昨日、ネットサーフィンをしていたら、

あるじゃんの、相談コーナーに目が留まりました。


やっぱり、お金に関する記事に、

敏感になっているのでしょうか。


月5万円の年金と、

少々のアルバイト代で、

糊口をしのいでいる身としては、

そうなるのもやむなし。


以下は、その記事からの一部抜粋。


「私は70歳。毎月の年金額は10万円、年間で120万円ほどです。年金をもらいつつ、アルバイト収入がある場合は、所得税も高くなるのですか?」(匿名希望)

 回答は以下の通り。

年金収入とは、雑所得にあたり、所得税等を払う必要があります。ただし年金収入には、公的年金等控除額というものがあり、老齢年金のみを受給している人の場合、65歳以上の人は年間158万円(公的年金等控除額110万円+基礎控除額48万円)を超えなければ、所得税はかかりません。

しかし、年金をもらいながら、アルバイトで収入を得ると、確定申告をして税金を支払う必要があるケースがあります。

アルバイト収入は、給与所得になります。仮に年金をもらいながらアルバイトの年間収入が70万円の人がいるとします。このケースの場合、給与所得控除55万円を差し引いた15万円が給与所得になります。

給与所得=アルバイトの年間収入(70万円)-給与所得控除(55万円)=15万円

一般的に確定申告が必要になるのは、年金収入以外の所得が20万円を超えるケースとなります。年金収入以外の所得が20万円を超えない場合は、所得税等の確定申告は必要なく、税金は高くなりません。

なお、通常、所得(収入)額が一定額以上あると、社会保険料の負担が多くなります。

IMG20220523125519

うーん、 僕が注目したいのは社会保険料のところ。

所得税は確かにかからないかもしれませんが、

おそらく住民税はかかるはず。

そうなると、

住民税非課税とはならず、

いろいろな恩恵が受けられなくなります。


一方、たとえば、この人よりも多い収入があっても、

遺族年金という形でもらうならば、

住民税非課税となり、

その恩恵はてんこ盛り。


この辺りの不公平感は、

如何ともし難いものが、

ありますね。