昨年は、

ずいぶん統一教会関連の記事を書きましたが、

20代の2年ほど、

その団体に関わった人間として、

無視ができなかったからでもあります。


カルト宗教と政権与党との癒着。


一国の首相が死んで、

やっと動き出した世の中。

それほど、

停滞していたということ。


なかったことにされ、

放置され、

無視されていた、と。


無視と言えば、

日本のマスコミ、

特にテレビ業界が、

だんまりを続ける以下の問題。



BBCのドキュメンタリー「J-POPの捕食者 秘められたスキャンダル」で、レポーターをつとめたジャーナリスト、モビーン・アザー氏はこう言った。

「ジャニー喜多川氏の性的虐待は日本社会では公然の秘密であり、それを取り巻く沈黙もまた恐ろしいものです」

芸能界やテレビ局に支配的な権力を持つ老人が、デビューを夢見る中学生くらいの少年たちを自宅マンションに泊まらせ、夜な夜な、少年たちのベッドに潜り込んでは体をもてあそぶのだ。デビューへの通過儀礼のごとく我慢を強いられた少年の心の傷は推して知るべしであろう。


うーん、 一部の週刊誌は取り上げているので、

多少は知っている人もいるでしょうが、

何と言ってもテレビ業界の沈黙は、

横一列でおそろしいものがあります。


先日暴漢に襲われ、

一命をとりとめた宮台教授も嘆いていましたが、

日本社会は別な意味でおそろしい。


見て見ぬ振りが、

まかり通る世の中。


形を変えた全体主義。


ただ、今は、風の時代。

IMG20230413155423

人々の眼が、

開かれつつあります。


いろんなことが明らかにされ、

風通しが良くなってきています。


もう、

取り繕うことのできない時代に、

なっていると




いうことでしょう。