マネーリテラシーの欠如が著しかった僕は、

50歳ごろまで哀れなるカモ、でした。


50前後に、本能的危機感が発動。

その頃、同時に、株式投資を始めました。


用意したお金は、40万円。

当時、

とてもお金のかかる宗教団体に所属していたため、

それが、全財産でした。


株式投資は、リスクがある以上、

損をすることもありますが、

マネーリテラシーの強化という意味では、

大いに役立っています。 


以下は、幻冬舎オンラインからの一部抜粋。


現在の世界に、運の良い約1%の富裕層と運の悪い約50%の貧困層ならびに約10%の超貧困層がいるとされているが、残りの40%の中流層は、運のある人と運のない人に分かれているようである。 そして、富裕層ばかりに<富が偏倚>するに従って、約99%の人たちの生活は次第に低下しており、最下層のほうから「生きていく自由」を失う者も多くなるように思われるのである。

年収300万円未満(※1)の壮年層世帯が1991年の3.6%から2009年には7.1%に増えており、若年層世帯はより悪い状態であると発表されている。 また、2017年の調査によれば働いている者6621万人のうちの約4割(2133万人)が簡単に馘首されるパートや派遣などの非正規労働者で、それらが増加傾向にあるとされている。

企業はコスト削減が必要な場合、いつでも従業員を馘首できるように派遣やパート労働者を多くし、社員たちを使い捨てにしようとしているのである。


うーん、偏倚という難しい字が使われていますが、

偏る、という意味でしょう。

富裕層にばかり富が集中して、

貧富の二極化が加速し、

かつては分厚かった中間層も、

下のほうに偏りつつある、と。


今後、日本が徐々に衰退していくと、

今までの失われた30年が、

40年となり、50年となり、

もう、平均賃金では韓国に抜かれている日本。


与沢翼などに代表される富裕層は、

日本にしがみつく必要はないので、

どこにでも住めますが、

大半の日本人はこの国で暮らすしかありません。


やがて、日本の若者が、

外国に出稼ぎに行くことになるかもしれません。


終身雇用で企業が一生面倒を見るという、

社会主義的なことをやっていたのが、

衰退の一因。


良いにつけ悪いにつけ、

日本は自力では、

ドラスティックな改革はできないので、

いよいよもう駄目だとなるまで、

流され続けるのかもしれません。

IMG20220928130611

ただ、今、

少しずつですが、

何かが動き始めている気がしています。

良いほうに向かっていくことを、

祈っています。


日本の子供たちの、

未来のためにも。