まだまだ終わる様子のないロシアのウクライナへの攻撃。

そうした中で、ある一人の青年のことが気になっています。

まだ少年の面影の残る二十歳くらいの青年。

彼は、ウクライナ人を射殺した罪で終身刑となりました。


彼の戸惑う顔を見た時、

何が何だかわからない様子が伝わってきて苦しくなりました。


彼は、ウクライナ人に罵倒されていましたが、

罵倒する側の気持ちに立てばそれも当然のことです。

一方で、彼の母親が、息子は親孝行で優しく、

人を殺せるような人間ではないと、泣いていました。


彼個人は、母親が言うような優しい子だったとしても、

戦争に駆り出され、

年上の厳つい上官から射殺を命じられれば、

抗うことはできないでしょう。


僕は、

自分を彼の立場に置いて考えてみましたが、

僕も、

射殺したと思います。


その場は戦場であり、

上官の命令に従うことは当然とされ、

また、相手は市民を装った兵隊の可能性もあります。


勿論少年の素朴な感性からすれば、

その射殺相手はどう見てもただの老人であり、

逃走中の市民に見えたと思いますが、

上官の命令に従い、

さらには自分の良心をも納得させるためには、

老人を敵兵だと思い込むことで、

その瞬間、引き金を引いたのではないか、と。


麻原彰晃を尊師と仰ぎ、

救済の名のもとにサリンを撒いたかつてのオウム信者の中にも、

同じ様な葛藤があったかもしれません。


第二次世界大戦においても、

田舎では優しい父親であった青年が、

戦地では、

かなり非道なことをしていたかもしれません。


安全な立場から、正論を言うのは簡単です。

しかし、くだんの終身刑となったロシアの青年のことを思うとき、

僕はイエスの言葉を思い出します。

IMG_2391

あなた方の中で罪のない者がいれば、この女を打つが良い。

イエスは、売春婦を石で打ち殺そうとする者たちに向かって、そう言いました。

その売春婦も、好きでそうなったわけではなく、

悲しい経緯があることを見て取ったのです。

イエスの言葉におのれにかえった群衆は、

一人また一人と、女の元から去っていきました。


僕も、売春婦であり、ロシアの青年です。

その状況に置かれれば、

そのような役割りにならざるを得ない弱い人間です。 


その、弱い人間であるという自覚、を、

芯の部分で持っていれば、

おいそれと他人を裁くことはできなくなります。


むしろ、他者への理解が、

進むのでは、ないでしょうか。