僕の知る限り、

実に多くの人が、

自分自身を過小評価しています。


それは多分に、

日本の教育制度の弊害でもあるのですが、

大量の労働者を世に送り出すための枠にはめ込むやり方、

これが制度疲労を起こしているわけで。


一方、

その枠からはみ出して生きてきた少数の人間のほうが、

今の時代ははるかに生きやすく、

また、良い暮らしをしています。


僕が残念に思うのは、

会社でも官庁でも宝塚でも、

その組織に投げ込まれると、

どんな優秀な人間でも、

だんだん身動きが取れなくなることです。


手足をもぎ取られた状態、

と言いましょうか、

自分の体であって自分でない、みたいな。


他者、

多くの場合それは自分より立場の上のものが多いのですが、

その他者の影響下で呻吟することになります。


その結果、

他者の顔色をうかがいながら、

ビクビク生きるようになります。


これでは、

自分の人生であって、

自分の人生ではない、と。


組織に隷属しているうちは難しいのですが、

可能であればその組織内にいながらでも、

力とエネルギーを少しでも自分に取り戻せれば、

生きることはだいぶ楽になります。


僕が介護離職するまで働いていた会社でも、

実はそのようにして、

少しずつですが、

力を自分自身に取り戻していきました。


そうはいっても会社組織である以上、

意に沿わぬことにも従わざるを得ませんでしたが、

自分に力を取り戻すことを意識できただけでも、

良かったと思っています。


そして今は、リタイア生活。

IMG20230930110337

自分のボスは自分です。

力とエネルギーは、

自分の中にあります。


自分次第で人生を生きられる喜びを、

味わい尽くしている日々でもあります。



ブログランキング・にほんブログ村へ