....The paradox of our time in history is that
歴史の中で、私たちが今いる時代の矛盾。それは、

we have taller buildings but shorter tempers,
ビルは高くなったけれど 人の気は短くなり、

wider Freeways, but narrower viewpoints.
高速道路は広くなったけれど 視野は狭くなったこと。

We spend more, but have less,
お金をたくさん使っているけれど 得るものは少なく、

we buy more, but enjoy less.
多くの物を買っているけれど 楽しみは少なくなった。

We have bigger houses and smaller families,
大きな家を持っているが 家庭は小さくなり、

more conveniences, but less time.
より便利になったけれど 時間は少なくなった。

We have more degrees but less sense,
多くの学位を持ってはいるが 知恵は少なくなり、

more knowledge, but less judgment,
多くの知識を持ってはいるが 判断することは少なく、

more experts, yet more problems,
多くの専門家がいるが 未だ多くの問題が残っており、

more medicine, but less wellness.
多くの薬があるが 元気な者は減った。

We drink too much, smoke too much, spend too recklessly,
我々は 飲み過ぎ、吸い過ぎ、浪費し過ぎるが、

laugh too little, drive too fast, get too angry,
笑顔は少なくなり、スピードは出し過ぎるし、よく怒る。

stay up too late, get up to tired,
夜更かしをするため、目覚めた時にはすでに疲れており、

read too little, watch TV too much, and pray too seldom.
本を読まなくなり TVばかり観て、そして祈ることは滅多にしない。

We have multiplied our possessions, but reduced our values.
我々は多くの物を所有しているが、我々の価値は減った。

We talk too much, love too seldom, and hate too often.
たくさん喋りすぎるが 愛することは滅多にせず、たびたび人を憎む。

We've learned how to make a living, but not a life.
我々は どのように生計を立てていくかは学んだが、人生については学んでいない。

We've added years to life not life to years.
長生きをするようにはなったが 今を生きてはいない。


上記は、ジョージ・カーリンの、名言の一部。

0-58

お金をたくさん使っても得るものは少なく、 

多くのものを買っても楽しみは少なく、

大きな家に住んでいても家庭は小さい、

より便利になったはずなのに自由時間は少なくなり、

学歴はあっても知恵ある者は少なく、

薬は増えたが元気な者は減り、

たくさん喋るが愛はなく人を憎み、

金を稼ぐ方法は学んだが人生については無知であり、

寿命は延びたが今を生きている人は数えるほどだ、と。


そして、目覚めた時には、すでに疲れている、と。


うーん、言い得て妙❕

座布団3枚。


今朝がた見た夢は、

職を求めて右往左往していた20代の頃、

目覚めた時にはすでに疲れていて、

先が見えなかったあのころ。


でも、その暗闇を抜け、

何とか、年金をもらえる年齢にまで、

辿り着きました。


いくらもらえるかは、今度、公開します。


今日は、雨。



物思いに耽るには、最適です。