統一教会関連の記事が多くなって、スイマセンです。

泣きながら生きていた僕の二十代。


そして、僕の周りにも、

泣きながら生きていた兄弟姉妹が、

数多くいました。


彼ら彼女は、皆真面目で、

一人ひとりは、純朴な人が多かったです。


今回の安倍元総理銃撃事件を契機として、

20200829-00075245-gendaibiz-000-1-view

当時の記憶が、いやがうえにもよみがえる、僕なのです。


切な過ぎた二十代を思うとき、

僕自身も、忘れかけていた記憶がよみがえってきます。 


そんなことを考えながらネット検索をしていたら、

以下のような写真を見つけました。

hyICYb9Y05FwTY

中央にいるのが文鮮明。

その一つ置いて右側にいる恰幅のいい男が久保木会長。

僕が二十代で、信者だった時の会長です。

毎日が苦しく、

しかし使命感に満ちていて、

i_3vDxk-IAun3P

上は、ネットで拾った写真ですが、

僕の場合は、60人ほどで一つのビルに住んで、

共同生活をしていました。


粗末な食事、4時間以下の睡眠時間、

それでも、気が触れたように、

摂理に邁進していた日々。


僕は、やがて、心と肉体が限界に達し、

逃げ出すのですが、

洗脳は、容易には解けませんでした。


僕は、やがて、時とともに回復し、

この世界に戻ることができましたが、

教団に残り、

悲惨な露呈を歩んだ姉妹のことを、

聞いたことがあります。


彼女は家庭環境に恵まれず、

そのため愛のある家庭に飢えていました。

その彼女の心の隙に、

統一原理の教えが食い込みます。


彼女は祝福という名の合同結婚式ののち、

韓国へ渡ります。

しかし嫁いだ先の韓国人男性は、

信仰心もなく、ひどい人格でした。


統一教会のダブルスタンダードの典型です。


韓国人信者にはノルマもなく、

そもそも信仰心すらない人間が多い。


では、なぜ、会員になるのか。


会員になれば、

日本から若い女性がお金をもって嫁いでくると言って、

欲で釣り上げているのです。

今もそうかもしれませんが、

当時、韓国の農村青年の嫁不足は深刻な問題でした。


そこに持参金付きの日本人妻という餌

をぶら下げて会員を募っていたのです。

そして、韓国の農村男性が、統一教会に殺到。

ろくに教義も理解しない、

性欲ばかりをつのらせた農村青年の元に、

嫁いだ日本人女性信者の苦労は、計り知れません。


彼女の場合、

日本でも不幸、

韓国に行ってからも不幸でした。


ただ、文鮮明のみをお父様と慕い、

それだけが、彼女を活かしていました。

彼女は、ヒリヒリとする孤独を生き、

偽りの神に身を捧げ、

今は、どうしているのか。


長くなったので、今日は、



ここまでとします。