忖度忖度忖度と、

ドラが三つぐらい載っている感じの日本の政界。

特に、長期政権になってくると、

忖度も度を越してきます。

良い例が森友学園。


安倍さんが指示したわけではないし、

安倍さん自身はシロだとしても、

そこに忖度というものが生まれ、

官僚が勝手に気を回す、と。


官僚は権力者におもねると同時に、

保身には人一倍注意を払いますからね。 

杉村さんが、言っていることに、僕も概ね同意。


以下は、彼の弁。


 下村氏が「当時は名称変更もほとんど報道されなかった。名前が変わることによって信者や国民に迷惑をかけることは想像できない話だ」と釈明したことなどについて、元衆院議員でタレントの杉村太蔵は「今回の件は森友学園とそっくりですよ。何があったのかって言ったら、一言で言うと忖度(そんたく)。まさに忖度があったのではないかと」とコメント。

 その上で「下村元大臣、すごく自信がありますね。『(当時の経緯を)開示しなさいと、文化庁よ』と。本当に開示したとしても、下村元大臣から指示があったなんてことは書いてないんだと思う。じゃあ、忖度がなぜ起きるのか、忖度って何かと言ったら、大臣が指示するわけではない。官僚がこういう風に今の下村大臣に統一教会の名称変更を受理すれば、言葉を選ばずに言えば、大臣から気に入ってもらえるんじゃないか、評価してもらえるんじゃないか、喜んでもらえるんじゃないかと忖度して、名称変更しますよ(となった)」と推測。

 「なんで官僚がそういうことをやろうとするかと言えば、私の考えでは、安倍(晋三)さんというのは功罪あって。功もいっぱいあるんですけど、僕がちょっと違うんじゃないかと思うのは、官僚の人事を内閣で一括で握るようになったでしょ。官僚からしたら人事ってすごく重要ですから、ついつい政治家、大臣のご機嫌を取ろうという発想になってしまうんじゃないか。そこが行政のゆがみを生んでしまっているんじゃないかと今回の件も含めてすごく感じるところです」と独自の分析をしていた。


うーん、まさに僕も、

そういうことだと思っています。

森友学園も今回のことも、

忖度ドラ三で、起こったこと。


赤木さんの奥さんからすれば、

ただ真実を知りたいだけで、

佐川をはじめとした高級官僚は、

彼女から見れば、権力そのもの。


その官僚的権力構造に、

022

自分の夫が踏み潰されたのですよ。


誠実に生きた真面目な人が潰され、

とぼけとおした佐川が、

今何をしているのか知りませんが、

ろくなもんじゃありません。


ほんとうにろくなもんじゃ、



ありません。