もいます。


やっと授かった一人っ子が、

早逝することもあります。


僕の弟も、

生まれてすぐに、

死にました。


母体を助けるために、

予定よりも早く、

帝王切開したからだそうです。


親であれ子であれ、

夫婦であれ兄弟であれ、

他者との別れは必定です。

IMG_0204

つまり、

人は、

究極には一人であり、

咳をしても一人

なのです。


だからその、

一人の状態を、

楽しめるか否かは、

きわめて重要です。


人生の明暗を分けるほどに重要です。


「おひとりさま」を楽しめる人は、

それだけで、

とても自由で、

豊かなのだと、

思っています。




ブログランキング・にほんブログ村へ