車のハンドルにも遊びがあるように、

人生にもそのような遊びというか余裕がないと、

危険です。


金曜日、研修へと向かう電車の中で、

疲れている会社員や勤め人と思しき人たちを見ていて、

余裕のなさを感じた僕ですが、

僕が会社から逃げ回って、

何とか続けられる仕事についたのも、

余裕というものがないと、

気持ちが荒んでくるからなのですね。 


何とか逃げ延びながら、

自分を見失わずに勤められる会社に入ることができ、

介護離職するまで収入を得ることができたおかげで、

今があります。


で、研修会場につくと、

僕の後に高齢の女性がやってきて、

二人での研修となったのですが、

その人は、その日が最終日らしく、

合間合間に話をしたのですが、

働く理由は旅行のためだと言っていました。

0-01

ヨーロッパ、オセアニア、南米など、

大半の国には行っていて、

今度行く予定なのはスペインだそうです。

そして、国内旅行もお盛んで、

特に未亡人の友人が大の旅行好きで、

その人からの誘いが半端なく、

その人は夫がかなりの財産を残して死んだのでお金はあり、

自分の分も出してくれるというのだけれど、

自分の分は自分で稼いでいきたいとのことで、アルバイトをしているのだとか。


今現在は、都内の博物館で土日は仕事、

そして平日の4日くらいは、

この研修を受けた後の仕事をしたいとのこと。


年は、70歳だそうで、

これは僕が訊くまでもなく自分で言っていたのですが、

まだまだ働いて稼いだお金で旅行三昧したい、とのことでした。


稼いだお金は全部自分の旅行のためという、

目的がはっきりしているので、

元気なのだと思いました。


子供は家を出て自活しているので、

家にいるのは旦那だけだが、旅行嫌いなので、

二人で行くことはないとのこと。


自分で稼いだ金で行く分には良い、と、

そこは理解をしてくれているとのこと。


うーん、高齢でも、

自分のやりたいことをしてお金を稼いでいる人は元気だなあ、

と思った次第。


この女性に比べ、

電車の中で目にしたサラリーマンやOLと思しき人たちの元気のなさは、

余裕のなさの表れなのかもしれません。

何しろ、サラリーマンの両肩には、

家のローンや子供の教育費など、

目に見えない重荷がいくつものしかかっているのですからね。