先日、ネット記事を読んでいたら、

まだ若いのに老後の心配をしている人がいました。

彼の給料は、高卒で、17万円ほど。

手取りだと、13万4000円ほどだと言います。


で、先日僕が紹介した老夫婦の年金は、

二人で、手取り40万円。

手取りということは、

税金を引かれた後の金額。


ちなみに、大卒の初任給が、22万5000円ほど。

額面では22万5000円でも、

手取りにすれば、

5万円ほどを引かれて、

17万5000円ほどでしょう。


そして、隣の高齢者を見れば、

たっぷりの年金を貰って、

悠々自適の生活。 


勿論、すべての高齢者が悠々自適ではありませんが、

金融資産の大半を握りしめているのは、

高齢者である事実は変わりません。

0-21

現役世代にばかり負担をかけるのではなく、

お金をたっぷり持っている高齢者には、

資産課税をしてもいいのではないか、と。


そして、

お金のない高齢者は、

知恵と工夫で乗り切る、と。


いずれにせよ、

高齢者に傾き過ぎている恩恵を、

現役世代に振り向けないと、

日本は、

これからもどんどん、

どん詰まりになるような気がしてなりません。