人は誰しも、いつ死ぬかわかりません。

それは、僕とても同じ。

ある程度長生きをする前提で日々を暮していますが、

未来は未知数。


そんな中、とある60代の男性の死のニュースを見ました。


事故は朝の通勤ラッシュの時間帯に起きた。60代男性が駅の上にある事務所からホームに転落したのだ。

男性は電車の中で女性に痴漢をしたと疑われ、他の乗客に事務所へ連れて行かれた。

警察の到着を待っている最中、駅員が少し目を離している隙に「ドスン」という音が。

ホームの屋根に空いた穴。確認すると、男性はすぐ下にあったこの屋根を突き破り、ホームに転落していたという。

窓からホームまでの高さは約8メートル。男性は窓から屋根に飛び移り、逃走しようとして転落したとみられていて、その後、搬送先の病院で死亡が確認された。

駅の利用客にけがはなかった。警察は痴漢行為が実際にあったかなどを含め、詳しい状況を調べている。

(「イット!」5月26日放送より)


うーん、もしこれが、無実であったらなお悲惨。

こうした場合、たとえ無実であっても、

言い分が通るのは難しいので、

逃げたほうが得策、

と言っている弁護士も多いです。


もしかしたらこの男性も、

そうした知識があったのかもしれません。

0-100

俺、何もしてないけど、

このままいったら痴漢にされそうだな、

だったら、逃げるしかないか、と思い、

行動した可能性もないとは言えません。


真実は、わかりませんが、




何ともやりきれない死に方です。