大きな意味のある実名告発がなされました。

安倍元総理の銃殺という悲劇が、蓋を開けた地獄絵。

僕も、長らく忘れかけていた記憶が呼び戻され、

二十代の頃の自分と向き合っています。


以下は、文春オンラインからの一部抜粋。


 統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の日本本部に約20年間在籍した元幹部が「 週刊文春 」の取材に応じ、教団の「献金問題」が2009年のコンプライアンス宣言後も続いている実態を告発した。

 この元幹部は、信者の家庭や二世教育に関わる要職の家庭教育局副局長を務めた櫻井正上氏(48)。父親は日本教会第5代会長の櫻井設雄氏(故人)、母は原理講師の節子氏という、教団の草創期から活動した大幹部夫妻の長男である。

「日本教会が進めてきた献金、集金のやり方は、明らかに社会的モラルに反するものでした。解決すべき課題だという認識は内部にもあったのですが、お金集めが全てに優先される教団の“狂った組織文化”が変わることはありませんでした。そうした教団の方針に異を唱えたところ、組織に対する反逆と見なされた。職を解任され、教団を離れることになったのです」

 櫻井氏は山上徹也容疑者による安倍晋三元首相殺害事件をきっかけに、教団の内情を多くの人々に知ってほしいと手記を執筆した(手記全文は「 週刊文春 電子版 」で公開)。

 この手記では、統一教会の田中富広・第14代会長が7月11日の記者会見で「献金のノルマはない」と釈明したことについて、こう反論している。〈本部が全国の「現場教会」に無理なノルマを課していたことは、内部の人間なら、誰もが知る事実でした。また、献金は「個々の意思によるもの」ということですが、献金を「しなければならない」といった空気を作り出し、信徒に過度なプレッシャーを与えていたのも、また事実です〉

 また、田中会長が8月10日の会見で「霊感商法なるものを当法人が行ったことはない」とし、「特に2009年以降、コンプライアンスの徹底に努めている」と述べたことに対しては、〈今回問題となったのは、「外部」に向けられた物販活動ではなく、信徒たち「内部」に向けられた献金圧迫の問題〉と指摘。〈そして、それは2009年以降も、変わらず続いていました〉と述べている。

 櫻井氏は信者たちが置かれている状況をこう証言する。

「私自身が二世でもあったし、役職上、二世たちの痛みや苦悩も数多く見聞きしてきました。家庭の平和を守ろうという組織なのに、献金によって家庭が破綻したら本末転倒です。家庭の問題を何とかしようとしても、その原因となる献金の指示が容赦なく上から降ってくるのです」
231559

うーん、 元幹部の証言だけに、その重さは比類なきものがあります。


何より、この告発者の両親は、教会内では伝説的人物。

教団が、特別の清和式まで執り行ったほどの重鎮。

以下は、教団の中和新聞よりの一部抜粋。


 日本統一教会第5代会長を務められた櫻井設雄先生(43双祝福家庭、トルコ国家メシヤ)の「聖和式」が11月23日午前、梶栗玄太郎会長の主礼のもと東京・渋谷の教会本部礼拝堂で行われ、ご家族・ご親族のほか、先輩家庭や櫻井先生とゆかりのある人々など約400人が集まりました。

 櫻井先生は1966年3月に統一教会に入教し、69年に43家庭の祝福を受けられました。95年6 月~96年6月は、日本統一教会会長を務められました。

 櫻井先生の聖和を受け、文鮮明師は「祝 親君王拝 櫻井設雄入国」との揮毫を贈られています。
 

 聖和式は、堀信義先生(43家庭)の代表報告祈祷の後、櫻井先生のこれまでの歩みを紹介するビデオが上映されました。
 

 続いて、宋榮渉・全国祝福家庭総連合会総会長と梁昌植・北米大陸会長(トルコ分棒王)の特別メッセージを、それぞれ藤原秀敏総務局長と大塚克己元会長が代読しました。

 その中で、宋総会長は櫻井先生に対し、「(霊界で)数多くの先輩家庭や先に逝かれた日本の祝福家庭食口たちと今後の日本の行くべき道を相談され、積極的に協助する守護神となってください。日本の行くべき道を導く力をお貸しください」と訴えました。

 また、梁会長は「神様の祖国安着を迎えるこれからは、真の父母様の勝利圏で天国に行く祝福家庭は『昇華式』ではなく『聖和式』をするようにとの天からの指示があった」ことを紹介。「使命を果たして行かれる聖和への道は、悲しみよりも大きな宴をもってお祝いしなければならない、という真の父母様のみ言どおり、嬉しい心で出発なさってください」と述べました。

 引き続き、主礼の梶栗会長が「聖和の辞」を述べ、「人は死ぬ時にその人の価値が表れると言いますが、櫻井先生の偉大さは、これほど多くの人々が聖和式に集まってきたことからも分かります。天寿を全うされ、永遠の霊界に行かれる櫻井先生の聖和式に参加することができたことを幸せに思います」と語りました。

 「送辞」では、徳野英治・東北大陸会長が、櫻井先生の純粋に主を慕う心情に多くの人が感化されたことを紹介。

 また、長男の櫻井正上・祝福教育部長と孫娘の沙礼華(さやか)さんから心のこもったメッセージが贈られ、参加者の涙と微笑みを誘いました。



うーん、今回告発したのは、

太字で記した長男の櫻井正上氏(48)。

この意味は大きいです。