雇用の調整弁として働かざるを得ない非正規社員の大変さを、

果たして高給取りの安定企業の正社員が、

理解できるのでしょうか。 


そうです。

それは、NHKの職員。


ディスカッション番組などで、

司会を務めるNHKの職員が、

深刻な顔をして、

非正規労働者の話などを訊いていますが、

その実、彼らの年収は、桁違い。


以下は、マネーボイスの記事からの一部抜粋。


職員数は約1万人で、給与総額1,000億円から除すると職員の平均年収は約1,000万円超になります(平均年齢41歳)。特殊法人の中でも、ダントツの高額報酬なのです。

べらぼうな高収入の職員を抱え、国内では総合、Eテレ、BS1、BSプレミアム、BS4K、8K、ラジオ第1、ラジオ第2、FMの放送まで行い、他にも国際放送やWEBコンテンツの発信、放送技術の研究なども行っていると称しています。

資金があり余っているので、これまでコスト度外視で 組織の拡大を図って来られました。それもこれもバカ高い受信料のおかげなのです。



うーん、僕はかねてから、

NHKの受信料は、

ワンコインが妥当だと思っていました。


つまり、ひと月、500円ね。


このくらいなら、まあ、納得しますよ。

IMG20221114110621

鎌倉殿の13人も、見てますし。


アマゾンプライムが500円でしたっけ?

でもあれは、強制的に取られるわけでもないし、

いつでも、やめられるわけでしょ。


NHKの受信料の値下げを、

是非とも、

実行してもらいたい、と、

思っています。