傍を楽にするから働くという、ということを、聞いたことがあります。

頑張って働くことにより、傍、つまり、周りの人が楽になる、と。

介護職などは、まさにその典型。


介護職員の献身的なお世話により、

介護される人、傍、が、楽になるのですからね。


さて、僕は現役時代、長く24時間勤務だったので、

夜働くということの大変さも、それなりにわかっているつもり。


介護離職して思ったことは、これからは、働くにせよ、

夜勤、などの夜に働くのはやめておこう、と。


ところが世の中には、90歳を過ぎて、夜働いている人がいます。

昨年話題になった、あの、マック最高齢の人。

当時93歳ですから、今も働いていれば、94歳。


以下は、その人についての記事からの抜粋。


男性は定年退職までは電気工事士、その後はゲームセンターの深夜スタッフとして働いていました。夜勤の仕事をしていた経験をもとに、マクドナルドでは夜に5時間、週4日という形で働いているということです

学生のパート・アルバイトスタッフは貴重な戦力ですが、試験のときなどは一斉に休みを取ることがあります。たとえ勤務時間は短くても、主婦やシニアのパート・アルバイトスタッフは、安定した勤務状況が高く評価されているんですよ。


うーん、 実は、僕が6月1日から始めたアルバイトでも、

76歳の人とペアを組んだのですが、

その人はその現場の担当ではなく、

人員補充のために呼び出されたとのこと。


つまり会社側から見ても、

困ったときの補欠要因は、都合が良い、と。

そうした、スポットで働くという選択肢も、

あってもいいと思った次第。

0-24

70歳を過ぎても、

労働という形で社会とつながりを持ち、

感謝もされるという位置は、

意外に心地よいものかもしれません。