世の中には、自分の健康を害してまで働こうとする人がいます。

まあ、本人の勝手ですが、頭はあまりよろしくない、と。

そんなこと言ったって、働かなきゃやっていけないのよ、

という声が聞こえてきそうですが、

果たして、そうでしょうか。


僕が結婚をしなかった理由の一つが、

妻子を養う自信がなかったから、です。

職を転々としていた自分が、

他人の責任まで背負い込むのは無理だと、

早々に気づきました。


確かに人生には、踏ん張り時、というのがあります。

僕も仕事をしながら介護をしていた時期があり、

そのときは踏ん張りました。

ただ、人間はロボットではないので、

無理をすれば道理が引っ込むのです。


で、話を元に戻すと、

体を壊すほど働いてはいけないのです。

結局それは、

あとあと無理がたたって、

自分が再起不能の病気になるだけでなく、

周りにも、

多大な迷惑をかけることになります。

費用対効果が、

あまりにも悪すぎます。


経済合理性は、

健康をはじめとした生活全般を見渡して、

考慮すべきなのです。 

でないと、バカ過ぎます。


これは、学歴や偏差値では測れないバカさ加減で、

偏差値が低く、学歴がなくても、

本能的に自己防衛意識が働く人のほうが、

結果的には賢い生き方をしていたりします。

IMG20220218121119

猫を見てください。

決して、自分のペースを崩しませんから。

マイペースで生きている猫からは、学ぶこと大。


今の僕は、月に4日ほど、ゆるーく、

気分転換を兼ねて働いていますが、

このくらいが今の自分にはちょうど良い。


ちょうどよく生きていれば、

ストレスもないし、

健康にもいい、と、

こうなっております。