二つ前の記事で、僕は、

安倍さんを襲った男が恨みを持っていた団体は統一教会ではないか、

と書いたのですが、どうやら、そのようです。 


今日は、

僕が統一教会に洗脳されていた時の体験を思い出しながら、

推察してみます。


もう、40年近く前のこと、

二十代で統一教会に洗脳された僕は、

責任分担としては、伝道部門が主でした。

伝道機動隊、ビデオセンターのトーカーが、主な仕事。


統一教会を大雑把に説明すると、

伝道、店舗、勝共、に分かれます。

店舗は、主に、霊感商法をする責任分担。

洗脳が狡猾なのは、どの分野の兄弟姉妹も、

自分たちは、神の代身だと信じ切って、

み旨を遂行しているところ。


なので、たとえば、店舗の姉妹も、

霊感商法などとは思っておらず、

万物復帰という摂理を遂行しているつもりなのです。

だから、純粋に、

結果的には人を騙す行為も、できてしまうのですね。


さて、この調子で説明していると長くなので、本題に入ります。


政治家とかかわりがあるのは、勝共の、兄弟姉妹。

勝共とは、共産主義に勝つ、という意味。

で、自民党を応援していて、手弁当で、

代議士の秘書やボランティアを無料奉仕でやります。


その際には、アベル(上司)から、

どんなボンクラ議員でも、

その人をお父様だと思って仕えなさい、と指導されます。

お父様、とは、文鮮明のこと。

文鮮明夫婦を、信者は、

まことの御父母様、と慕っていました。


勝共に配属された兄弟姉妹は、

大半は二十代の純粋な若者たち。

また、女性信者であれば、

意図的に容姿の綺麗な姉妹が配属されます。

そのほうが、

自民党の議員が喜ぶのを、

上は知っているからでしょう。


一方、自民党の議員の側からすれば、

統一教会と仲良くなっていれば、

若いボランティアの若者が、

無償で献身的に手伝ってくれるわけ、です。


若者たちは、お父様(文鮮明)に奉仕する気持ちで、

手を抜きませんから、自民党の議員は大喜び。


さらに言えば、

どんなことがあっても我慢しなさいと刷り込まれていますから、

美人系のボランティアスタッフは、

セクハラもされていたと聞きます。

011

勿論、信者にとって、セックスはタブーですから、

一線を超えることは、なかったと思いますが、

お尻を触られるくらいは日常的に行わていたようです。


僕が在籍していた1980年代は、

ニカラグアに武器供与までしていた団体ですからね。

スティンガーという武器の話を、

教会長が得意になって話していたのを覚えています。


日本の兄弟姉妹が寝る間も惜しんで活動してねん出したお金は、

すべて、アメリカに住む文鮮明に送られていました。

毎月、100億の金を集めろ、が、至上命令。

当時二十代だった僕の睡眠時間は、4時間未満。


話が横にそれました。

本題に、戻ります。


安倍さんは、あまりエッチな感じはしませんが、

政治家の中には女好きも多く、

統一教会から派遣される美人スタッフを、

楽しみにしている議員もいると聞いたことがあります。

中には、議員に犯されそうになった姉妹もおり、

それでも、アベルに説得されて、耐えていました。


まだまだ言いたいことはたくさんありますが、

長くなったので、

この続きは次回とします。