これだけ、連日のように、

旧統一教会の話題がニュースで流されると、

辟易している人も多いかもしれません。


しかしこの問題は、

今こそ、

しっかりと解決しておかないと、

あとで禍根を残します。


もうすでに十分すぎるほど禍根を残してきた統一教会。


僕も、二十代の一時期、

その内部で活動をしていただけに、

見過ごすことができず、

数多くの記事を書いてきました。


小林よしのりさんが、

安倍マンセー派への批判を繰り返してきたのも、

理由があってのこと。


以下は、ポストセブンからの一部抜粋。


 漫画家の小林よしのり氏の叔母は、1980年代半ばに福岡から一家で上京後に旧統一教会の信者になり、家族の財産を壺や印鑑に注ぎ込んだ。

「叔母は夫の言葉や娘の涙、親戚の説得にも動じず『教会をやめるから500万円ちょうだい』と実家から受け取った大金を朝鮮人参茶480万円分の返済にあてることもあった。

 見かねたわしの父が統一教会から引き離す奪還作戦を決行したが、叔母は実家から抜け出して信者の指導員に連絡し、教会に戻っていった」

 小林氏は「奪還は不可能に近い」と訴える。

「周りがどれだけ説得しても、本人は『家族を助けるためにやっている』と信じ込み、夫の通帳から娘のバイト代まですべて『神様に返す』と言って教会に渡す。全財産を収奪しようとする統一教会の執念はすさまじく、一般の人が太刀打ちするのはほぼ無理だよ。叔母の家族は完全に一家離散、崩壊してしまった」

 安倍元首相を銃撃した山上徹也容疑者の母親は旧統一教会に約1億円の献金をしたが、銃撃事件後、奈良地検の聴取に「教会に申し訳ない」と答えたとされる。息子があれだけの事件を起こしても、教団を離れないことが問題の根の深さを物語る。


うーん、日本の多くの家庭を破壊した統一教会を賛美した安倍元総理。

そしてその統一教会票と、

機械のように動く人材を駆使して、

票の割り当てを差配した安倍晋三。

20200829-00075245-gendaibiz-000-1-view

死んだから不問に付すのではなく、

徹底的な解明なくして、問題は解決しません。


カルトの問題は、

関わった人間でなければ理解されず、

社会が注目している今こそが、

千載一遇の機会。


この機会を、

逃してはいけません。