李克強が死にましたが、

その死は、

胡耀邦が死去したときを、

彷彿とさせます。


今後の中国から、

ますます目が離せないと思うのは、

僕だけではないでしょう。

IMG20230816143208

今日のタイトルは、諸葛亮の言葉。


諸葛亮は司馬懿との戦いの最中に、五丈原で病没。 


稀代の軍師も、

病と老いには勝てず。


それはまた、

司馬懿にとっても同じことで、

諸葛亮に勝った後も、

憂いは消えず、

むしろ増すばかり。


力を持てば持つほど、

その上の人間から疎ましく思われるのは、

今も昔も同じかもしれません。


司馬懿の本当の敵は、

むしろ魏の中にこそいた、と。


魑魅魍魎の巣喰う宮廷よりも、

戦場にいた時のほうが、

安らげたのかもしれません。


歴史に記されている通り、

諸葛亮の奮闘も空しく、

蜀は滅亡。


いかなる天才をもってしても、

時の趨勢には、

抗えません。


日本で言えば、

卑弥呼の時代にあたる古の戦いが、

今も語り継がれるように、

いかなる王国も帝国も、

滅亡していきますが、

精神性は語り継がれていきます。


孔子、老子、孟子、荘子、墨子、韓非子、

などの思想家のみならず、

諸葛孔明の言葉もまた、

噛み締める価値があります。


寧静致遠、「心安らかであれば遠くに至る」


蜀滅亡後、

呉も、

内紛から弱体化し、

あえなく滅亡。


諸葛孔明と戦った司馬仲達の孫、

司馬炎によって、

三国時代は終わり、

晋となりますが、

その晋の世も、

長くは続かず。


今も、ロシアとウクライナ、

そしてまた、

イスラエルとパレスチナで。


人類の歴史を俯瞰すると、

平和な時代のほうが短く、

争いに次ぐ争い。


世の無常を、感じるばかりです。



15で従軍し、戦に明け暮れて80歳で帰郷しても、知る人はなく、我が家は雑穀がはびこり、汁をつくって煮ても、食べてくれる人もなし」













ブログランキング・にほんブログ村へ