FIREなどという言葉はなく、

働いていないと、

プータローと蔑まれていた時代。


僕の若かりし頃、

晴れた青空を見ながら、

転々とする職場で、

ため息をついた日々。


人間は、

エネルギー体です。


エネルギーの充満する若い頃は、

体力も、

あります。


「仕事イコール自分の夢」の人を除き、

大半の人にとっての職場は、

生きるために金を稼ぐための場所。


35歳まで、

僕は、

どの職場にいても、

落ち着きませんでした。 


この仕事は長くは続けられない、

ということが、

わかっていたから。


甘ったれた話ではありますが、

苦しい職場からは、

いつも、

逃げることばかり考えていました。


そして、

35歳で出合ったビル管理業界で、

自分の居場所を見つけます。

IMG20230605120405

更に幸運だったことは、

いずれの現場も、

休みが多く、

有休が自由に取れたこと。


つまり、

自由時間の多さが、

僕が仕事を続けられた大きな要因でした。


僕でも続けられる程度の負荷の仕事で、

休みのしっかりとれる職場、

この二つが揃って、

僕は会社員生活を続けることができたのだと、





思っています。