60歳で定年退職して、

悠々自適の年金暮らしという見取り図は、

昭和の話。 


いや僕の伯父などは、

国鉄に勤めていたため、

55歳から年金をもらっていました。

20230507151045

それも、その頃は年金額が多かった、と。


で、以下は、ファイナンシャルフィールドからの一部抜粋。


総務省統計局がまとめたデータによれば、65歳以上の単身世帯の平均生活費は、消費支出と非消費支出をあわせて14万4747円となっています(2021年時点)。

非消費支出とは税金や社会保険料などのことで、自由に使えるわけではないものの必ず必要な出費です。生活費の中で何にどれくらいのお金をかけるかは人それぞれ異なりますが、もっとも差が出やすいのは住居費でしょう。

平均を見る限り、単身世帯なら14万円の年金受給額でも暮らすことは可能です。余裕はありませんが、働かずに生活できるギリギリの金額といえます。ただし、先ほど説明した通り、住居が賃貸か持ち家かで状況は大きく変わってきます。

持ち家であれば、毎年かかる固定資産税さえ確保できれば問題はありません。考えなければならないのは、賃貸で暮らしている場合です。実際には、広さや築年数、地域などで家賃に差が出ますが、公営住宅にでも入居できない限り、1万円台の家賃を探すのはなかなか難しいでしょう。

つまり、持ち家のない人が老後も賃貸物件に住んで14万円の年金だけで生活するためには、家賃が安い公営住宅であることが前提になってきます。そこがクリアできていれば、老後は年金だけでも暮らすことは可能でしょう。持ち家の人も安心はできません。固定資産税を考え、年金でカバーできるかどうか確認しておく必要があります。

IMG20230502143720

うーん、僕は長らく、

月6万円で生活してきましたが、

このところの物価の上昇で、

今は月7万円くらいの消費支出。


単身世帯の平均年金額から、

家賃を引いた額が生活費だとしたら、

なかなかに苦しい現状。


記事では、

家賃1万円であれば可能とのことなので、

よよよさんのように、

すでに1万円の家賃で暮らしている人は、

大いに生存率が上がります。


ちなみに、以下は、

そのよよよさんのブログからの一部抜粋。


生活費は月5万円くらいですね

ざっくり言うと

家賃1万円

食費2万円

水道光熱ネット費1万円

雑費5000円

娯楽5000円

これぐらいの予算でやってる、年で生活費60万円

俺の出費の場合年金まで逃げきれればクリアなので支給70歳としてそれまで35年、この生活を続ければいい



ただ、彼が住んでいるのは大分県。

僕の住む埼玉県南西部の町では、

1万円の家賃というのは、

見たことがありません。


持ち家は持ち家で、

固定資産税以外にも、

修繕費などもあるので、

どちらにせよ、

老後は、

質素な暮らしの中に、

ささやかな喜びを見つける生活が、

理にかなっているように、





思っています。