昨日は、お金の自由になる範囲でしか動けない、

という話をしたのですが、

稼げる人は、いっぱいお金を使えばいいし、

稼げない人は、収入の範囲で暮らすしかないという、

至極単純な話。


そして、今日のタイトルは、

僕がローコスト生活を送る動機
です。


これ以上でも、これ以下でもありません。

いたってシンプル、です。


で、ローコスト生活を有意義に送るコツを少しだけ。


図書館を使い倒せ、ということは、

これまで何度も言ってきたこと。

IMG_5474

IMG_5480

ちなみに、橘玲さんの「バカと無知」は、

新刊をリクエスト予約したものなので、

一番手で、読むことができました。


だけど、本を借りるだけが能ではありませんよ。

たとえば、映画はなるべく図書館で借りてきて観る。

あるいは、テレビでやっているやつをダビングして観る。


以下は、映画「ターミネーター」内での台詞。

I prayed more in five minutes than I have my whole life.

直訳すると、

「俺は自分の一生分の人生の中で祈ったよりも多くの回数を5分間で祈ったよ」

ですが、

字幕では、以下のようになっていました。

「人生でこんなに祈ったことはなかったよ」

なるほど、制限のある中で的確に訳すとそうなるか、と。

でも、

十分それで伝わるよね、と、

英語の勉強になったりします。


洋画は楽しみつつ、

英語の勉強にもなるツール。

こんなことも、

ローコスト生活を送るなかで身に付けた知恵です。


厚生労働省が提示している貧困ラインは、

所帯人数によって違ってきますが、

僕のようなおひとり様の場合、

年間支出が124万円以下だと、

貧困ライン以下、となります。


つまり、124万円のところに、

貧困ラインという線を引いているわけ。

 
経済的には貧困ラインでも、

心まで貧しいわけではありません。


そうしたことを、

手を変え品を変え、

このブログで訴えている、

60代の僕、なのです。